庭木の剪定で熊本市のおすすめ業者はどこ?料金もチェック!

今回のテーマは庭木剪定(せんてい)。

管理人が住んでいる熊本市の自宅の庭の樹木の枝や葉っぱの状況を見てそろそろ剪定しないといけないなと思っていたところです。

特に、季節的に庭木が伸び盛りになる時期には剪定の必要性を痛感される方は多いのではないでしょうか?

庭木の剪定においては、方法は大きく2つあります。自分でやるか業者に依頼するかです。

今回は特にプロである業者に剪定を頼む場合についてまとめてみました。

熊本市だけでなく熊本県で作業を頼めるおすすめ業者と料金をリサーチしました。

結論から先にいうと、今回最終的に残った候補は2つ。

【剪定110番】【お庭マスター】。特に伐採や間伐も必要なら【伐採110番】も候補に入れたいところです。

詳細は後ほど説明しますが、剪定110番もお庭マスターも管理人的には料金だけでなく、それらのサービス内容に魅力を感じたというのが最終候補に残った理由です。

庭木の剪定を熊本市でやってもらうなら、おすすめ業者はどこなのか?とその理由、そういう点をメインに必要な費用などの料金も解説していきたいと思います。

是非ご参考に!

【スポンサー リンク】

庭木の剪定の必要性

そもそも庭木を剪定する必要性があるのか?

答えは、必要ありです。

剪定というのは単に樹木の見た目だけのために庭木を切りそろえることが目的ではありません。

簡単に言えば、不要な枝を切り落とし、必要な枝がしっかりと生長できるようにするための作業なんです。

こういったメインの目的以外にも剪定の必要があります。

庭木の樹木が電柱や電線にかかりそうとか、隣の家の敷地にはみ出しそうになっている場合とか・・・。

いろいろと他人に迷惑が掛かってしまうなんて際にも必要と言えます。

ここで一つ重要なことを言っておきます。

葉っぱや花なども含めて樹木が電線に接触しそうな場合のことです。

電線への接触までまだ距離が十分あるのでしたら、剪定してもいいと思いますが、結構近い場合は危険なので注意が必要です。

これは業者さんに頼む場合もです。

管理人のわたしは熊本県熊本市に住んでいるので、九州電力のホームページを念のためにチェックしたらこういった件に関しての記載がありました。

それによると、電線へ樹木が接近している場合、保安上の問題があれば九州電力の方で伐採をしてくれるようです。

ただし、現地確認の必要があるとのことなので、最寄りの九州電力の営業所まで連絡をしてほしいとの記載がありました。

明らかに危なそうな場合だけでなく、判断が難しい場合も、とりあえず九電に電話などで連絡した方がいいですね。

【スポンサー リンク】

庭木の剪定作業は自分でやるべきか?

ここで迷うのが記事冒頭でも書いたように自分でやるかプロである業者さんに剪定作業を依頼するかです。

自分でやる場合、剪定ばさみなどの道具を揃えなくてはいけないのでもちろん費用はかかります。

すでにそういった道具を持っているなら費用ゼロなんですけどね。

実際、お金はかけたくないという方が多いと思います。

しかし、費用はなしでも時間と労力が非常にかかります。

仕事や家庭のことなどで多忙な方にはなかなか難しいというのが実情でしょう。

しかも、剪定というのはプロがいるように技術が必要な作業です。

また、高いところにある庭木の剪定って非常に難しいし、作業中の危険性も心配です。

伐採の場合だったら、さらに危険でプロによる適切な作業が必要になったりします。

管理人のようなど素人が適当にやったら、樹木にダメージを与えるだけでなく、枯らしてしまう可能性もあります。(笑)

庭木の剪定で重要なことは、大事な枝とそうではない枝をまずは見極めることなんです。

これは我々素人には非常に難しいことです。

技術もそうですが、経験といったことも必要。

そういったものを持ち合わせているのがプロ、業者です。

庭木は種類、性質、状態、植えられている環境などによっても大きく違います。

さらには、樹木の年齢なども考慮しなくてはいけません。

こんな深いところまで剪定では考えなくてはいけないのか!ってびっくりした方もいると思います。

プロの剪定業者の場合は、知識、長年の経験や勘など、素人には到底想像できないところまで考えながら作業をされています。

究極的には、剪定というのは、木をかわいがり、木を生かすことといえるでしょう。

花など植物が好きな方にもよく理解してもらえるのではないでしょうか?

費用、時間、労力、出来栄え、安心感などのことをトータルで考えたら、やはり剪定は業者に頼むというのが最終的にはお得ともいえます。

プロにすべてお任せしてきれいで素敵な庭にしましょう!

そうなると、気になるのはどこの業者に頼むのかがいいのかや剪定費用です。

剪定業者は日本全国にたくさんあります。

管理人が住む熊本県熊本市にもいろいろとあります。

これから剪定をプロに頼むってことで、業者の口コミや評判、費用などをリサーチしている方もいると思います。

今回は管理人が剪定を業者に実際に頼もうと思って口コミ、評判、お金関係をかなり調べ、また勉強してみました。

次にそれらについて解説していきます。

【スポンサー リンク】

庭木の剪定を熊本市でやってもらう時のおすすめ業者はどこ?

庭木の剪定業者を熊本県、さらに絞って熊本市で調べてみてもかなりたくさんあります。

はっきり言ってこれでは迷いまくります。(笑)

実際、最初は迷って疲れてうんざりしたことを正直に告白しておきます。(笑)

これは口コミや評判を調べてみてもそうです。

もちろん、重要なのは剪定技術ですが、やはり料金も気になります。

いくら技術がすごくても、あまりに金額が高いなら頼みたくてもなかなかそうはいかないですよね。

技術と料金とのバランスをどうするかが迷うところの一つでポイントでもあります。

記事冒頭ですでに記載しましたが、熊本市だけでなく熊本県対応の剪定業者で管理人の最終候補に残ったのが剪定110番とお庭マスター。

庭木のお手入れで伐採や間伐メインなら伐採110番も候補に入れたいところです。

次に3社がどういう方におすすめなのかとその理由をそれぞれ解説します。

おすすめ理由や料金について

まず剪定110番なんですが、こういった方におすすめです。

庭木のお手入れで剪定を考えている方。
高い所など作業しにくく危険なところでの庭木の剪定に困っている方。
プロの業者に庭の手入れを頼みたいと考えている方。

剪定110番が業者としておすすめな点

料金は1本あたり1,000円~という低価格設定。
見積もり後の追加料金が発生しないこと。ただし、別途出張費3,000円が必要。
松などのごく一般的な樹木から、高い所まで伸びる樹木にも幅広く対応していること。
熊本市・熊本県を含み日本全国、365日年中無休、24時間対応。
運営会社が東証上場企業の「シェアリングテクノロジー株式会社」で安心できる。

剪定110番をもっと詳しく知りたいならコチラ!

次にお庭マスター。

おすすめな方は

戸建ての方ですが、新しく戸建てを購入した方だけでなく、購入を検討している方にもおすすめだと思います。
庭木が伸びすぎてるので剪定で形を整えてもらいたいとか、伐採してもらいたいなどなど様々なことで困っている方。
お庭マスターの特徴は、庭のお手入れ、伐採、剪定などの庭関係のことなら何でも任せられるというところです。
エクステリア、外溝などにも対応することができる。
現地見積もり、出張費、基本料が完全無料!剪定料金は500円~。

かなりの低価格なんですが、技術的なところにはかなりの自信があるようです。

お庭マスターの詳細はコチラ!

最後は伐採110番。

楽天の調査によると、利用シェアNo.1。

運営会社が剪定110番と同じく東証上場企業「シェアリングテクノロジー株式会社」の伐採サービス。

庭木は大きく生長しすぎると、隣近所の住民の方々への迷惑となったりします。
また、台風時も含めて強風等によって倒れた場合に家屋等の建物に損害を与える可能性や危険性もでてきます。

なので、伐採をおこなうわけですが、非常に重要で注意する点があります。

それは、伐採作業というものは大変な危険を伴うということです。

ですから、プロの業者の手で作業が適切に行われる必要があるんです。

もちろん、大きな樹木を自分で伐採しようなんて方はなかなかいないとは思いますが・・・。

おすすめな方は

大きくなりすぎてしまった庭木を伐採したいんだけどできない方。
庭の植物に関して悩みがある方。
台風などの強風が原因で傾いてしまった庭木の処分をどうすればいいのか困っている方。

伐採110番に頼むメリット

料金は1本あたり2,000円~という低価格の料金設定。
見積もり後の追加料金の発生なしという安心で良心的な料金体系。
伐採だけでなく、剪定や草刈りなどの庭関係に幅広く対応OK。
対応エリアは日本全国で、さらに365日年中無休、そして24時間対応。

伐採110番をもっとチェックするならコチラ!

庭木の剪定を熊本市にある管理人の自宅でやってもらうためにおすすめ業者はどこがいいのかをリサーチした結果を本記事ではまとめてみました?

剪定業者を選ぶ場合は、技術力やサービス内容だけでなく料金も重要ってことで剪定110番とお庭マスターを紹介しました。

伐採作業では伐採110番も。

本記事で解説してきたのは一部と言えます。

熊本市の剪定業者の剪定においては、やはり自分の目でしっかり確認して比較検討することが大切です。

そういうわけで、詳細はそれぞれの公式ホームページで最新の情報をチェックすることをおすすめします。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

生活

Posted by コモトピ