タケカワユキヒデ(ゴダイゴ)の妻と娘と今現在は?病気についても解説!

銀河

タケカワユキヒデさんは、ゴダイゴのメインボーカルで、シンガーソングライターや作家もされています。

ゴダイゴは今年2016年でデビュー40周年になります。今年話題になりそうです。

「銀河鉄道999」「ガンダーラ」「モンキー・マジック」が大ヒットしましたね。

今回はゴダイゴのタケカワユキヒデさんに焦点を当て、、今現在、声や歌唱力の劣化説、そして病気についてまとめてみました。

タケカワユキヒデの妻と娘

結婚

タケカワユキヒデさんは、後述する大学在学中に結婚されました。

妻は敦子さんと言います。

子供さんは、息子さんが1人に娘さんが5人。

長女の唯さんと次女の誓さんは、「T’s FACTORY」

そして、三女の基さんと四女の武川アイさんは「T’s COMPANY」というユニットを組んでいます。

子供さんの他にお孫さんもいらっしゃいます。

【スポンサード リンク】

プロフィール

プロフィール

芸名:タケカワユキヒデ

本名:武川行秀

生年月日:1952年10月22日 今現在の年齢は63歳

出身地:埼玉県浦和市(現在のさいたま市浦和区)

身長:172cm

血液型:B型

出身高校:埼玉県立浦和高等学校

出身大学:東京外国語大学英米語学科卒業

ソロでデビューしました。1975年のことです。

「走り去るロマン」でした。これは全曲が英詞です。

さすが、英米語学科卒業ですね。

5歳の時からバイオリン、10歳からは作曲を始めていました。

ソロデビュー翌年の1976年にミッキー吉野さんとゴダイゴを結成。

タケカワユキヒデさんは、ボーカルと作曲を担当しました。

記事冒頭にも書きましたが、「銀河鉄道999」「ガンダーラ」「モンキー・マジック」などたくさんのヒット曲があります。

「銀河鉄道999」はテレビアニメとして放送されていましたが、そこでの曲ではなくて、映画版「銀河鉄道999」の方の歌です。

ところが、1985年年にゴダイゴは活動を休止します。

この期間には、中森明菜さんや松田聖子さんをはじめ、他のアーティストへの楽曲提供やプロデュースをやって、ヒットメーカーとしての地位を確立しました。

1989年にはソロ活動を再開します。

1999年に期間限定ではありますが、ゴダイゴは再結成し、2006年には本当の再結成となり、現在も活動中。

2012年からは帝京大学教育学部客員教授も務めています。

【スポンサード リンク】

今現在は?

今現在

タケカワユキヒデさんの今現在の最新情報を紹介します。

今年2016年4月1日放送の「徹子の部屋」にゴダイゴのメンバーとして出演されます。

ゴダイゴは1976年のデビューですから、今年が40周年ということになります。

タケカワユキヒデさんをはじめ、メンバーの平均年齢はかなり高くなっていますが、誰一人かけていないんです。

今年はゴダイゴの活動に注目ですね!

病気について

music-581732_640

タケカワユキヒデさんが、若い頃の全盛期と比べて歌唱力や声が劣化したなんて話題もありましたね。

それで出てきたのが病気でもされたんじゃないかという噂。

年齢的にもある程度はしょうがないんじゃないかと思います。

特に、何か病気をされたという情報はありません。

単なる噂が広まってしまっただけと思われます。

【スポンサード リンク】

関連コンテンツ

ひと

Posted by コモトピ