大原麗子の結婚歴と渡瀬恒彦との離婚原因の真実!晩年と生い立ちも解説!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 854

孤独

こんにちは。

今回フォーカスしたのは女優の大原麗子(おおはられいこ)さん。

本名は飯塚麗子さんと言います。

ファンとしては非常に残念なことですが、2009年に満62歳の年齡で亡くなられています。

亡くなられた原因や病気に関することが1番注目されているようです。

【楽天】

生い立ちや幼少期、晩年もそうなんですがね。

また、孤独に亡くなられたってことで、その真相がかなり話題になりました。

晩年については後ほど詳しく説明しますが、病気についてもニュースなどで報道されていました。

原因不明の難病である「ギラン・バレー症候群」を発症されていたんです。

さらには、久しぶりとなる主演映画のオファーがあった際に整形をされて失敗したなんて話も。

それで、映画出演が出来なくなってしまったという話もあります。

それが原因で自宅にひきこもるようになってしまいました。

天国

そして、2009年に天国に旅立たれることに・・・。

発見されたのは亡くなられてから3日後。

だから、「孤独に・・・。」と表現されるのでしょう。

実際には寝室で右手で携帯を取ろうとしていたのですが、あと15cmほどで結局届かなかったそうなんです。

そして、そのままこの世を去ってしまわれることに・・・。

孤独

大原麗子さんに関してはいろいろとたくさん気になるところがあります。

本記事では特に、大原麗子さんの結婚歴、元夫の渡瀬恒彦さんとの離婚原因の真実、そして晩年と生い立ちをメインに解説していきます。

たびたび話題になる孤独に亡くなられたことの真相や真実、壮絶とも言われる晩年。

弟の政光さんがそういったことをこれまでにいろいろと語られています。

そんなことも含めて説明していきます。

【スポンサード リンク】

大原麗子の結婚歴

結婚歴

大原麗子さんには2人の男性との結婚歴があります。

その一人が俳優で歌手でもあった渡瀬恒彦さんです。

1973年(昭和48年)に結婚されましたが、1978年(昭和53年)には離婚されています。

気になるのは離婚原因ですが、このことについては後ほど詳しく解説していきます。

ひとつだけ言っておくと、離婚後も大原麗子さんは元夫の渡瀬恒彦さんのことが好きだったそうなんです。

それで再婚後も渡瀬恒彦さんのことが忘れられないでいたことも2度目の結婚後に離婚してしまった原因の1つのようです。

こういったことからすると、離婚の原因や当時の事情が非常に気になってくると思います。

さて、結婚歴の中のもう一人が歌手の森進一さん。

再婚ということになります。

1980年(昭和55年)のことでした。

森進一さんとは結局破局し1984年(昭和59年)に離婚という結果になっています。

子供

以上が大原麗子さんの結婚歴となりますが、元夫である渡瀬恒彦さんと森進一さんとの間に子供はいないのかというところに関心がある人が多いようです。

渡瀬恒彦さんとの結婚生活中に大原麗子さんに子供が出来ています。

しかし、子宮外妊娠だったので胎児が亡くなってしまいました。

流産だったんです。

大原麗子さんは待ち望んでいた妊娠だったので、かなり落胆されたようです。

森進一さんと結婚中にも森さんの子供を身籠っっています。

森進一さんは子供を欲しがっていましたが、結局は仕事の都合から中絶して堕胎したということです。

子供を欲しがっていた森進一さんに対して大原麗子さんの弟さんである政光さんが、離婚して別の女性との間で子供を作ってくださいと頼んだという情報があります。

それがきっかけというか原因で森進一さんは大原麗子さんとの離婚を決意したとも言われています。

いろいろと複雑というか大変な事情が当時はあったんでしょうね。

一方、渡瀬恒彦さんとの離婚原因については大原麗子さんは何か特にはっきりしたことを言っているわけではありません。

このことについてはこの後に解説していきます。

【スポンサード リンク】

渡瀬恒彦との離婚原因の真実

離婚

渡瀬恒彦さんとの離婚原因については元妻である大原麗子さんははっきりしたことを語っているわけではないことはすでに説明しました。

しかし、離婚後も元夫のことが好きだったと・・・。

この件に関しては芸能リポーターや記者として活動されている前田忠明さんが語っています。

前田忠明さんは渡瀬恒彦さんとは親しい関係にあった方です。

二人はもともと嫌いになって別れたわけではないと・・・。

結婚した頃の当時、渡瀬恒彦さんは役者としてどんどん活躍していってました。

東映の専属ということで、仕事の多くは京都の東映撮影所になっていきました。

そういうわけで、生活の拠点を京都に移し一緒に暮らそうと提案したそうなんです。

その一方、大原麗子さんはすでに人気女優になっており、仕事場は東京がメインでした。

ですので、女優をやめて京都で生活するということは無理だったんです。

離婚

そういったことが原因ですれ違いが始まったそうなんです。

そして、結局は離婚に至るという結果に。

弟の政光さんも姉の離婚当時のことを語っています。

子宮外妊娠のことはすでに説明しましたが、その時に緊急手術をして渡瀬恒彦さんから輸血を受けているんです。

離婚後も姉は渡瀬恒彦さんの血が今でも体に流れているから嬉しいと言っていたそうなんです。

離婚しても本当に好きだったんでしょうね。

森進一さんと再婚され、また離婚となりましたが、離婚会見では家庭に男が2人いたと言っていました。

こういったことが、渡瀬恒彦さんとの離婚原因の真実みたいです。

大原麗子さんも渡瀬恒彦さんもともに亡くなられてしまいましたが、あちらの世界でまた会って昔の若い頃などのいろんな話をされているかもしれませんね。

【スポンサード リンク】

晩年について

孤独

3億円の豪邸が弟さんの決断で手放すことになったことが以前話題になりました。

この豪邸を維持していくのは金銭的にかなり大変だったそうです。

また、扱いづらい女優ってことで仕事も激減し、スタッフさんの給料も払えなくなる状態に。

そして、孤独となっていきます。

さらには生活も困窮していきます。

晩年で特に注目されている1つが病気でした。

原因がわかっていない難病「ギラン・バレー症候群」を発症されてしまいます。

ギラン・バレー症候群とは、主として筋肉を動かす運動神経に障害が出て、手や足に力が入らなくなる原因不明の病気です。

すでに少し説明はしましたが、この当時に主演映画のオファーがありました。

映画

本当に久しぶりのオファーです。

この当時、すでに表舞台からは遠ざかった生活をされていたので、自分の顔に自信がモテない状態にあったそうです。

なので、整形を決意されます。

しかし、整形は失敗してこの話はなかったこととなってしまったということです。

こんなこともあり、その後は自宅にひきこもる生活となります。

そして、孤独に亡くなられました。

発見されたのは亡くなられて3日後でした。

このことは悲劇みたいに報道されました。

また、孤独だったってことで、当時はなくなった原因についていろんな憶測が流れていました。

大原麗子さんご自身がどう思われていたのかは気になるところですが・・・。

イタコが大原麗子さんの霊を呼び、こういったことの真相が明らかにされる!みたいなテレビ番組があるそうです。

イタコさんについては当サイトでも記事にしたことがあります。

松田広子さんという有名な方です。

松田広子(八戸のイタコの口寄せ)の口コミや料金は?連絡先やプロフィールもまとめてみた!
こんにちは。 熊本市在住の管理人です。 突然ですが、死後の世界って信じます? 実は管理人のわたしはそんな世界の存在...
松田広子(イタコ)の年齢や結婚は?夫と子供が気になる!LINE占いもリサーチ!
こんにちは。 熊本市在住の管理人です。 テレビの番組表を見てたら、「恐山」や「イタコ」とい言葉を発見して久しぶりに思い出...

大原麗子さんの霊を呼ぶイタコさんが誰になるのかは不明ですが、どういったものかは上の記事である程度わかると思います。

松田広子さんかもしれないですね。

管理人的には大原麗子さんというと華やかなイメージしかありませんでしたが、晩年に関してはその対極にあるような孤独とか病気の生活をされていたことを知ってびっくりさせられました。

この機会にもう一度昔の若い頃の画像や映画などの動画を見てみたいとも思いました。

生い立ちは?

生い立ち

晩年について上では解説したので、最後に生い立ちについても見ていきたいと思います。

これまで説明してきたように波乱万丈の生涯というか人生を歩まれ天国へと旅立たれました。

幼少期からデビュー、そして晩年に関してのテレビドラマが放送されたこともあります。

本があり、それがテレビドラマの原作となっています。

タイトルは「大原麗子 炎のように」です。

記事冒頭の画像がその原作本です。

この自伝ドラマともいうべき「大原麗子 炎のように」は自宅のリビングなどを使って撮影がおこなわれました。

父親は東京都内にある老舗和菓子屋の経営者でした。

東京都文京区で大原麗子さんは生まれました。

家族には母親の俊子さん、そして本記事で何回か名前を出した弟さんがいます。

離婚

小学校6年生の時に両親は離婚しています。

原因は父親の女性関係でした。

父親は5回も結婚されているとのことです。

母親は4番目の妻です。

母親は大原麗子さんだけをひきとって離婚されました。

娘の大原麗子さんと父親との間には非常に根深い確執があったようです。

幼い頃から父親に殴られたりしていて、憎んでいたという情報があります。

生い立ち

このような生い立ちが生前の大原麗子さんにどういう影響を与えていたのかはわかりません。

孤独、病気、両親の離婚、父親との確執など生い立ちから見ていくとかなりいろんなことがあったようです。

幼少期、子供時代にどう思ったり考えたりされていたんでしょうね。

父親も母親もすでに亡くなられています。

天国では確執なども消えてしまって親子でまた再会されたりしているかもしれませんね。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »