小池龍之介の出身高校と経歴について!結婚と妻との離婚の原因や理由も解説!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 337

小池龍之介(こいけりゅうのすけ)さんは、浄土真宗系単立寺院沙光山正現寺の住職。

東大卒の天才お坊さんとして「7時にあいましょう」で紹介されます。

今回は、小池龍之介さんの出身高校や年齢、異色の経歴等のプロフィール、結婚、妻との離婚の原因や理由について解説します。

「坊主失格」という本と妻との関係や「家出空間」や「iede cafe」についても紹介します。

衝撃的な過去があったことに驚きます!

【スポンサード リンク】




小池龍之介の出身高校は?

山口

小池龍之介さんの出身高校は、山口県立山口高等学校です。

偏差値は70くらいある山口県内ではかなりの名門校です。

そんな高校から東大ですからね。

なので、管理人は学歴的には何も言うことがありません。(笑)

ただし、大学在学中に留年されています。
出身大学が東大ってことは上にも書きましたが、詳しくは東京大学教養学部です。

ドイツ地域文化研究分科で西洋哲学を専攻されていました。

ついでですが、出身中学は山口市立川西中学校。

ここで、小池龍之介さんのプロフィールをまとめておきます。経歴については後ほど詳しく解説します。

プロフィール

プロフィール

名前:小池龍之介(こいけりゅうのすけ)

生年月日:1978年12月15日 現在の年齢は37歳

出身地:山口県 生まれは大阪府

出身中学:山口市立川西中学校

出身高校:山口県立山口高等学校

出身大学:東京大学教養学部

後で紹介しますが、大学時代はかなり乱れたひどい生活をされていました。

そのことを咎められたことが瞑想を始めたきっかけになりました
父親は小池法雄さんといい、大阪府で中学校の先生をされていました。

小池龍之介さんが11歳の時に山口市の浄土真宗本願寺派正現寺の住職となられます。

母親については特に情報はありませんでした。

【スポンサード リンク】



経歴について

経歴

浄土真宗本願寺派の教師課程で資格を取得した後は、僧侶派遣アルバイトなどをされていました。

そして、父親が住職を務めている寺の副住職をされていました。

父の後任として住職になろうとしましたが、いろいろな問題があって破門処分を受け僧籍削除されてしまいます。

正現寺の第22代住職、そして寺を運営する宗教法人の代表役員に就任します。

2003年には「家出空間」というサイトと寺院とカフェを融合させた「iede cafe」をはじめました。

現在は、座禅や瞑想を一般の方に指導したり、本を執筆するなどの活動もされています。

【楽天】
「坊主失格」という本では、小池龍之介さんの半生を紹介したもので、ダメ男だった時代のことがいろいろ書かれています。

この本の内容はすごいです。

自分の奇行癖、複数の女性と同時進行での交際、妻や母親への暴力などの告白内容が書かれているんです。

小池龍之介さんにそんな過去があったことにびっくりすると思います。

結婚と妻との離婚の原因や理由

離婚

小池龍之介さんは、東京大学に在学中に結婚されました。

相手は当時交際していた彼女です。

いわゆる学生結婚です。

上でも書きましたが、何人もの女性との同時交際なんかしていたように、結婚中に浮気をしていました。

また、妻へは暴力をふるっていたんです。DVですね。

こんな原因や理由で、離婚してしまうことになります。

妻に対して愛情が感じられなかったことがDVにつながったそうなんです。

こんなことも、上で紹介した「坊主失格」には書いてあります。

恋人を自殺未遂に追い込んだことなどまで告白しているんです。

【スポンサード リンク】



フォローする

関連コンテンツ
Translate »