ソフトテニスの中学生の練習メニューの極意とは?名指導者の方法を解説!

スポーツ
この記事は約6分で読めます。
今回のテーマはソフトテニスをやっている中学生の練習メニュー。

2019年になってすぐにスポーツ界では超ビッグニュースがありました。

それはテニスの大阪なおみ選手の全豪オープンの優勝です。

これからソフトテニスを始める中学生が多くなりそうですね。

また、すでにやっている学生にも大きな夢を与えました。

ところで、ソフトテニスをやっている中学生の中にはたくさんの悩みや疑問があったりします。

毎日一生懸命に練習をやっているのにどうしても勝てない。

強い選手と自分はどこがどう違うのか全く見当がつかない。

そういったことで、なかなかレギュラーになれない・・・。

今の練習メニューで大丈夫なの?

一方、指導する側にもいろいろとあります。

中学生にソフトテニスをどう指導していけばよいのかわからない。

自分が決めた練習メニューに自信が持てない・・・。

ソフトテニスを指導される側の中学生にも指導する側にもいろんな悩みが・・・。

ソフトテニスの極意が知りたいですよね?

その実績から名指導者として有名な方に明星学園中学ソフトテニス部監督の高橋茂さんがいます。

区大会で初戦敗退レベルの悲惨な状態だった清明学園のソフトテニス部を監督就任からわずか2年で大田区優勝に導きました。

その後には、2014年の全国中学校ソフトテニス大会にて個人戦優勝。

さらに、2018年の全国中学校ソフトテニス大会では団体優勝など短期間で驚異の実績をあげています。

大阪なおみ選手がサーシャ・バインコーチの指導により一気に実力アップしたように名指導者からの直接指導を受けたい選手や指導者はどの競技でも後を絶たないというのが現状です。

今回本記事では、ソフトテニスの中学生の練習メニューの極意、勝つ秘訣、名指導者の方法をメインに解説!

選手だけでなく指導者側にもフォーカスしていきます。

【スポンサー リンク】
実は、ソフトテニスの名指導者として有名な高橋茂さんの練習メニューなどの指導が詰まったDVDがあります。

タイトルは、ソフトテニスの極意~清明学園式、短期間で弱小から全国優勝した秘訣~

ソフトテニスで勝てない中学生の問題点とは?

ソフトテニスでなかなか勝てない中学生にはどういった問題点があるのか?

当然ですが、得点できないことと失点が多いということです。

逆に言うと、勝ち続けるためには2つの要素をクリアーすればいいだけです。

1.得点をできるかぎり増やす

2.失点をできるかぎり減らす

【スポンサー リンク】

ソフトテニスで勝つ極意

ソフトテニスで勝つ極意は、上で述べたようにどうやって得点を増やして失点を減らせるかということです。

そこで問題となるのが、どうやってそれらを実現させるかです。

その秘訣をみんな知りたいわけです。

以下の質問にあなたは明確に答えられますか?

通常、主にどういった場面でどういう風に点を取れているかわかってますか?

どのような状況でコートのどこをどう狙うと点を取りやすいかわかってますか?

一方

どのような場面で失点することが多いですか?

相手の攻めがキツい場面や状況は?

さらに

ソフトテニスの動きに対応するにはどのような体作りが必要になるかわかってますか?

人体の構造から、無理せずに力を出せるフォームや体の使い方はある程度決まってきますが、それが何であるかわかりますか?

などなど・・・。

得点を増やして失点を減らすためにはさまざまな要素があります。

無数とも言えるようなパターンの中から何が重要で、どうやったら試合を有利な展開に持ち込めるのか?

それらを徹底的に考え抜き、きちんと実践していけば全国制覇という結果も夢ではありません。

これらを実現したのが記事冒頭で紹介したソフトテニス部監督で名指導者として有名な高橋茂さんです。

試合で何をしたら点が取れるのか? 試合で何をやらないと点を取れるのか?

逆に、

試合で何をやったら点を取られるのか? 試合で何をしないと点を取られるのか?

こういったたくさんの様々なパターンを知り尽くしているのが高橋茂さん。

ソフトテニスの名指導者の指導方法とは?

ソフトテニスの名指導者と言われている高橋茂さんの指導方法にはこんなことまで!というものがいくつもあります。

ついでにもう少し詳しく言うと、

必要に応じて他のスポーツで有効とされている体の使い方をソフトテニスに応用されています。

また、人体の骨格や筋肉の構造上からの科学的な側面からの指導。

さらには、中学生のソフトテニスならたいていはここが弱点とか、全国レベルならここまでやる必要があるとか、そうしたプレイヤーや大会による特性なども考慮して指導されています。

こういったことがソフトテニスの名指導者である高橋茂さんの指導方法の一部です。

同じことをやろうとしても簡単には出来ないのが普通だと思います。

でも、それを可能にする方法はあります。

ソフトテニスで中学生が勝つための秘訣

明星学園中学ソフトテニス部監督の高橋茂さんの指導方法がわかったとすれば?

それらに加えて、どうしてそのような指導をしているかの理由もわかるとしたら?

それこそが中学生のソフトテニス上達の秘訣がわかったことになるのではないかと思います。

高橋茂さんの指導ノウハウがわかれば、あとは練習メニューの見直しと実践です。

そして、ソフトテニスで勝つ中学生が・・・。

さらに、指導者としての実績も上がって・・・。

練習メニューの見直し

ソフトテニスではどういうコーチングが必要で大切なのか?

それらによって練習メニューの見直しを行うためには高橋茂さんの具体的な指導方法を知る必要があります。

中学生にとっても指導する側にとっても非常に重要です。

すでに紹介したように、高橋茂監督が指導・監修しているDVDがあります。

「ソフトテニスの極意~清明学園式、短期間で弱小から全国優勝した秘訣~」

このDVDは高橋茂さんの指導方法がわかるだけでなく、もう一つすごいことが含まれています。

それが、ソフトテニスで全国制覇した選手がモデルとして出演していることです。

なので、全国で勝つ選手がどのような動きをしているのかも詳細に分析できるというわけです。

このDVDの具体的な内容の1つを紹介します。

「得点力が欲しい? だったら相手のミスを誘うこのショートボール戦術を身につけましょう」というものがあります。

ショートボールの打ち方が試合でうまく出せるようになると、相手のミスをどんどん引き出せます。

清明学園でもこのテクニックで点をとっています。

そういったことから、得点力が欲しいなら是非マスターすべき方法です。

DVDでは練習方法とともにコツも伝授されています。

「ソフトテニスの極意~清明学園式、短期間で弱小から全国優勝した秘訣~」の詳細はこちら

コメント