中野敬子の出身大学と高校!結婚と夫と子供が気になる!経歴もチェック!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 411

ペンタゴン

中野敬子(なかのけいこ)さんは、ペンタゴン(アメリカ国防総省)に日本人としては初めて勤務した唯一の方。

いや~、すごいですね。しかも、なんかカッコいい!

この経歴だけでもwikiがありそうなんですが、まだないんですよ。

ちょっと信じられない管理人です。

ちょっとだけネタバレしちゃいますが、防衛省を退職された後に英会話スクールを開校し、今現在はその学校の校長をされているんです。

つまり、英語がかなり出来る方ってことです。

ペンタゴンとかアメリカ国防総省って聞いただけで管理人は尊敬しちゃいます。

名前は知ってるけども、実際どんなところなのかを知っている人はあまりいないと思います。

こういうのってみんなが気になるんですよね。

また、そんなところに勤めてた中野敬子さん自身のことも。

なぜかっていうと、自分とあまりにも違う遠い存在みたいに感じるからでしょうね。

学歴と経歴

やっぱり、まずは出身大学高校などの学歴が気になりますね。次に経歴ってところでしょうか?

それと、女性だから結婚や夫や子供のことなど・・・。

こんなすごい女性と結婚している旦那さんもやっぱりかなりのキャリアを持っていそうな感じがしますもんね。

子供がいるなら、かなり優秀そうだし。

そんないろいろと気になる中野敬子さん含めてまとめてみました。

年齢などのプロフィールについてはwiki風にわかりやすくまとめます。

どんな人なのか?

その素顔に迫ります!

【スポンサード リンク】




中野敬子の出身大学と高校は?

学歴

中野敬子さんの出身大学は、青山学院大学で、出身高校は私立横浜共立学園高等学校。

ただし、最終学歴は大学院です。

これは後ほど解説します。

ここで、プロフィールを紹介します。

プロフィール

プロフィール

名前:中野敬子(なかのけいこ)

生年月日:1971年生まれ 誕生日が不明なので現在の年齢は44歳か45歳

出身地:神奈川県川崎市

血液型:B型

出身高校:私立横浜共立学園高等学校

出身大学:青山学院大学国際政治経済学部

大学卒業後に、さらにロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを
1995年に卒業され、キングス・カレッジ・ロンドンを1996年に卒業されています。

上の2つの学校はロンドン大学の構成カレッジです。

学歴には、英国立ロンドン大学大学院で学び、安全保障で修士号を取得したということが記載されているので、先ほどの2つのカレッジは大学院なんでしょう。

経歴については、後ほど紹介します。

【スポンサード リンク】



結婚と夫と子供について

結婚

中野敬子さんは結婚されています。

Facebookに「既婚」という記載があります。

ひとつ謎があるんです。

Facebookを見ると、名前が「中野敬子 (五十右)」って書いてあるんです。

旧姓が「五十右」さんなのかもしれません。

読み方がぜんぜんわからないので調べてしまいました。(笑)

「いそう」「いみぎ」と読むそうです。

難しいですね~。

夫がどんな方でどんな仕事をされているのかなどの職業関係のことをはじめ、全く情報がありません。

しかし、中野敬子さんのような才媛と結婚されていることを考えると、優秀で社会的地位も高い方ではないかと思われます。

子供に関しても情報はゼロです。

ペンタゴンに勤務していた時は、このような個人情報は秘密にしておかなければいけなかったと思いますけどね・・・。

経歴も気になる!

経歴

英国立ロンドン大学大学院修了後、1998年に防衛庁(現在の防衛省)に入庁します。

防衛大臣や数多くの高官の国際会議での通訳を務め、各国の要人が来日する時のプログラムを、各国の在日大使館と連携して成功に導いたという実績があります。

国際広報や国際情勢分析などの国際関係業務に15年間携わり、2011年からは米国国防総省(ペンタゴン)に勤務することになります。

2013年に防衛省を退職。

そして、2014年に出身地の神奈川県川崎市にDLSダイアモンド ランゲージ スクールを開校しました。

今現在はこの学校の校長をされています。

米国国防総省(ペンタゴン)に勤務した経歴ってのがすごすぎますね。

【スポンサード リンク】



フォローする

関連コンテンツ
Translate »