弘田三枝子の今現在!夫と娘は?顔の整形と手袋の秘密にもアプローチ!

弘田三枝子の今現在!夫と娘は?顔の整形と手袋の秘密にもアプローチ!
この記事の所要時間: 931

directory-466935_640

こんにちは。

熊本市在住の管理人です。

今回フォーカスするのは弘田三枝子(ひろたみえこ)さん。

愛称は「ミコ」。

ファンの中には「ミコ様」と呼ばれている方もいます。

過去には「ポップスの女王」とまで呼ばれた歌手。

理由は歌唱力が抜群だったからです。

もちろん、今も同じでその歌声は健在です!

ファンとしてはうれしいですよね。

管理人的には「人形の家」がすごく好きです。

いい歌です!

この曲がヒットしたことで2年ぶりにNHKの紅白歌合戦に出場されました。

記念すべき歌としてはもう一つあります。

手塚治虫さんが原作のアニメ「ジャングル大帝」のテーマ「レオのうた」です。

【楽天】

最近良く聞く言葉「アニソン」です。

いわゆるアニメソングです。

弘田三枝子さんがアニソンを歌っていたことを知っている人ってどれくらいいるんでしょうね?

管理人はつい最近まで知らなかったことを正直に告白します。(笑)

ちなみに、上で紹介したCDの最後に弘田三枝子さんが歌う「レオのうた」が収録されています。

余談になりますけど、管理人が好きなアニソンの1つがあしたのジョー2のオープニングテーマだった「Midnight Blues」です。

歌っていたのは荒木一郎さん。

荒木一郎の今現在!結婚と妻と子供は?


なぜだかの理由はわかりませんが、弘田三枝子さんの名前を思い出すとなぜか荒木一郎さんの名前もつい思い出してしまう管理人です。(笑)

2016年

ところで、昨年2016年はデビュー55周年の記念の年でした。

新曲「悲しい恋をしてきたの」を発表し、記念アルバム「弘田三枝子 グレイテスト・ヒッツ GoGo MICO」も発売されました。

そんな弘田三枝子さんが昨年ですが15年ぶりに「徹子の部屋」に出演されるってことで楽しみにしていた方は多いでしょうね。

オフィシャルブログには黒柳徹子さんとのツーショット画像もありました!

一方、若い世代の人には名前を初めて聞く人も多いと思います。

YouTubeに動画がたくさんありますので、じっくり姿を見て歌を聞きたい人は確認してみてくださいね。

そんなわけで今回は、弘田三枝子さんの今現在、夫と娘さん、顔の美容整形疑惑、手袋をしている理由について調べてみました。

その他に、年齢などのプロフィールも紹介します。

弘田三枝子さんの歌手人生は母娘二人三脚といえるものでした。

そんなことも解説していきます。

【スポンサード リンク】

弘田三枝子の今現在

2016年

上に書いたように、弘田三枝子さんは今年2016年はデビュー55周年。

記念アルバムを発売したり、新曲「悲しい恋をしてきたの」をライブで披露されたりと、今現在もあいかわらず歌手として活動されています。

曲のタイトルがなんか意味深ですが・・・。

テレビでは徹子の部屋に15年ぶりに出演したりとか。

母親と兄はすでにお亡くなりになっていて、現在は姉と娘と一緒に暮らしています。

また、パワフルな歌声を維持するために、毎日トレーニングもおこなっています。

さすが、「ポップスの女王」

そのように呼ばれていた頃は、弘田さんの歌唱力は日本の女性歌手史上最高とまで言われていたくらいです。

日々努力されていたのだと思います。

ブログも頻繁に更新されています。毎日更新することを目標とされています。

徹子の部屋が終わったことと、黒柳徹子さんとのツーショットの画像も掲載されていました。

これからまた、積極的な活動が始まるのではないでしょうか?

弘田さんの動向が気になっていた人は少し安心できたのではないかと思います。

プロフィール

プロフィール

遅くなりましたが、ここで弘田三枝子さんのプロフィールを紹介します。

芸名:弘田三枝子(ひろたみえこ) 愛称はMICO(ミコ)、ミコちゃん

本名:高木三枝子

生年月日:1947年2月5日で、今現在の年齢は69歳

出身地:東京都世田谷区池尻

オフィシャルブログ:ミコブロ(Ameba)

血液型:A型

小学生の時から進駐軍のキャンプでジャズやポップスを歌っていました。

1961年に東芝音楽工業から、「子供ぢゃないの」でデビューしました。当時14歳。

翌年には「ヴァケィション」が大ヒットしました。

その後、いろいろ活躍されてきました。

また、音楽だけでなく、映画にも出演されたりしていました。

シングルやアルバムなどの詳細が知りたいなら、wikiにまとめてあるので、そちらを参考にするのがおすすめです。

下にも書きますが、弘田さんはアメリカに行きます。その前に私生活である事件があって、傷を負ってしまいました。

不倫が原因の事件なんです。

これがアメリカに行って姿をしばらく隠した理由です。

なんか最近も不倫関係の報道が多いですね。

乙武洋匡さんのことなんか記事を書いている今も話題になってます。

ちょっと前だったら、衆議院議員の宮崎謙介さんとか、米米CLUBの石井竜也さんとか。

何なんでしょうね?

【スポンサード リンク】

夫と娘について

アメリカ

弘田三枝子さんは、アメリカに滞在中に結婚し子供が出来ます。

娘さんです。

結婚は30歳前後のようです。詳しいことはわかっていません。

ということは、娘さんはいま30代くらいなのかなと思います。

しかし、離婚して1980年に日本に帰国します。

ここで、びっくりしたのは結婚相手には実は妻子がいたってことです。

つまり、またもや不倫ってことです。

元夫と言っていいのやら・・・。

元旦那さんが日本人かどうかもわかりません。娘さんの顔をみれば、もしかしたらわかるかもしれませんね。

帰国後は、実姉と娘との3人での生活になりました。

美容整形疑惑とは?

疑惑

整形を何度もやり過ぎて、もはや顔について触れることがタブーとさえ言われているのが弘田三枝子さんです。

整形疑惑についてはいろんな芸能人の名前が上がってます。芸能界ではプチ整形くらいならあまり珍しいことではないとも聞きますね。

実際に整形したことを告白した人もいます。

弘田三枝子さんは、もともとは純和風とも言える典型的な日本人の顔をしていました。

それがいつの間にかに、二重の目元、スラリとした高い鼻をしたフランス人形のようなルックスに変わったんです。

同時にダイエットもされていたから、もともとのルックスからするともう比べ物にならないくらいの変貌を遂げられました。

そりゃ、びっくりするだろうし、あまりにも劇的な変化だったので、美容整形疑惑が出てきても不思議ではないと思います。

ダイエットの本まで出版されています。今はダイエットブームといえる状況だから、本は数えきれないほど出版されています。

しかし、当時は珍しかったんです。弘田さんの本はベストセラーになりました。

美容整形したのはいいけど、維持が難しかったのか?、失敗をリカバリーするためなのか?

それと同時に老化の影響もでるだろうから、さらに整形を繰り返したという噂があります。

確かに、さらにどんどん顔が変化していったんです。

1990年代にテレビ復帰します。

テレビに出演した弘田三枝子さんの顔はデビュー当時とは全くの別人状態であることが誰の目にも明らかでした。

皮膚がまるでビニールみたいだという人もいました。

こういうわけで、美容整形の疑惑が弘田さんには常につきまとっているんです。

真実かどうかは誰にもわかりませんが、あり得ないほどの変化は確かに不自然すぎます。

実際にテレビを見て自分で確認するのがわかりやすいと思います。

歌にもパワフルさが失われてきたというファンの声もあります。弘田さんは歌唱力で勝負してきた歌手。

外見はもうどうしようもないですが、すばらしい歌声を今後も聞かせていただきたいですね。

手袋には秘密が!?

手

弘田三枝子さんは、テレビなどで人前に出てる時って手袋をはめているんですよね。

これが気になっている人も多いようです。

手袋を外したところをテレビで見せたこともあるようですが、てが赤いことが気になって病気?

って思った人もいるようです。

顔に関する情報はたくさんあるんですが、手に関する情報は特にありません。

弘田さんの衣装のスタイルの定番なのかもしれませんね。

手が見せられないほどの何かがある可能性はあります。

しかし、今のところは理由は不明です。

歌手人生は母娘の二人三脚だった!

母親

弘田三枝子さんは少女時代には歌をうたうことが何よりも一番好きでした。

米軍キャンプのステージに初めて立ったのは小学4年生のときでした。

「ダイアナ」や「ボタンとリボン」などのアメリカンポップスを英語で歌ったんです。

まだ小4だったかわいさと歌声に将校たちは拍手喝采だったんです。

その時に歌手になりたいと思ったそうなんです。

その夢を実現させるために歌手への扉を開いてくれたのが母親のヨシコさんでした。

英語の歌を指導してくれる先生を探したり、オーディション情報の収集、そして手作り衣装までも!

その当時、どんなわがままや失敗をしても母親のヨシコさんは怒ったりすることはなかったそうです。

そんな優しく、そして冷静な母親の支えによって14歳で東芝からヘレン・シャピロのカバー曲「子供ぢゃないの」でレコードデビューを果たしました。

また翌年には、コニー・フランシスの「ヴァケイション」が大ヒットして念願だった紅白歌合戦に初出場を果たすんです。

記事冒頭にも書いたように昨年2016年はデビュー55周年でした。

そんな長い芸能界での活動の中ではものすごい壁にぶつかったり押しつぶされそうになったことがありました。

ところがヨシコさんは、辞めたければやめてもいいのよ、と言ってくれたんだそうです。

そんな言葉をかけられたことで弘田三枝子さんはなんとかギリギリで踏みとどまることが出来たそうです。

歌手人生は本当に母親との二人三脚って感じですよね?

残念なことなんですが、母親のヨシコさんは1999年にお亡くなりになられました。

その日、コンサート前に母親の病室に見舞いに行ったんですが、その時にわたしはもうあっちに行ってるけど、心配しないで大丈夫よみたいなことを言われたそうなんです。

人差し指を上に向けながら。

おそらく天国という意味だったのだと思います。

母親がいなければ今の自分はいなかったと語っています。

母親を菩薩のような人とも言っています。

以上からわかったと思いますが、本当に人三脚といえるような感じで母親と一緒に歌手として頑張ってこられたんです。

【スポンサード リンク】

ひと・グループカテゴリの最新記事

Translate »