毒蝮三太夫の妻と子供は?名言と笑点時代の立川談志との関係もチェック!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 541

マムシ

こんにちは。

また今日も危険な暑さになりそうな熊本市在住の管理人です。

昨日の夜遅くなんですが、知り合いが気分が悪くなって病院に行ったんです。

そしたら、やはり熱中症でした。

昼間ほどではないにしろ、夜も暑いですからね。

ホント気をつけなくちゃいけません。

ところで、毒蝮三太夫(どくまむしさんだゆう)さんって知ってます?

もちろん、本名ではなく芸名です。

ものすごくインパクトがありますよね。

「蝮(まむし)」ってだけでも強烈なのに、さらに「毒」までついてます。(笑)

浅草の商店街

商店街などでのお年寄りなんかに対する毒舌トークで有名です。

やたらと、「ジジイ」や「ババア」といった毒のある言葉を吐かれる方です。

「ジジババいじり」がすごいんです!

笑えます。

しかし、人気があってお年寄りや年配者の方の支持を得ているという面白い方です。

テレビの番組表で久しぶりに毒蝮三太夫という名前を見つけたものだから、今現在どうされているのか気になった管理人です。

というわけで、妻や子供、名言、笑点時代の立川談志さんとの関係についてまとめてみました。

芸名の由来なども紹介します!

【スポンサード リンク】

毒蝮三太夫の妻と子供

結婚

毒蝮三太夫さんは1962年(昭和37年)に結婚されました。

妻についての情報はほとんどないんですが、2005年に毒蝮三太夫さんが腸閉塞で生きるか死ぬかという大変な状況の時に入院生活を乗り越えられたのは妻の支えだと言っています。

献身的な奥さんなんでしょう。

子供に関する情報もありませんね。

wikiに家族に関する記載があるんですけど、妻と兄が2人ということが書いてあります。

そんなことから、おそらく子供はいないのでしょうね。

名言とは?

名言

毒蝮三太夫さん流の毒舌トークはお年寄りや年配者の方に大人気です。

「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」というラジオ番組が「大沢悠里のゆうゆうワイド」の中にコーナーとしてありました。

公開生放送の番組で現在も放送されてます。

大長寿番組になったほどの人気なんです。

マイクを1本持って日本全国の商店街に行くんですが、そこに集まる人のほとんどはお年寄り。

毒舌トークが始まると、ドッと笑いが起こります。

言葉だけ聞くと、かなりひどいことを言ってるんですが、誰も怒ったりはしてません。

みんな笑顔で聞いているんです。

「きったねーババアがいっぱい来てるね~。」とかおもいっきり言ってます。(笑)

でも、毒蝮三太夫さんは大人気なんです。

こんな番組をこれまでずっと続けられてきました。

そんな中で見てきたのが老人介護や福祉の問題なんです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
【楽天】
それが本になったのが「毒蝮流! ことばで介護」です。

この本の中にたくさんの名言があるんです。

すごくいいことが書いてあります。

といっても、毒舌表現が封印されているわけではないですよ。

本文中には、「ジジイ」が106回、「ババア」が125回も出てきておかまいなしです。(笑)

本の中でも「ジジババいじり」がものすごい!(笑)

でも、老人の方からの絶大な支持があるんです。

お年寄りのことをよく理解しているから名言といわれるようなものがたくさんあるんだと思います。

毒蝮三太夫さんのトークを聞けばわかりますが、年配者だけでなく若者にも十分受け入れられる毒舌だと管理人は思います。

話を聞いてると、とにかく面白い。

もっとテレビに出演してくれればいいのにと思っているのは管理人だけではないと思いますね。

「ジジイ」「ババア」と毒舌で笑わせてくれてますが、残念なのは毒蝮三太夫さんに対して毒を吐いてくれる人がいないことだと思います。

それが出来ただろうと考えられる人が1人だけいます。

それが、立川談志さんです。

でも、亡くなられてますからね。

毒蝮三太夫さんが毒を吐かれているところを見てみたい管理人です。

【スポンサード リンク】

笑点時代の立川談志との関係

過去

毒蝮三太夫さんと立川談志さんは「笑点」で共演する以前からの知り合いです。

ウマがあっていたそうなんです。

「ウルトラマン」の放映中に「笑点」の2代目座布団運びになりました。

この当時、立川談志さんは笑点の司会者をされていました。

笑点時代に「毒蝮」というとんでもない芸名になってしまうわけですが、立川談志さんは最初は「マムシ」と呼んでいたんです。

ところが、5代目三遊亭圓楽さんがただのマムシじゃ面白くないから「毒」をつけろってことになって「毒蝮」という芸名になったんです。

あきらめてこの芸名を受け入れはしたんですが、親や妻には隠していたそうです。

しかし、半年くらい経った頃にバレてしまいました。(笑)

笑点時代には立川談志さんとの間には、過去にこんなエピソードがあったんです。

毒蝮という芸名はインパクトがありすぎるので、一度聞いたら忘れませんね。

それにこんな芸名の人はいないですからね。

動物系の芸名なら猫ひろしさんと江戸家猫八さんを管理人は思い出しますが。

プロフィール

プロフィール

最後になりましたが、毒蝮三太夫さんのプロフィールを紹介します。

芸名:毒蝮三太夫(どくまむしさんだゆう)

本名と旧芸名:石井伊吉(いしいいよし)

愛称:まむちゃん

生年月日:1936年3月31日 今現在の年齢は80歳

出身地:生まれは東京の品川で浅草育ち

身長:170cm

体重:78kg

出身中学校:台東区立下谷中学校

出身高校:東京都立大森高等学校

出身大学:日本大学芸術学部映画学科

趣味:野球 ドライブ 寺社めぐり

嫌いなもの:カニ

所属事務所:まむしプロダクション(会長)

大学を卒業後は俳優として活動されてて、「ウルトラマン」に出演されてたのが有名です。

もともとは俳優ですが、今現在もテレビやラジオでタレントとして活躍されています。

日本老年行動科学会の特別顧問や聖徳大学短期大学部の客員教授という経歴もお持ちです。

年が10歳以上離れたお兄さんが2人います。父親が違うんです。

可愛がられたそうなんですが、年が離れすぎているせいで兄達と一緒に遊べずに兄という感じがせず、一人っ子みたいで寂しい思いもされたそうです。

【スポンサード リンク】

フォローする

関連コンテンツ
Translate »