村木厚子の今現在!夫と子供は?評判や講演会もチェック!

ひと
この記事の所要時間: 68

霞が関

こんにちは。

今日も快晴の熊本市在住の管理人です。

本日紹介するのは霞が関にある厚労省の女性官僚だった村木厚子(むらきあつこ)さん。

旧姓は西村さんです。

すごい経歴をお持ちの方です。

労働官僚だったわけですが、厚生労働省では4人目の女性局長となり、厚生労働事務次官にまでなられた方なんです。

キャリアがすごすぎます。

世紀の冤罪とまで言われた大阪地検特捜部との件で脚光を浴びた方です。

厚生労働省

厚生労働省のキャリア官僚時代にとんでもない目にあわれたんです。

そんなわけで今回は、村木厚子さんの気になる今現在!夫や子供などの家族、そして、評判や講演会もリサーチしてみました。

その他に出身大学や高校などのプロフィールも紹介していきます。

本や子育て支援についても気になっている管理人であります。

【スポンサー リンク】

村木厚子の今現在

今現在

すでに少し説明したように厚生労働事務次官を務められていたんですが、すでに退官されています。

厚生労働省から訓戒処分を受けたんです。

訓戒処分というのは、組織内での軽度の処罰というか処分です。

大阪地検特捜部関係のことや部下のことが訓戒処分の理由というか原因です。

厚生労働事務次官を2015年10月1日付で退任されました。

その後と今現在どうされているかかが気になるところですよね。

2016年から伊藤忠商事社外取締役と大阪大学男女協働推進センター招へい教授を務められているんです。

大阪大学の方は退官される前の2014年からです。

また、今年2017年の4月からは津田塾大学に新設された総合政策学科の客員教授となられます。

余談になりますが、昨年2016年のニュースで初めてホームステイを経験されたことが記事になっていました。

60歳にして初体験でした。

まだあります。(笑)

今年2017年から読売の大手小町(OTEKOMACHI)のお悩み相談のアドバイザーにもなられました。

お悩みの受付は2017年4月3日からです。

ということは、すでに始まっています。

子育てしつつキャリア官僚としてトップにまでなられているので、結婚、子育て、仕事など人生におけるいろんな選択での悩みなんかを相談すると良さそうですね。

その他に、講演会なども行われています。

【スポンサー リンク】

夫と子供

家族

村木厚子さんはご結婚されているわけですが、夫は労働省に同期入省の村木太郎[さんです。

労働省というのは現在の厚生労働省です。

子供は2人います。

両方とも娘さんです。

29歳の時に長女の娘さんを出産されています。

子育てしながらキャリアを積み上げていかれました。

そしてトップになります。

今現在はどうかわかりませんが、5年ほど前の村木厚子さんの週刊誌のインタビュー記事を読むと会社員をされていたことがわかります。

その当時次女の娘さんの方は高校生でした。

以上、家族についてでした。

評判は?

評判

人の評判というものは、一般的に言って良いものもよくないものもあるのが普通です。

村木厚子さんの場合もそうでした。

ですが、噂も含めて評判を調査してみると、良いものが多いです。

賢い、憧れ、実力派など・・・。

噂で注目されているのはやはり子供さんのことでした。

娘さんたちです。

お母さんが大阪地検関係のことでものすごく大変なときのことがニュースなどでも報道されていました。

「村木厚子」とインターネットのYahoo!やGoogleで検索するといろんなキーワードが出てきます。

やはり今現在でも関心のある方が多いようです。

講演会などの活動もされていますから、評判なんかはやっぱり気になるところです。

ネット上に氾濫している情報をそのまま鵜呑みにするのは危険なんですが、直接の面識でもない限りはやはりどんな方なのかはわかりません。

管理人的には評判なんか徹底的に調べたところで本当のところはよくわからないというのが結論です。

講演会にでも行って話を聞き、言動などから人柄などを各自が判断するしかなさそうです。
管理人的には頭がよくてすごく優しい方ってイメージがあるんですけどね。

子育てしながら仕事も頑張ってこられたし。

娘さんたちの言動なんかの記事を読むとそう思います。

母親が子供のために一生懸命に頑張ってきたんだなという風に感じますね。

講演会と子育て支援が気になる!

講演会

講演会の内容で管理人的に一番気になったのが子育て支援についてです。

知り合いにシングルマザーがいますから、いろいろと子供に関する話を聞くんです。

実際、日本の子育て支援の現状ってまだまだですからね。

なので、今後に期待するわけです。

村木厚子さん自身はもちろん子育てを経験されてきました。

キャリア官僚としての仕事をしながらです。

2人の娘さんの育児と仕事を両立されてきたわけです。

お金はかかるし時間的にも苦労されたようです。

そんな実体験などを講演会で聞きたかったんですよね。

それで、講演依頼はどこで予約したり申し込むのか調べたんですが、講演会が行われたという情報だけで肝心なことはわかりませんでした。

ホームページやブログなども見当たらないし。

どなたかご存じの方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

プロフィール

【楽天】

最後にプロフィールを紹介します。

名前:村木厚子(むらきあつこ)

生年月日:1955年12月28日 今現在の年齢は61歳

出身地:高知県

出身高校:土佐高等学校

出身大学:高知大学文理学部経済学科
学歴の大学については意外でした。

厚生労働事務次官にまでなられているので、出身大学はてっきり東大かと思っていたんです。

まさか地方の国立大である高知大だったなんて。

出身高校からもわかりますが、もともと優秀でまた努力家というか勉強家だったのではないかと思います。

高知大学から国家公務員上級試験に合格したのは村木厚子さんただ1人なんていう情報もありますからね。

なぜ高知大から旧労働省へ入る道を選択されたかというと、父親が関係しているようです。

お父さんが社会保険労務士をされていたんです。

こういったことがきっかけのようです。

学歴は上のようになりますが、細かい経歴は本記事では省略します。

wikiなどで詳しく説明されていますからね。

興味のある方はそちらの方を参考にしてくださいね。

著書もあるんです。その中には共著もあります。

例えば、「あきらめない―働くあなたに贈る真実のメッセージ」や『私は負けない 「郵便不正事件」はこうして作られた』という本を出版されています。

まだまだいろいろ知りたいことがあって調べたんですが、ホームページやブログ、FacebookやTwitterは確認できませんでした。

【スポンサー リンク】

コメント