米良美一の今現在!病気と身長は?カミングアウトや結婚も解説!

ひと
この記事の所要時間: 713

こんにちは。

今回注目したのは歌手の米良美一(めらよしかず)さん。

世界的なカウンターテナーとしても有名です。

現在の年齢は47歳。

ところで、パッと見た場合に疑問を持つ方も中にはいるようですね。

性別はどっちなの?ってことです。

性別は男性です。

テレビのバラエティ番組なんかに出演されてる時なんかにはそんなにすごい方だとは知らなかった人も多いのではないかと思います。

世界的な評価をされています。

そのため、経歴にもびっくりしたりします。

【楽天】

そんな歌手として有名な米良美一さんなんですが、実は幼い頃から難病を患われているということでも知られています。

小さい頃からハンディキャップを背負いながら音楽をご自分の人生の支えにすることを決め、それに進んでこられました。

音楽大学進学においては、父親と母親で意見の食い違いもあったようです。

そういったことでは、生い立ちなんかも気になるところですね。

昔、過去、若い頃など・・・。

宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」のテーマ曲でよく知られるように。

実際に聞けば誰でもそう思うと思いますが、歌の実力がほんとすごいです!

ちなみに、この映画は米良美一さんの歌でも話題になったのですが、歴代映画興行収入ランキング7位です。

管理人と同じ九州のご出身。

宮崎県西都市なんですけどね。

でも、今は東京都在住です。

今回は、そんな米良美一さんの気になる今現在、年齢や身長、出身高校・大学などのプロフィール、障害や病気について、そして話題となったカミングアウトについて解説します。そして結婚や彼女についても調査!

経歴などについても解説していきます。

【スポンサー リンク】

米良美一の今現在

今現在

米良美一さんの気になる今現在なんですが、テレビやラジオに出演されたり新聞の連載などをされ今年2018年もご活躍中です。

テレビでは歌番組に出演されたり、ラジオ沖縄の「米良美一のメラメラらじお」にも出演中ですし、地元宮崎県の宮崎日日新聞の朝刊の「客論」に連載中でもあります。

このように現在も多方面で活動されています。

記事冒頭に幼い頃から難病であることを記載しましたが、今はどうなのか?

今年2018年(平成30年)3月19日の宮崎日日新聞朝刊の「客論」の中で病気の現在について語られています。

それによると、今でも手足などの骨変形や歪みが随所に見られるそうです。

2014年末にくも膜下出血で倒れ、2015年の1月には水頭症を発症して再手術したことを公表しました。

その後、退院されました。

【スポンサーリンク】

結婚や彼女について

今現在について上で説明しましたが、米良美一さんに関してすごく気になることの一つは結婚や恋愛関係ではないでしょうか?

結論から先に言うと、まだ結婚はされていなくて独身のようです。

以前、自分自身の結婚観について吉田豪さんのインタビュー中に語っていたことが報道されていました。

大学時代に同棲していた経験もあるみたいです。

同棲というか同居というかそんな感じだったそうです。

彼女と言っていいのかわかりませんが、その同棲のお相手は大学の先輩でした。

きちんと結婚しようかというようなところまでいったようですが、最終的にはうまくいかなかったようです。

そんな過去もあったからなのか、結婚は無理だと思うと米良美一さんは昔から言ってこられました。

また、結婚願望はそれほどないと、数年前のインタビューで答えていたことも。

もともとバイセクシャル的な部分があると言っていましたが、結局はどうなるんでしょうね?

今も同じかもしれませんね。

病気による障害と身長について

autumn-961745_640

米良美一さんの身長なんですが、142.7cmと男性としてはかなり小柄です。

すでに紹介した宮崎日日新聞の朝刊に今年2018年に連載中の「客論」の中で身長に関しても述べられています。

3年ほど前にくも膜下出血で倒れ、奇跡的に一命を取りとめられたわけなんですが、その後に久しぶりに病院で身長を測定したら138.7cmに縮んでいたそうです。

客論の中で、ご自分のことを「また可愛くなっちゃった。」って書かれていました。(笑)

なので、コレが公式プロフィール中の身長ということになりますね。

米良美一さんの障害というか病気について気になる人が多いようです。

先天性骨形成不全症を患っていたんです。

すでに紹介したように、この病気は難病なんです。

約3万人に1人くらいの割合でかかるそうです。

小児慢性特定疾患の一つです。

骨がもろくなるんです。

そのため、小さい頃から骨折を繰り返していました。

上で身長を紹介しましたが、伸びなかったのと、さらには両腕も伸ばせないため、小学生時代はしつこくいじめられていたそうです。

背が低くなるというのもこの病気では特徴的です。

この病気によって車椅子生活をされている方が多いと聞きます。

このように、病気によっていろんな障害が引き起こされるんです。

年齢を重ねるほどに少しづつ良くなる場合が多いようですが、基本的には一生付き合っていかなければいけない病気みたいです。

ご本人もそう言われています。

米良美一さんご自身が宮日の中で語られているように、この病気は現代医学では確実に予防する方法や特効薬みたいなのものはないそうです。

そういった難病なので、治療法といっても骨折した時の対症療法がメインだとか。

でも、良くないことばかりかと言うとそうでもないようです。

普段の健康やちょっとした出来事など、それら一つひとつがたまらなく愛おしいそうで、最近特にそう思うようになったそうです。

カミングアウトした内容とは?

米良美一さんは、2007年から自分の生い立ちや病気などのプライベートなことをテレビなどのマスメディアでカミングアウトするようになりました。

【楽天】

そして、自叙伝「天使の声?生きながら生まれ変わる(大和書房)」を出版し、その中でさまざまなことを語られています。

このような経緯から、自分のこれまでの人生で得た経験などをもとにして、全国での講演会などを自ら積極的におこなうようにもなりました。

また、NHK「九州沖縄スペシャル (武田鉄矢の)ただいま!」では、今まで封印してきた過去が明らかにされました。

プロフィールと学歴と経歴

プロフィール

最後になりましたが、プロフィールを紹介して本記事を終わりにします。

名前:米良美一(めらよしかず) 本名でもあります。

生年月日:1971年5月21日 現在の年齢は44歳

出身地:宮崎県西都市

身長:142.7cm → 今の身長は138.7cm

出身大学:洗足学園音楽大学(神奈川県)

地元の西都市立三財小学校に通い始めますが、7歳からは宮崎市の宮崎県立赤江養護学校(現在の赤江まつばら支援学校)に籍を置いての寄宿舎生活をしていました。

中学も高校も養護学校でした。

音楽を自分の人生とすることを決意し、音楽大学に進学することを目指します。

母親は賛成するものの、父親からは反対されています。

最終的には洗足学園音楽大学に進学しました。

大学在学中にテノールからカウンターテナー(男声アルト)に転向します。

カウンターテナーとは、女声の音域を歌うものです。

そして、大学を首席で卒業し、その年に第8回古楽コンクール最高位を獲得します。

大学卒業後に、アムステルダム音楽院にオランダ政府給費留学しています。

このような学歴や経歴があります。

シングル「母の唄」がベストセラーになったことで、業界の関係者に注目されるようになりました。

もののけ姫は大学を卒業してから3年後のことです。

このことで有名になりました。

ちなみに、出身大学の洗足学園音楽大学は主席で卒業されています。

歌などの音楽だけでなくいろんな経歴に関しては米良美一さんのオフィシャルウェブサイトに詳しくまとめられています。

なので、本記事では簡単な紹介だけにとどめておきます。

気になる方は公式サイトでチェックしてみてくださいね。

【スポンサーリンク】

コメント