藤本敏夫の妻との結婚と子供について!娘は?学生運動もリサーチ!

ひと
この記事の所要時間: 612

こんにちは。

今回紹介するのは学生運動指導者などとして有名な藤本敏夫(ふじもととしお)さん。

妻は歌手の加藤登紀子さんです。

実は本名は藤本登紀子さんというんです。

【楽天】

夫の藤本敏夫さんなんですが、本を複数出版されています。

上の「農的幸福論 藤本敏夫からの遺言」という本なんですが、 著者は藤本敏夫さんで、加藤登紀子さんが編者という夫婦の名前が出てくるものです。

まだ他にもあります。

実は管理人はそれらの1つを持ってて何回も読んでいるんです。

「不健康長寿国ニッポン」という食に関する本です。

食生態学者の西丸震哉さんとの共著です。

上の画像はさっき部屋で撮影しました。

今回はこれらの方々にフォーカスします。

さて、加藤登紀子さんといえば宮﨑駿さんの作品を思い出す方もいると思います。

ジブリ映画では、管理人はとなりのトトロ、天空の城ラピュタ、千と千尋の神隠し、紅の豚などが特に好きです。

特に紅の豚に関しては声優などとして、加藤登紀子さんも出ておられます。

ジーナ役での歌もすごくいいですよね。

ちょっと脱線しすぎました。(笑)

そんなわけで今回は、藤本敏夫さんと妻の加藤登紀子さんとの結婚と子供についてをメインに解説していきます。

娘さんがいらっしゃるんですが、実は有名な方なんですよ。

その他に、学生運動、出身大学や高校などの学歴、プロフィールも紹介します。

昔の若い頃も気になりますね!

【スポンサード リンク】

藤本敏夫と妻の加藤登紀子との出会い

藤本敏夫さんは若い頃に左翼団体の委員長を務めていた過去があります。

後に妻となる加藤登紀子さんと出会ったきっかけはコンサートの依頼をしたことです。

そういうことで2人の交際が始まったようです。

少し補足説明しときますね。

加藤登紀子さんは東大在学中の1965年に日本アマチュアシャンソンコンクールで優勝を果たし歌手デビューをされています。

1968年は卒業式だったのですが、それをボイコットした学生のデモに加わられました。

その時に学生運動の活動家であった藤本敏夫さんと出会われたというわけです。

加藤登紀子さんは歌などの政治利用が嫌だったようなんですが・・・。

でも、最終的には結婚へと至ります。

【スポンサード リンク】

結婚と子供

藤本敏夫さんが1972年に獄中結婚され、妻となったのが加藤登紀子さん。

昔の若い頃に獄中結婚していたという事実にはびっくりさせられました。

テレビなどで拝見する時のイメージからは大きくかけ離れているって感じですから。

娘さんが3人いるのですが、長女は藤本敏夫さんが刑務所にいる間に誕生。

次女が産まれたのは出所した翌年です。

加藤登紀子さんは、藤本敏夫さんが刑務所に入った後に子供ができてることに気付いたのではないでしょうか?

なので、出産するのかだけでなく、さらには子供の将来のことまで考えたりして結婚自体も相当悩まれたかもしれませんね。

いや、実際に獄中結婚についてはかなり悩まれたことをあるインタビューで語られていました。

この結婚の決断のきっかけは実は加藤登紀子さんの母親の言葉だそうです。

これはご自身で述べられていたことなので間違いないでしょう。

娘について

すでにご紹介したように、藤本敏夫さんには三人の娘さんがいます。

長女が美亜子さん、次女が八恵さんといいます。

生年月日は長女が1972年12月7日、次女が1975年12月14日とのことです。

2人とも12月生まれで誕生日の日付が1週間ほど違うだけです。

長女はできちゃった婚なのかもしれません。

さずかり婚ともいいますが。

三女となる娘さんが1980年に誕生しています。

しかし、情報はほとんどありません。

次女の八恵さんは歌手で、Yae(やえ)さんという名前で活動されています。

【楽天】

母親と同じく歌手なんです。

Yaeさんはシンガーソングライターをされています。

母親であるの加藤登紀子さんの才能を引き継いでいるって感じです。

「別れの曲」などが話題になり注目されたりとかしたことがあります。

今現在は、「鴨川自然王国」の活動に参加されたりなど、半分は農業、そして半分は歌手みたいな生活をされているようです。

2005年のことですが、Yaeさんは結婚されたようです。

夫となった相手は、鴨川自然王国の研修生みたいです。

ミツヨさんという名前だとか。

子供さんもいるようです。

出身大学と高校

藤本敏夫さんの出身高校は、兵庫県立鳴尾高等学校です。

偏差値は56 – 58くらいの高校。

出身大学は同志社大学文学部新聞学科。

正確には出身大学とは言えないんです。

なぜなら、後に大学を中退してしまっていますから。

有名大学に入学したのいいけど中退という学歴です。

新聞記者やマスメディア関係の道へ進みたかったのでしょうか?

実際にご本人が語られていましたが、ジャーナリストになりたいという漠然とした思いがあったようです。

余談になりますが、1年間の浪人時代を経験されています。

最初は神戸の予備校へ行ったりしておられたんですが、途中で予備校をやめられています。

そして、神戸の大倉山図書館でブラブラしたりして全然勉強してなかったそうなんです。

ところが、8月に一念発起して人生で初めての猛勉強を開始。

その結果が同志社大学の合格です。

学生運動に出会い、関わらなければ中退する事も無く、その後の人生が大きく変わった可能性も考えられますね。

プロフィールと学生運動

まずは妻である加藤登紀子さんのプロフィールを簡単に紹介したいと思います。

加藤登紀子さんの出身大学は東京大学です。

出身高校は東京都立駒場高校なので、学生時代もかなり優秀だったようです。

生年月日は1943年12月27日で、出身地は満州のハルビン。

現在の年齢は74歳となります。

次に、藤本敏夫さんのプロフィールを紹介します。

出身地は兵庫県西宮市甲子園。

生年月日は1944年1月23日。

藤本敏夫さんは昔の若い頃なんですが、同志社大学時代に学生運動をされていました。

学生運動のリーダーをされていたわけですが、そういったことで最終的には刑務所へ。

それで、獄中結婚されました。

出所後は家族と過ごしますが、食と農をテーマにした活動を開始。

1981年には鴨川自然王国を設立。

鴨川自然王国とは、千葉県鴨川市にある農事組合法人です。

日本が農業を大切にしない国になっていってるのを気にされていたんです。

それで、自分が農業をやる側になろうということで土地を探し設立したのが鴨川自然王国でした。

こういったことをはじめ、いろいろと活動されてこられましたが、2002年に58歳で亡くなられてしまいます。

原因は肝臓ガンだったようです。

【スポンサード リンク】

コメント