冨士眞奈美の旦那と息子と娘について!昔の若い頃と認知症もチェック!

2019年6月11日

冨士眞奈美(ふじまなみ)さんは大女優として有名ですが、随筆家や俳人としての活動もされています。

今現在の年齡は81歳ですが、あいかわらずお元気です。

結婚して旦那さんと子供さんがいますが、案外知られていないようです。

息子さんと娘さんとか!?

また、離婚も経験されています。

ということで、今回はそれらに加えて冨士眞奈美さんの画像などから見た昔の若い頃や認知症についてもチェックしていきます。

亡き夫の遺品である杖に関するエピソードなども紹介!

【スポンサー リンク】

冨士眞奈美の旦那について

脚本

冨士眞奈美さんは、1974年に結婚されています。

旦那さんになった相手は、林秀彦さん。脚本家です。

しかし、1984年に離婚しています。

元夫の林秀彦さんは、2010年に満76歳で亡くなられています。

どういう人なのかに興味がある人がいると思うので、プロフィールを紹介します。

興味のない方はスルーしてくださいね。

生年月日は、1934年9月26日で、もし生きておられるとしたら、現在81歳です。

出身地は東京府。父親は随筆家の林謙一さん。

出身高校は学習院高等科で、ここを卒業後にヨーロッパに渡ります。

ドイツのザール大学とフランスのモンペリエ大学に留学して哲学を専攻しました。

その後、テレビや映画の脚本を執筆するようになります。

実は、林秀彦さんは3度も結婚されているんです。

一番最初の妻との間には子供がいます。息子さんです。

この方が作曲家の林魏堂(はやしぎどう)さん。

2番目が冨士眞奈美さんで子供がいます。3番目の奥さんとの間には子供はいません。

冨士さんとの離婚後、林秀彦さんは7年(1988~2005年)ほどオーストラリアに移住します。

帰国後は大分県九重町で生活していました。

そして、2010年に福岡県久留米市の病院で肺炎が原因で亡くなられています。

亡き夫とのエピソードを紹介しておきます。

冨士眞奈美さんはコンビニでおにぎりを購入して帰る途中に道路で転倒して足の甲の骨を炒めたことがあります。

もちろん、病院で治療をしました。

そんなことがあったんですが、冨士眞奈美さんを支えているのが亡くなった夫の遺品である杖なんです。

黒柳徹子さんとは昔からの仲で、「徹子の部屋」に出演される時にこの杖を持ってこられました。

こんなエピソードも夫との間にはあります。

【スポンサー リンク】

冨士眞奈美の息子と娘

子供

冨士眞奈美さんには、子供がいます。娘さんです。

インターネット上で調べていると、「息子」というキーワードが出てくるんですが、娘さんだけしかいらっしゃいません。

娘さんは、岩崎リズさんです。本名は岩崎里鶴。

脚本家や小説家、そしてタレント活動もされています。

生年月日は1976年1月8日で、現在の年齡は40歳です。

結婚して2年後に生まれたお子さんってことになりますね。

事務所には所属しておらずフリーで活動されています。

ちなみに、出身高校は女子美術大学付属高等学校で、出身大学は女子美術短期大学造形科彫塑専攻です。

岩崎リズの年齢と結婚!父親とハーフ説は?身長やダイエットもリサーチ!

林秀彦さんの息子さんの林魏堂さんは異母兄になります。

インディーズバンドでも活動されたりしていたようですが、今はどうなっているかは不明です。

ブログとツイッターがありますが、あまり更新されていません。

昔、かなりのダイエットに成功したことをテレビの番組内で告白したり、学校の弁当に冨士眞奈美さんがステーキを入れたことでいじめられた経験をお持ちです。

【スポンサー リンク】

冨士眞奈美の昔の若い頃は?

昔

昔の若い頃の画像を見るとわかりますが、超美人です。

女優デビューは10代でした。

YouTubeの動画でも見られるので、興味のある方は是非チェックしてみることをおすすめします。

現在もお綺麗ですが、若い頃はものすごい!

美人はやっぱり年取っても美人ですね。

昔がどういうふうに美人なのかは、管理人は表現できません。

なので、自分で画像を見て下さいね。

デビューしてすぐの頃なんですが、3年間ほど大山のぶ代さんとアパートで同居生活をしたいたなんてことも若い頃にはありました。

ここで、冨士眞奈美さんのプロフィールを紹介しておきます。

冨士眞奈美のプロフィール

プロフィール

芸名:冨士眞奈美(ふじまなみ)

本名:岩崎真奈美

生年月日:1938年1月15日 今の年齡は81歳

出身地:静岡県三島市

血液型:A型

身長:154cm

出身高校:静岡県立三島北高等学校

所属事務所:ラヴァンス

高校卒業後に俳優座付属養成所に入り、、1956年に「この瞳」でデビュー。主役です。

そして、1957年にはNHKの専属第一号となりました。

馬渕晴子さん、小林千登勢さんと共にNHK三人娘と呼ばれていて、清純派としてすごく人気がありました。

結婚後に芸能界を一時的に引退していましたが、離婚後に活動を再開しました。

女優業の方を休業して、文筆業に専念されていました。

岸田今日子さん、吉行和子さん、黒柳徹子さんとの親交が深いことでも有名です。

映画、テレビ、舞台、トークショウ、CF、講演会など幅広く活動されています。

バラエティー番組でのトークもおもしろいですよね。

【楽天】

エッセイストでもあり、また俳人でもあるから、文筆業もされています。

なので、もちろん著書もあります。

冨士眞奈美の認知症もチェックしてみた!

認知症

冨士眞奈美さんのことを調べていると、「認知症」って単語が出てくるんです。

テレビでのトークやお姿からわかると思いますが、冨士さん本人が認知症ってわけではないんです。

認知症なのはドラえもんの声をやっている声優の大山のぶ代さんです。

なんで、ここで大山のぶ代さんが出てくるかって言うと、冨士さんは上京後に大山さんと同じアパートの部屋で暮しており、その当時から仲がいいんです。

アパートは4年半くらい一緒だったそうなんです。

NHKのドラマ「この鐘」で冨士眞奈美さんと共にデビューしています。

俳優座養成所で同期だったんです。

「冨士眞奈美 認知症」なんてキーワードを見つけてしまうとびっくりしてしまいますね。(笑)

よく知らないと、病気しているのかと勘違いしてしまいます。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

ひと

Posted by コモトピ