森田浩介(九州大学・理研)の妻と子供は?出身高校や経歴も紹介!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 418

元素

こんにちは。

ノーベルウィークが始まり、これまでノーベル賞を受賞する可能性の高い方々の名前が話題になってきました。

今年2016年には初日からノーベル生理学・医学賞を日本人の大隅良典さんが受賞されて昨日から大変なニュースとなっています。

大隅良典(東京工業大学)の妻と子供は?出身高校と大学と経歴もリサーチ!
こんにちは。 いよいよ毎年恒例の「ノーベルウィーク」ですね。 楽しみにしている人は多いと思います。 管理人もその1...
その他の候補者には次の方々がいます。
本庶佑の妻と息子と娘について!出身高校と大学もチェック!
こんにちは。 今日は休日の熊本市在住の管理人です。 今日は敬老の日なんですよね~。 文化勲章を授与され、ノーベル賞...
森和俊(京都大学教授)の経歴や出身高校は?妻と子供も調べてみた!
こんにちは。 今日から「ノーベルウィーク」です。 毎年のことながら、ノーベル賞の有力候補が話題になります。毎年のように名...
水島昇(東京大学)の家族や経歴が気になる!出身大学と高校もチェック!
こんにちは。 2016年のノーベル賞受賞者が発表される「ノーベルウィーク」に入りましたね。 日本人から受賞者が出るのかの...
細野秀雄(東京工業大学)の出身高校は?経歴や家族も解説!
こんにちは。 誰もが注目するノーベル賞の発表が始まります。 いわゆる「ノーベルウィーク」です。 有力候補はたくさん...
飯島澄男(名城大学)の出身高校は?妻と子供が気になる!経歴と家族もリサーチ!
こんにちは。 2016年の「ノーベルウィーク」が始まって、初日からノーベル生理学・医学賞で受賞者がでてしまいましたね。 ...

森田浩介(もりたこうすけ)さんは九州大学教授であり、理研(理化学研究所)のグループディレクターをされている方です。

日本で初めて発見された元素があります。113番目の元素で「ニホニウム」というものです。

この元素の命名をした1人が森田浩介さんなんです。

ダーゲンス・ニーヘーテル(Dagens Nyheter)というスウェーデンの有力紙がノーベル賞の予想で森田浩介さんの名前を掲載しました。

ということは、有力候補ってわけです。

今回は、森田浩介さんの妻と子供、出身高校や大学などの学歴、そして経歴をメインに紹介します。

その他にプロフィールなども解説していきます。

【スポンサード リンク】

森田浩介の妻と子供

結婚

森田浩介さんには妻の美栄子さんがいらっしゃったんですが、残念ながら2008年に病気で亡くなられているんです。

奥さんは高校の同級生で森田浩介さんの方が猛烈なアタックをして遠距離恋愛にこぎつけました。

そして結婚されたんです。

研究が忙しくて家を留守にすることが多かったそうで、亡き妻の美栄子さんにはさみしい思いをさせてしまったと語られています。

しかし、奥さんの方は夫の森田浩介さんをいつも励ましてくれていたそうです。

そのことがどれだけ励みになったかわからないと述べられています。

夫をしっかり支えていた立派な妻でした。

113番元素の命名権が与えられた時には、真っ先に妻の美栄子さんに報告されたということです。

出身高校は?

出身中学と高校

森田浩介さんの出身高校は大分県立別府鶴見丘高等学校です。

出身大学は九州大学です。

ちなみに、出身中学は別府市立中部中学校です。

大学卒業後に大学院に進学されています。

そして、 九州大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程を満期退学されています。

以上が学歴です。

【スポンサード リンク】

経歴

経歴

次に経歴について説明しますが、九州大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程以降のものになっています。

ノーベル賞候補ですから、経歴がすごいものであることは容易に想像できます。

箇条書き風にまとめて解説します。

1984年:理化学研究所サイクロトロン研究室研究員補

1991年:理化学研究所サイクロトロン研究室研究員

1993年: 九州大学で理学博士の学位を取得

1993年: 理化学研究所サイクロトロン研究室先任研究員

2004年:森田浩介さん達の研究グループが113番元素(仮称はウンウントリウムで、後にニホニウムと命名される)を発見

2006年:理化学研究所の仁科加速器研究センター・RIBF研究部門・超重元素研究グループ・超重元素合成研究チームのチームリーダー(准主任研究員)

2013年:九州大学大学院理学研究院実験核物理教室教授
元新潟大学と東京理科大学の客員教授でした

2015年度:北海道大学理学部と奈良女子大学理学部で集中講義

今現在は九大大学院理学研究院教授であり、また理化学研究所グループディレクターをされています。

やはり経歴についてはすごいものがありますね。

受賞歴も多数あります。下のようになります。

2005年:The GSI Exotic Nuclei Community Membership Award、仁科記念賞、井上学術賞

2006年:日本物理学会第11回論文賞

2012年:ナイスステップな科学者

2016年:日本学士院賞

さすがノーベル化学賞の有力候補ですね。

プロフィール

プロフィール

最後になりましたが、プロフィールを紹介します。

名前:森田浩介(もりたこうすけ)

生年月日: 1957年1月23日 今現在の年齡は59歳

出身地:北九州市若松区

出身中学:別府市立中部中学校

出身高校:大分県立別府鶴見丘高等学校

出身大学:九州大学

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »