辛淑玉(のりこえねっと)の結婚や出身高校が気になる!国籍や帰化もチェック!

韓国

こんにちは。

熊本市在住の管理人です。

ヘイトスピーチとレイシズムに対抗する国際ネットワーク団体「のりこえねっと」の共同代表を務められ、また人材育成コンサルタントもされている辛淑玉(シンスゴ)さんが話題になっています。

どういうことかというと、東京MXテレビの番組「ニュース女子」の放送に関して放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会へ申し立てをおこなったんです。

このことがニュースになり注目されているんです。

韓国

管理人は正直に言いますが、辛淑玉(シンスゴ)さんについてはこれまで全く知りませんでした。

ちょっと調べただけで結構有名な方だということがわかった次第です。

在日3世なんですけど、在日朝鮮人とか在日コリアンであるとと自称されています。

そんなわけで今回は、のりこえねっとの共同代表である辛淑玉さんの結婚や出身高校などの学歴や経歴、そして国籍をメインに解説していきます。

夫や子供って気になりますもんね。

その他に、帰化、生い立ち、プロフィールなども紹介します。

【スポンサー リンク】

辛淑玉の結婚

【楽天】

辛淑玉さんには自伝があります。

それが「せっちゃんのごちそう」という本です。

「せっちゃん」と呼ばれていたことについては国籍と帰化についてのところで詳しく解説します。

この本の中で彼氏や婚約者についてのことがいろいろと書いてあります。

結論をいうと結婚に関してはよくわかっていません。

結婚しているというような情報もあるにはあったんですが、本当かどうかをきちんと確認することは出来ませんでした。

子供についても同様です。

辛淑玉さんについてはインターネット上では厳しく書かれているのものが結構見受けられます。

そんなことから考えると、夫や子供がいたとしても情報が出てくる可能性は少ないと思います。

特に一般の方ならなおさらそうです。

辛淑玉さんがいろいろと言われていることと夫や子供は関係ないことですからね。

もしご本人がインタビューかなんかで結婚について触れることがあったら本記事に追記しようと思っています。

【スポンサー リンク】

出身高校等の学歴

学歴

辛淑玉さんの出身高校は東京都立第一商業高等学校です。

学歴について調査してみると、日本の小学校に入学され、後に朝鮮学校に転校されています。

中学も最初は朝鮮学校でしたが、学校でいろいろあったことから父親が探した転校先の杉並区立泉南中学校に転校されています。

この中学校は日本人の学校です。

中学卒業後にすでに説明した東京都立第一商業高等学校に入学されました。

高校時代はアルバイトしたお金で代々木ゼミナールと代々木学院という2つの予備校にも通われました。

また、就職に向けていろんな資格検定も取得されています。

商業高校に在学されていたので商業英語、珠算、簿記、カナタイプなどの資格です。

高校卒業後は様々なアルバイトをされていて、大学には進学されていません。

以上が学歴の概略です。

国籍と帰化について

韓国

辛淑玉さんの国籍は韓国です。

韓国籍の在日3世なんです。

1987年に帰化申請をされているんですが、担当の審査官から却下されています。

「辛淑玉」という名前をそのまま使いたいと申し出たそうなんです。

しかし、もっと日本人らしい名前にするよう言われています。

この話にはまだまだいろんなことがありました。

改名しようとしないことから、よき日本人になろうという意志が感じられないということで認められなかったということです。

帰化申請が却下されたのはそんな理由のようです。

幼少時の名前は「新山節子」といい、「せっちゃん」と呼ばれていました。

帰化については上で説明しましたが、自分ひとりだけ日本人になろうとして帰化を申請されたようです。

しかし、当時の日本では法務局が家族全員での帰化を推奨していたということも帰化が認められなかった理由の1つのようです。

生い立ちが気になる!

生い立ち

生い立ちについてはすでに紹介した自伝「せっちゃんのごちそう」でかなり詳しく説明されています。

wikiにもある程度の記載はあります。

自伝の中には父親、母親のことだけでなく、兄弟の姉や弟のことまで詳しく解説されています。

辛淑玉さんは小さい頃からかなり苦労されてこられました。

家族もです。

このような生い立ちも発言などにかなり影響しているのではないかと思います。

経歴について

経歴

高校卒業後の経歴に絞って解説します。

高校を出てからいろんなアルバイトをされていたんですが、17歳の時には銀座のモデルクラブに所属されていました。

映画のエキストラ出演とか、そこで知り合ったDJの方に音楽関係の仕事も紹介してもらったりして、モデル業と兼業されていました。

20歳の時には博報堂の契約社員となられました。特別宣伝班でした。
後に博報堂を退社されフリーランスの広告業者として独立されます。

この頃に自分の本名である「辛淑玉(シンスゴ)」を名乗ることを決意されました。

1985年に人材育成会社「(株)香科舎(こうがしゃ)」を設立されています。

今現在は国際ネットワーク「のりこえねっと」の共同代表も務められています。

また、シューレ大学アドバイザーでもあります。

客員教授・講師・研究員、いろんな委員などの公職をこれまで務められてきました。

第15回多田人権賞受賞などの受賞歴もあります。

以上が辛淑玉さんの経歴です。

もっと詳しく知りたい方はwikiやオフィシャルページがあるのでそちらを参考にされるといいです。

また、著書や連載もあります。

たくさんの本が出版されているので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

プロフィール

【楽天】

最後にプロフィールを紹介します。

本名:辛淑玉(シンスゴ)

生年月日:1959年1月16日 今現在の年齢は58歳

出身地:東京都渋谷区生まれ 在日コリアン3世

出身高校:東京都立第一商業高等学校

オフィシャルページに加え、TwitterとFacebookもあります。

経歴や生い立ちなどについてはすでに解説したので省略します。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

ひと

Posted by コモトピ