カナコの本名と出身地と経歴は?夫と子供も気になる!母と弟も紹介!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 411

カンボジアのシェムリアップ

カナコさんはカンボジア在住の年齢が32歳の女性。

「世界の日本人妻は見た!」で取り上げられます。

プロフィールなどを知りたいと思ったんですが、wikiはありません。

そこで今回は、カナコさんの本名や出身地やこれまでの経歴、夫と子供のこと、母や弟について調べてみました。

その他に、カナコさんが旦那さんと一緒に経営している「グリーンパークヴィレッジ」というゲストハウスの場所やアクセス方法、電話番号についても紹介します。

【スポンサード リンク】

カナコの本名と出身地と経歴

プロフィール

カナコさんの本名は、小口カナコ(おぐちかなこ)さんといいます。

名前の「カナコ」はひらがななのかカタカナなのか漢字なのかは不明です。

漢字の可能性が高いとは思いますが。

出身地は長野県です。

プロフィールに関しては、現在はこれくらいしかわかりません。

出身高校や大学等の学歴については不明です。

【スポンサード リンク】

経歴について

世界一周

カナコさんの子供の時からの夢は世界一周の旅でした。

世界一周のボランティアの旅です。

その旅に20代の終わりの年に出発しました。

旅の最後のほうで訪れたのがカンボジア。

世界遺産の「アンコール・ワット」で有名ですね。

現地で村の人たちと一緒に生活したり、カンボジアという国の歴史がわかってくるにつれて、この国とずっと関わっていたいという何かを強く感じるようになったそうです。

そんな中で出会ったのが現在の夫。

遠距離恋愛の期間が1年半ほどありましたが、その後に結婚。

夫のサムさんは出会って2週間で結婚することを決めていたそうです。

出産は日本でおこない、子供が生まれました。

今はカンボジアで子育て中です。

夫の家族が経営しているGreen Park Village Guest House(グリーンパークヴィレッジゲストハウス)で旦那さんと共に働いています。

Green Park Village Guest House

カナコさんと夫のサムさんが出会ったのがこのグリーンパークヴィレッジゲストハウスでした。

そして今は結婚してここにいるなんて、なんか運命的なものを感じますね。

カナコさんの中学時代からの友人によると、夫ののサムさんはいつも笑顔の優しい旦那さんだということです。

カナコさんについては、細い体にもかかわらず、エネルギッシュでパワフルだと言っています。

この友人によると、カナコさんがカンボジアで生活し始めた時に、日本人妻の番組にでるんじゃないかとカナコさんに言っていたそうです。

現実になってしまったってやつですね。

もっとカナコさんについて知りたい人は、FC2にブログがあるのでそちらを訪問するといいと思います。

現在は、姑さんと義理の兄弟の11人もの大人数の家族暮らしをされています。

また、子育ても大変らしいのですが、それよりもカンボジアの言語である「クメール語」に悪戦苦闘されている毎日なんだそうです。

Green Park Village Guest House(グリーンパークヴィレッジゲストハウス)にはTwitter(グリーンパークヴィレッジ @GPV_in_SiemReap)があり、それはカナコさんが管理しているので、そちらも参考になります。

ホームページもあり、ほとんどは英語なんですが、日本人のお客さん用の説明が日本語で書かれています。

場所やアクセス方法、電話番号はホームページを見てください。

URL: http://www.greenparkguesthouse.com/

夫と子供

結婚

カナコさんの夫の名前は、Somsokphal Kongさん。

カナコさんや日本人の友人などは「サム」さんと言っています。

現在の年齢は35歳。

上でも紹介しましたが、実家の家族が経営しているGreen Park Village Guest House(グリーンパークヴィレッジゲストハウス)というホテルのマネージャーをされています。

出身地はカンボジアのシェムリアップでホテルがあるところと同じです。今もそこに住んでいます。

出身高校は、10 January high schoolで1995年に卒業されています。

カナコさんとサムさんの間には子供が1人います。長女の娘さんです。名前はまりかちゃん。

現在1歳で超活発な娘さんです。

すごくかわいいですよ~。

母と弟について

家族

カナコさんの母と弟さんは長野に住んでいます。

父親については情報がありませんでした。

名前やプロフィール等がわかりましたが、家族の方は一般の方なのでその存在だけを紹介するだけにとどめておきますね。

【スポンサード リンク】

フォローする

関連コンテンツ
Translate »