グローリーゴスペルシンガーズのメンバーを紹介!感想や評判は?公演情報も気になる!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 556

教会

こんにちは。

雨が降り止んでホッとしている熊本市在住の管理人です。

ゴスペル(Gospel)って音楽を知ってますか?

キリスト教のプロテスタント系の宗教音楽です。

ゴスペルという言葉自体には「福音」とか「福音書」という意味があります。

この音楽はアメリカ発祥です。

福音書

このゴスペル音楽で有名なグループがあります。

それが、グローリーゴスペルシンガーズ(The Glory Gospel Singers)です。

「のどじまんTHEワールド!」というテレビ番組に出演したこともあるので、知っている方もいると思います。

今回は、グローリーゴスペルシンガーズにフォーカスしてメンバーの名前や担当の紹介や公演やコンサートの感想、評判、口コミについて解説します。

また、日本での公演の最新情報も紹介!

【スポンサード リンク】

グローリーゴスペルシンガーズのメンバーを紹介

ゴスペル

グローリーゴスペルシンガーズのメンバーが気になっている人が多いみたいです。

なので、一人ひとりメンバーの名前や担当を紹介します。

メンバーは全部で10人です。

女性が7人で男性が3人のグループです。

まずは女性メンバーから。

★ フィリス・マッコイ・ジョベルト(Phyllis Mckoy Joubert)

すべて(All)のパートを担当

グループのリーダーでリードシンガーです。

メンバーの声をひとつにまとめ最高にすばらしいハーモニーを作る大事な役割をされています。

★ シャロン・キムバリー・ウィリアムス(Sharon Kimberly Williams)

ソプラノ(Soprano)担当

★ ニッシェル・ジェイ・ムンゴ(Nichelle J.Mungo)

ソプラノ担当

★ シャイラン・ラトレーヌ・ダグラス(Shilan Latrace Douglas)

ソプラノ担当

★ ティファニー・ニコル・マーティン(Tiffany Nicole Matin)

アルト(Alto)担当

★ アンジェル・モニーク・エリズ(Angele Monique Eliz)

アルト担当

★ サリア・ニコル・ダグラス(Saleah Nicole Douglas)

アルト担当

キリスト教

次に男性メンバーです。

★ エリック・フランクリン・サンプター(Eric Franklin Sumpter)

テナー(Tenor)担当

★ リチャード・テレル・ティプトン(Richard Terelle Tipton)

テナー担当

★ トーマス・ジョーダン・ベイカールト(Thomas Jordon Baker)

すべてを担当

以上、グローリーゴスペルシンガーズのメンバー紹介でした。

【スポンサード リンク】

感想や評判や口コミは?

感想や評判と口コミ

結論から言いますね。

グローリーゴスペルシンガーズの感想、評判、口コミはどれもいいです。

ゴスペル音楽の実力、その大迫力の歌声など実際に聞いたことがある人ならわかると思いますが、圧倒されてしまいます。

評価はこれだけではないのがグローリーゴスペルシンガーズのまた違ったすごさです。

公演は観客参加型のステージなんです。

だから、さらに盛り上がります。

観客を舞台に呼んだり、逆にメンバーが観客席に降りたりします。

手を取り合って歌い踊りといったことも公演の魅力です。

アンケートを調べてみると、最高のコンサートだった!という声が殺到したくらいです。

以上のように、感想や評判、そして口コミに関しては特に何も言うことがないほどの評価がほとんどのようです。

管理人の意見を最後に言わせてもらいます。

チケット料金がもう少しやすければ!ってとこです。

でも、日本にやってきてすばらしい公演となることははじめからわかっているので、安い料金ともいえます。

グローリーゴスペルシンガーズの公演にいける人が羨ましい管理人です。

上演時間は約2時間で休憩が15分の予定になっています。

公演情報2016

グローリーゴスペルシンガーズの歌声を聞いてしまったら、公演やコンサートに行ってみたいと思いますよね。

今年2016年には「Christmas Gospel 2016」という公演が日本で開催されます。

演奏予定曲は次のようになります。

Noel、Silent Night、Jingle Belle、We Wish Merry Christmas、Oh Holy Night、Christmas in a Minutes

曲はこれだけでなく他にもあります。

今度で10回目の来日公演となります。

楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

「天使にラブソングを…」はリクエストが多く、この中からの名曲は公演では最大の盛り上がりをみせます。

やはり、本場のゴスペル音楽というものはすごくて圧倒されます。

グローリーゴスペルシンガーズの大迫力の歌声というものは、日本ではなかなかみられるものではありませんね。

すでに紹介しましたが、メンバーひとり1人の実力が高い証拠だと思います。

公演日程などの詳細はテイト・コーポレーション(TATE CORPORATION)のホームページに記載があります。

チケットの申込みもそちらに詳しく説明されています。

ちなみに、全席指定の税込です。

プロフィール

プロフィール

グローリーゴスペルシンガーズ(The Glory Gospel Singers)は1996年にニューヨークで結成されました。

アメリカでトップのゴスペルグループです。

カーネギー・ホールやリンカーンセンターで公演したりした経歴があります。

ダイアナ・ロスさん、ホイットニー・ヒューストンさん、アレサ・フランクリンさんが絶賛しているほどの歌声を持っています。

アメリカの1000以上もの教会、そしていろんな音楽祭でも旋風を巻き起こしました。

ニューヨークをメインに活動し、全米コンサートを開催したりもしています。

また、世界の188ヶ国で192ツアーを行ってもいます。

2008年からは、日本で毎年恒例のクリスマス・ゴスペル・コンサートを開催しています。

ジブリソングを日本語でカバーした「天使にアニメ・ソングを・・・」が話題になったのを覚えている方も多いと思います。

メンバーは日本のテレビ番組に出演したりもしています。

その中の一つが記事冒頭でも紹介した「のどじまんTHEワールド!」です。

この番組ではSONG FOR JAPAN特別賞を受賞しています。

今回の出場の結果も楽しみですね。

【スポンサード リンク】

フォローする

関連コンテンツ
Translate »