5:5:5ダイエットの効果や方法は?食事メニューやレシピも紹介!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 347

ヨーグルト

こんにちは。

今日も昨日に引き続きすごく寒いです。

わたしは冷え性ではないんですけど、これだけ寒いとさすがに辛いものあります。

2017年に入ってもうすぐ1か月が過ぎようとしていますが、正月太りしてしまった身体が元に戻らない!

そんなこと悩んでいる女性って結構多いと思います。

わたしの友人に毎年そんなことを言っている人がいます。

対策

今はコートなどの分厚い衣服を着ておけば、太ってしまったことは目立たないんですけど、これからだんだんと薄着の季節に入って行きますからね。

対策法はいろいろあるので、早めに解決するのがいいです。

急にダイエット始めたところで、一気に脂肪や体重が落ちることは基本的にないですからね。

無理して速攻で痩せたところで、リバウンドの可能性が大きくなります。

最近、また新しいダイエット法が出てきました。

それが「5:5:5ダイエット」です。

ダイエット

これまでに「5:2ダイエット」という似た名前のダイエット法がありましたが、それとは全然別物です。

今後、日本でも話題になり注目され流行するかはわかりません。

でも、新しいダイエットの方法として知っておくのも悪くないと思います。

そういうわけで今回は、5:5:5ダイエットの効果や方法、食事メニューやレシピをメインに解説していきます。

【スポンサード リンク】

5:5:5ダイエットとは?

食事

5:5:5ダイエットとは、1日5食の食事を摂りながら体重を減少させるというダイエット法です。

考案したのはイギリスの栄養士であるアンジェラ・ダウデンさんです。

効果について

ダイエット効果

5:5:5ダイエットの効果なんですが、2週間で2kgのダイエットが可能になるというものです。

実践した方の中で実際に2週間で2kgの減量に成功した人の話がアメリカの雑誌「Woman’s Day」に掲載されています。

従来のダイエットの方法に比べて中長期的に取り組みやすいという利点があります。

また、リバウンドする危険性が少ないとも言われています。

このような利点はこの後に説明する5:5:5ダイエットの方法や食事メニュー、レシピによるものです。

さすが、栄養士が考案したダイエット法ですね。

方法は?

方法

5:5:5ダイエットの方法なんですが、特に何も難しいことはありません。

毎日1日5食の食事を規則正しい間隔で食べるというものです。

【スポンサード リンク】

食事メニューとレシピ

レシピ

最後になりましたが、食事メニューとレシピについて
説明します。

毎日5食を食べるのが5:5:5ダイエットなんですが、なぜ「5:5:5」なのかについてまず解説します。

こういう意味なんです。

① 1日5

② 繊維が多く、かつ炭水化物が少ない緑色の果物と野菜(80g)5種類を摂取

③ 2週間で2kg(5ポンド)のダイエットが可能になる

①~③に出てくる「5」という数字から5:5:5ダイエットと名付けられているんです。

メニューの例を1つ紹介しておきます。

朝食

ブルーベリー

ブルーベリーと脂肪分ゼロのヨーグルトにスライスしたキウイ

昼食

サーモン

サーモンフィレ+サラダとザジキの付け合わせ

夕食

ラムチョップ

ラムチョップ+野菜とクスクスの付け合わせ

軽食

ナッツ

バナナ、ナッツ、レーズン

ザジキとはギリシャ料理で、ヨーグルトにキュウリ、ニンニク、塩、オリーブオイルなどを加えたものです。

クスクスとは世界最小のパスタです。とりあえずパスタと思っておいていいです。

下にザジキとクスクスのクックパッドにあったレシピを一例ずつ紹介するので参考にしてくださいね。

Cpicon ザジキ ヨーグルトときゅうりのディップ by liqueur☆

Cpicon サーモンとクスクスのサラダ by yuitamtam2

注意点

注意

上で説明した食事メニューやレシピに慣れてきたら、自分でアレンジした独自の食事メニューやレシピでもOKです。

ただし、注意点があります。

① 1日5食たべる

② 食事の直前に軽食を食べない

③ 適度な量の食事にする

④ 甘い飲み物は飲まない

などの注意すべきことがあります。

【スポンサード リンク】

フォローする

関連コンテンツ
Translate »