スティーブ・バノン首席戦略官の経歴や思想は?妻と子供も解説!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 514

戦略

アメリカのドナルド・トランプ大統領が今年2017年の4月にインタビューの中でスティーブン・バノン大統領首席戦略官の更迭を示唆しました。

就任して100日以上も経っているのに相変わらずいろんな話題が尽きないですね。

トランプ型政治は今後どうなっていくのか?

それを紐解く1人の重要人物がスティーブ・バノン首席戦略官です。

「黒幕」や「影の大統領」とも言われています。

フェイクニュース

昨年2016年には「フェイクニュース」という言葉も注目されましたね。

「SNS政治」なんかもそうです。

そんなわけで今回は、スティーブ・バノン首席戦略官の経歴や思想、そして妻と子供もリサーチしてみました。

この方を危険だとする意見もあります。

政治以外にも結婚や家族なんかも気になるところですよね。

そんなことも解説していきます。

【スポンサード リンク】

スティーブ・バノン首席戦略官の経歴

経歴

スティーブ・バノン首席戦略官はアイルランド系のブルーカラーで、ケネディ派の民主党支持者という家庭に生まれました。

生まれたのはアメリカのバージニア州ノーフォーク。

家族は労働者階級でアイルランド系カトリック教徒でした。

ケネディと労働組合びいきで、民主党を支持していました。

経歴の詳細についてはwikiにも記載があるので、その流れの概略をここでは説明していきます。

はっきりいって多彩な経歴をお持ちです。

アメリカ海軍に勤務し、その後ゴールドマン・サックスで働いていました。

退職後は投資会社であるバノン株式会社を立ち上げます。

後にこの会社を売却して映像プロデューサーに。

2012年には保守系ニュースサイトであるブライトバート・ニュース・ネットワークの会長に就任します。

これはアメリカのオンラインニュースサイトで、現在は元会長です。

そして、2016年にはアメリカ大統領選挙の共和党候補者であったドナルド・トランプさんから選挙対策本部長に任命。

トランプ

その後、トランプさんがアメリカの大統領となった後に首席戦略官と上級顧問にスティーブ・バノンさんを指名しました。

これでスティーブ・バノン首席戦略官が誕生しました。

トランプ大統領は今年2017年1月にスティーブ・バノンさんを国家安全保障会議(NSC)の常任メンバーにもしました。

しかし、4月には常任メンバーから外されています。

この件についてはいろんな原因や理由が指摘されていますが、ここではその内容に関しては省略させてもらいます。

記事冒頭にも書いたように同じく4月にはトランプ大統領がスティーブ・バノン大統領首席戦略官の更迭を示唆したという報道もありました。

今後の動向が気になるところですね。

以上、経歴でした。

【スポンサード リンク】

学歴をチェック!

学歴

学歴も気になるところですよね。

出身大学はバージニア工科大学です。

1976年に卒業されています。

その後にジョージタウン大学で修士の学位を取得されました。

専攻は安全保障論。

さらに、1985年にハーバード・ビジネス・スクールで経営学修士の学位を取得されています。

以上が学歴です。

思想や発言について

思想

スティーブ・バノン首席戦略官の思想や発言がこれまで注目されて来ました。

以前はトランプ大統領の発言に大きな影響力がありましたが、今現在は政策などに対する影響力はゼロだとも言われています。

思想的には「アンチ・エスタブリッシュメント」と言われています。

略称は「アンチ・エスタブリッシュ」となります。

これはどういうことかというと次のようになります。

アンチエスタブリッシュメント(anti-establishment)とは、社会的に確立した体制や制度、またその階層や組織への反抗のことで、国家や政府、階層、権威、秩序など既存の体制に対する反体制のことです。

引用元:株初心者のための株式投資と相場分析方法

要するに、すでに出来上がっている社会体制への反抗のことで、一言でいうなら「反体制」ということです。

こういう思想を背景にこれまでのいろんな発言がありました。

スティーブ・バノンさんの父親のマーティさんは今現在95歳なんですが、子供の教育資金として自分が長年勤めた通信会社のAT&Tの株式を保有していて安全だと思っていました。

ところが、金融危機の際に株価が急落し、売却したら多額の損失を被ったんです。

この件に関して誰も責任をとっていないという怒りがあり、それがスティーブ・バノン首席戦略官の思想の根底にあるようです。

どういうことかというと、この問題はアメリカ政府が作り出したものにもかかわらず、政府はミドルクラスを見捨てて富裕層だけを助けたということに起こっているんです。

こういったことが思想のバックグラウンドにあるようなんです。

余談になりますが、母親はすでに亡くなられています。

妻と子供

結婚

スティーブ・バノン首席戦略官は結婚と離婚をともに3回経験されています。

元妻は、1995年~1997年までがメアリー・ルイーズ・ピカール さん、 そして2009年までダイアン・クローヘジー さんでした。

3人目の奥さんの名前は不明です。

子供は3人います。

全員娘さんです。

名前はエミリー・ピカールさん、 モーリーン・バノンさん、 グレース・ピカールさんといいます。

プロフィール

プロフィール

最後にプロフィールを紹介して終わりにします。

名前:スティーブ・ケビン・バノン(Stephen Kevin “Steve” Bannon)

生年月日: 1953年11月27日 今現在の年齢は63歳

出身地:バージニア州ノーフォーク(アメリカ)

出身大学:バージニア工科大学

出身大学院等:ジョージタウン大学(修士) ハーバード・ビジネス・スクール

【スポンサード リンク】

フォローする

関連コンテンツ
Translate »