清滝信宏教授(ノーベル賞候補)の出身高校や経歴について!家族と父親もリサーチ!

ひと
この記事の所要時間: 546
今回リサーチしたのは清滝信宏(きよたきのぶひろ)教授。

ノーベル経済学賞の日本人有力候補です。

論文で「清滝=ムーアモデル」を構築されたという業績があります。

【楽天】

金融危機の分析において世界的に有名な方です。

現在はアメリカのプリンストン大学教授を務められており、ご専門はマクロ経済学。

経済学者ってわけです。

ちなみに、国籍は日本です。

実はノーベル経済学賞と呼ばれている賞は、厳密にはノーベル賞ではありません。

ノーベル財団がノーベル賞ではないって言ってるくらいですから。

お金はノーベル基金ではなくてスウェーデン国立銀行が賞金を出している賞なんです。

なので、日本においては経済学賞だけが課税対象になってしまうという・・・。

日本語でのノーベル経済学賞の正式名称なんですが、「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞」とか「アルフレッド・ノーベル記念スウェーデン国立銀行経済学賞」なっています。

ま~、そんなことはとりあえずおいておきます。

というわけで本記事では、ノーベル賞候補の清滝信宏教授の出身高校等の学歴や経歴、そして家族と父親をメインにリサーチしてまとめてみました。

その他にプロフィールも紹介します。

妻や子供さんってどういう方なんでしょうね?

そういったことも非常に気になるところです。

米プリンストン大学の清滝信宏教授がノーベル経済学賞を受賞!ってニュースを早く見たいものです。

【スポンサード リンク】

清滝信宏教授はノーベル賞候補!

記事冒頭で説明したように、清滝信宏教授はノーベル賞候補なんです。

もし、清滝信宏教授がノーベル経済学賞を受賞された場合、日本人としては初めてのこととなります。

今、米プリンストン大教授をされているわけですが、実は毎年のように有力候補の一人として名前が挙がっています。

ノーベル賞の受賞に関しては関連銘柄の株も話題になります。

今回は株とはちょっと違う話なんですが、以下のようなこともあり得ます。

清滝信宏教授のノーベル賞受賞が決定したら書店に「清滝信宏教授コーナー」ができるかも知れないなんて意見もあります。

関連したものも含めて著書があるなら、本が飛ぶように売れまくるなんてことも考えられますね。

楽天やAmazonなどのネット通販で要チェックです。

The Global Macro Economy and Finance」や記事冒頭でも紹介した「リスクと流動性 金融安定性の新しい経済学」は気になる本ですね。

【スポンサード リンク】

出身高校と大学

ノーベル賞候補ってことで、清滝信宏さんの学歴を紹介しておきます。

出身高校は、東京教育大学附属高等学校。

現在の筑波大学附属高等学校です。

なので、出身中学は今の筑波大学附属中学校かもしれませんね。

出身大学は東京大学経済学部。

東京大学教養学部文科3類から経済学部への進学です。

その後、大学院に進学されます。

ハーバード大学大学院修士課程修了 → ハーバード大学大学院博士課程修了。

経済学のPh.D.はハーバード大学で取得しています。

Ph.D.は日本における博士号の学位と思えばいいです。

経歴について

さすが、ノーベル経済学賞候補の清滝信宏さん。

清滝=ムーアモデルなんですが、、サブプライムローン問題やリーマンショックなどでその理論が裏付けられています。

はっきりいって経歴は予想通りすごいです。

すでに説明したように、現在はアメリカでプリンストン大学の教授を務められています。

経歴に関しては大学卒業後のものを略歴みたいな感じで解説していきます。

東大卒業後にアメリカに留学されハーバード大学大学院を博士課程まで修了し。そこでPh.D.を取得されています。

アメリカに行ってからは、アメリカとイギリスをメインに研究を続けてこられました。

Ph.D.を取得後については以下のようになります。

ウィスコンシン大学マディソン校経済学部で6年間助教授、またミネソタ大学経済学部で6年間准教授を務めてこられました。

その後はイギリスへ。

LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス) に10年間おられた後にプリンストン大学に移籍。

ちなみに、プリンストン大学移籍後もLSEには客員教授として在籍しておられ、マクロ経済学の講義等を担当されています。

その他の経歴としては、ウェスタンオンタリオ大学客員講師、一橋大学非常勤講師、ミネアポリス連邦準備銀行客員研究員、マサチューセッツ工科大学経済学部客員教授、ニューヨーク連邦準備銀行シニアエコノミスト、ニューヨーク連邦準備銀行学識顧問といったものもあります。

受賞歴も「清滝ムーアモデルの構築」でのトムソン・ロイター引用栄誉賞をはじめ、複数あります。

細かいことはよくわからないにせよ、経歴のすごさはわかっていただけたと思います。

家族は?

結婚や家族が気になる方も多いと思いますが、今のところは全く情報ゼロです。

妻や子供さんはいるのか?

いるならどんな方なのかは興味あるところですね。

なにしろノーベル賞候補の家族ですから。

子供さんに関しても息子さんや娘さんがいるのかも非常に関心がある人もいると思います。

清滝信宏さんがノーベル経済学賞を受賞されたら、そういったいろんな情報も出てくると思います。

現在のところはそれを待つしかないですね。

父親がすごかった!

清滝信宏さんの家系図というか一族にはちょっとびっくりさせられました。

といっても、ご専門の経済と関係はあるんですが。

池田銀行、つまり現在の池田泉州銀行を創業した清滝家なんです。

池田泉州銀行とは、大阪府大阪市に本店がある地方銀行です。

父親は元池田銀行頭取であった清滝一也さん。

父親は内外除虫菊社長であった上山薫さんの長男であり、元池田銀行頭取清滝幸次郎さんの長女の婿でもあります。

清滝信宏さんと上山薫さんは孫と祖父の関係となります。

清滝信宏さんの子供さんについては情報がありませんでしたが、清滝家も含めて、それらの子孫なんかに興味がある人は多いかと思います。

【スポンサード リンク】

プロフィール

最後にプロフィールを紹介して本記事を終わりにします。

名前:清滝信宏(きよたきのぶひろ)

生年月日:1955年6月24日 現在の年齢は63歳

出身地:大阪府

国籍:日本

【スポンサード リンク】

コメント