パーマ大佐の本名と学歴について!年齢や結婚は?父母と姉も調査!

2018年9月30日

パーマ大佐の本名

今回フォーカスするのはパーマ大佐さん。

お笑い芸人として活動されている方です。

童謡「森のくまさん」の替え歌で有名です。

でも、替え歌の歌詞を巡って訳詞者の馬場祥弘さんとの間でトラブルが起こっていました。

合意が成立してこの問題がやっと解決しました。

その件についても含めて、今回はパーマ大佐の本名と学歴、年齢や結婚、そして父母と姉について解説します。

【スポンサー リンク】

パーマ大佐の本名がすごかった!

パーマ大佐の本名って驚くべき名前なんです。

その前に簡単な紹介。

パーマ大佐は「森のくまさん」の歌ネタで知られるお笑いのピン芸人。所属事務所は太田プロダクション。

パーマ大佐の動画を見たいなら、YouTubeにオフィシャルチャンネルがあります。そこでは、「マックスうざい」として動画に出演しています。

 

芸名のパーマは髪にパーマがかかっているからというだけの理由のように思えますが、定かではありません。(笑)

なんで大佐かも不明です。お笑い芸人の中ではまだ大佐級とは言えないと思います。(笑)

このパーマ大佐の本名がすごいんですよ!

名前は「國土郁音」といい、読み方は「こくど いくと」。

こくどの「國」って昔の難しい方の漢字です。

さらに名字が國土なんてすごいですよね。

テレビで国土問題が議論されるときには是非出演して欲しい名前です。

國土さんがいるなら、「領海」さんや「領空」さんがいてもおかしくないんですが、実際にいるかどうかは不明です。

ちゃんと調べろよ!ってお叱りを受けそうなんですが、そこまでする必要があるのか?

というわけで、暇があったら調べて情報を提供しますね。

太田プロダクションのパーマ大佐のプロフィール写真をみると、水曜どうでしょうの大泉洋に似ていると思うのは管理人だけだろうか?

ま~、どうでもいいか!(笑)

【スポンサー リンク】

学歴について

パーマ大佐の学歴

パーマ大佐の学歴なんですが、見た目からするとあんまり賢くはなさそうな感じ・・・(失礼!)

出身地は埼玉県の北本市で、出身中学は地元の北本市立北本中学校

出身高校は正智深谷高等学校。埼玉県の深谷市にある私立高校です。

ちなみに、この高校の偏差値は48。

う~ん・・・。

パーマ大佐は、中学三年から芸人として活動しているから学校では勉強はあんまりしてないんでしょうね。

大学に関しては何の情報もありません。おそらく大学には行っていないんだと思います。

年齢と結婚について

年齡

パーマ大佐の生年月日は1993年8月26日で今現在22歳。

もっと上の年齢かと思いましたが、見た目が老けていることが原因でしょう。

結婚はしていません。未婚で独身です。

予想はしていました。

彼女に関する情報もありません。

パーマ大佐の少数の女性ファンのみなさん!良かったですね!(笑)

今ならチャンスです!

何がチャンスなのよ!っていうクレームは勘弁してくださいね。

父親と母親はすごい人だった!

9007ac7adf21d646b5e71fb745180f52_s

パーマ大佐の家族を調べてみたらびっくり!

音楽一家だったんです。

2歳から小学校6年までピアノの英才教育を受けていたんです。

それも毎日6時間!

パーマ大佐の母はピアニストなんです。

お母さんはお笑いの道へ進むことを最初は反対されていました。

父も同じく音楽をされています。

パーマ大佐はTwitterをやってますが、そこに証拠があります。

まとめると、パーマ大佐の父は音楽評論家、母はピアニストで、家族全員が音楽と関わりがあるんです。 後述する姉についても同様です。

姉ってどんな人?

パーマ大佐の姉も音楽やってて、歌が超うまいんです。

実はこのお姉さんは作詞家なんです。

音楽一家に生まれ、小学生まではピアノの英才教育を受けていたにもかかわらず、お笑いの道へと進んだパーマ大佐。

今後、ブレークすることをお祈りしています!

森のくまさんの歌詞問題について

森のくまさん

パーマ大佐さんが童謡「森のくまさん」の替え歌で訳詞者側との間でトラブルが起こり注目されていました。

訳詞者側は販売の差し止めを求めていました。

これが「森のくまさん」の歌詞問題なんですが、ようやく落ち着いたようです。

販売とパフォーマンスの両方の継続で合意が成立しました。

訳詞者の馬場祥弘さんはオフィシャルサイトで合意の成立を発表しています。

どういう経緯でトラブルになったのかというと次のようになります。

馬場祥弘さんは「森のくまさん」の訳詞者として著作権登録していました。

それで、パーマ大佐さんの側から、替え歌販売に関する同意を日本音楽著作権協会(JASRAC)を通じて求められたんです。

そして、パーマ大佐側は同意を得た、馬場祥弘さん側は不同意の回答をしたとそれぞれ異なった認識をしていました。

この両者の認識の違いからトラブルとなったわけです。

馬場祥弘さん側は、販売差し止めと慰謝料300万円を求める通知書を送付していました。

しかし、今回の合意の成立で「森のくまさん」問題は一件落着となりました。

というわけで、パーマ大佐さんは今後また「森のくまさん」をやることになるんでしょうね。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

ひと

Posted by コモトピ