長島昭久の妻と娘について!学歴と経歴は?韓国と日本会議との関係もリサーチ!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 61

結婚
こんにちは。

今日も熊本は蒸し暑いですよ!

早く秋が来るのを我慢強く待っている管理人です。

その前に、強烈な熊本の夏を乗り越えなくちゃいけないんですけどね。(笑)

昨日は参院選2016がすごく話題になってましたね。

投票に行かなかった人も結構話題になってました。

その理由とか。

参院選2016

そして、「三分の二」ってのが選挙のキーワードの一つになってました。

この意味わかります?

わからない人は是非調べてくださいね。

おそらく、調べる人はいないだろうけども・・・。(笑)

もう次の注目の話題が始まってます。

東京都知事選

東京都知事選です。

原因はもちろん舛添要一さんの辞任。

東京都知事の舛添要一(ますぞえよういち)さんが、週刊文春のスクープ記事で話題になってますね。 政治資金規正法違反の疑いだとか。...

https://common-topics.com/masuzoe-yoichi-resignation/

ここからすべてが始まりましたね。

気になるのが候補者の人たちです。

小池百合子さんもいますね。

こんにちは。 今回の本記事のテーマは小池百合子(こいけゆりこ)さんです。 東京都知事に立候補されて見事に当選されました。...

都民ではない熊本在住の管理人も注目してます。

現在、都知事候補者として名前が上がっている人の1人に長島昭久(ながしまあきひさ)さんという方がいます。

民進党に所属して衆議院議員をされている政治家です。

いろいろ調べたら非常に興味深い事実が!

そんなわけで、せっかくだから記事にしてみました。

【スポンサード リンク】

長島昭久の妻と娘について

結婚

長島昭久さんは結婚されていて、家族には妻と子供がいます。

子供は長女と次女の娘さんです。

そういえば、サッカーの武藤嘉紀さんの婚約者が長島昭久さんの娘さんじゃないかという噂が以前ありました。

実際は違いましたけどね。

奥さんがどんな方かは不明です。

都知事選に立候補して、当選でもすれば妻と娘さんもテレビに出て来るかもしれませんね。

アメリカに留学していた時は、夫婦で一緒に娘さんの子育てをやってたそうです。

日本に戻ってからは忙しすぎて、家族と一緒にいる時間がほとんだなかったと以前語られていました。

ここで、長島昭久さんのプロフィールを紹介しておきます。

プロフィール

プロフィール

名前:長島昭久(ながしま あきひさ)

生年月日:1962年2月17日 現在の年齡は54歳

出身地:神奈川県横浜市

本籍地:東京都立川市

血液型:A型

学歴はこのあと紹介しますが、男性の2大コンプレックスは、「学歴」と「身長」って言われているのを知ってますか?

それで、身長もついでに調べてみたんですが、さすがにそんな情報はなかったです。(笑)

政治には全く関係のないことですからね。

学歴

学歴

まずは学歴から。

小学校から大学までずっと慶應です。私立の学校ばっかりだったということです。

23年間もの慶應での生活。

出身小学校の慶應義塾幼稚舎からはじまり、中学と高校も慶應、そして出身大学は慶應義塾大学法学部法律学科と政治学科。

法律と政治の2つの学科を卒業されているんです。

さらに、大学卒業後に慶大大学院法学研究科修士課程を修了されています。

大学院では憲法学をおさめられました。

指導教授は、法学者で弁護士の小林節さんです。

ずっと慶應なので、「独立自尊」という慶應義塾の創設者の福沢諭吉さんの精神を叩きこまれたそうです。

政治団体「国民怒りの声」の代表でもあります。

日本国憲法

安倍晋三首相が唱える憲法改正問題がずっと議論されていますが、長島昭久さんはご専門というわけです。

そして、憲法改正に賛成の立場をとられています。

学歴は以上です。すごいですね。

管理人なんかこんな学歴を知ると何も言えなくなります。(笑)

余談ですが、慶応大学時代は応援指導部のリーダー長をされていて、早慶戦の応援団を指揮されていたなんてちょっとホッとする話題もあります。

また、高校時代には日本初のラクロス同好会を創設しています。

学歴のすごさからは考えられないエピソードですね。

大学院の博士課程の在学中には、自民党の石原伸晃さんの秘書をされたり、東京文化短期大学で憲法学の講師をされていました。

【スポンサード リンク】

経歴

経歴

学歴から経歴に関してもおおよその予想はできますね。

これまたすごいです。

そのすべてをここで紹介することはできません。

多すぎるんです。(笑)

オフィシャルブログ、オフィシャルホームページ、Facebook、Twitterがあるのでそれらを参考にするとわかりやすいです。

wikiもあります。

ここでは経歴の概略の紹介のみにしておきます。

まずは、研究者としての経歴があるんです。

大学院を修了された後に、アメリカの大学や研究所の研究員をされていました。

政治家としての経歴が始まったのは、2000年に日本に帰国した後からです。

初出馬は、衆議院東京21区の補欠選挙でした。民主党公認です。

落選

でも、残念ながら落選してしまいます。

そして、3年間は浪人生活をされていました。

2003年には、衆議院議員総選挙に東京21区から出馬されます。同じく民主党公認でした。

結果は初当選。

そして衆議院議員になられたんです。

経歴

その後は、民主党政権の中で防衛大臣政務官、内閣総理大臣補佐官、防衛副大臣などを歴任されてきました。

2013年に民主党副幹事長に就任し、その年に都連幹事長にも就任されました。

2014年の衆議院議員総選挙では5期目当選となりました。

概略になりましたが、長島昭久さんの経歴はこんな感じです。

実際は、たくさんの役職や職歴があります。

また、著書もあります。

政策や主張について詳しく知りたいなら、それらの本も参考になります。

韓国と日本会議との関係

関係

長島昭久さんについて調査していると、「韓国」というキーワードが出てきます。

芸能人や政治家などの有名人や著名人を調べていると、しばしば出て来るのが、韓国、朝鮮、在日、帰化なんてキーワードです。

気になったので調べてみました。

長島昭久さんがご自身のブログで「北朝鮮人権法案」について言及して炎上したことが原因のようです。

韓国や朝鮮が本当の出身地とかいう話ではないです。

日本会議との関係なんですが、日本会議国会議員懇談会に以前は所属していました。

しかし、2015年に日本会議を退会したことをご自身が明らかにしています。

日本会議と安倍晋三総理との関係やメンバーも気になるところです。

【スポンサード リンク】

フォローする

関連コンテンツ
Translate »