桐島洋子の家系は?自宅がすごい!元夫と子供についても解説!

ひと
この記事は約5分で読めます。

c2a70d53c018a246ca1a7d21c79409a3_s

桐島洋子について

桐島洋子(きりしまようこ)さんは、日本のエッセイストであり、ノンフィクション作家でもあります。

後ほど詳しく解説しますが、桐島さんは由緒ある家系のご出身なんです。

華麗なるセレブ一族にお生まれになったんです。

「爆報!THE フライデー」で桐島さんがゲストとして出演します。

有名人や芸能人の中には実家や家族が実はすごい!って人が結構います。

そんな中の一人が桐島洋子さんです。

管理人のわたしはこれまで名前だけは知っていました。

文藝春秋の「長寿の食卓」や「アンチエイジング読本」などの本の中で桐島さんの文章を読んだことがあったからです。

料理ブームの火付け役となったのが、「聡明な女は料理がうまい」という本。男性も大歓迎の料理教室も開催されていました。

それで、いい機会ということで桐島洋子さんいついてもっと調べてみようと思ったのが、本記事を書こうと思ったきっかけです。

まずはプロフィールを紹介しておきます。

生年月日は、1937年7月6日。現在の年齢は78歳。

出身地は東京都文京区。現在は東京都目黒区に在住。血液型はA型。

出身中学は清泉女学院中学。この中学校は神奈川県鎌倉市にある私立の中高一貫校です。学校名からわかるように女子校です。

清泉女学院中学高等学校のwikipediaには桐島さんの名前が著名な卒業生のリストの中に書かれています。

ちなみに、今現在の偏差値は64くらいです。

出身高校は都立駒場高校。この高校は東京都目黒区にあります。ちなみに、偏差値は66くらい。

出身中学も出身高校もともに偏差値が高いですね。

清泉女学院は高校もあるのになぜ都立駒場高校に進学されたのかはわかりません。

私立中から公立高校への進学ですね。

高校卒業後に文藝春秋新社(現在は文藝春秋社)に入社。

二十歳の時に雑誌「文藝春秋」の記者になります。その後、桐島さんは、会社に内緒で長女(モデル)を出産。

相手は26歳も年上のアメリカの退役軍人です。

ところが、この人は結婚してて妻がいたんです。

それで「未婚の母」として長女を産みました。

船上で次女(エッセイスト)を 出産。ヴェトナム従軍記者時代に長男(写真家)を妊娠し、出産します。

【スポンサード リンク】

家系はあの財閥

桐島洋子の家系

桐島洋子さんの祖父は三菱財閥の重役、つまり大御所。

由緒ある家系に生まれました。

桐島さんの父も三菱財閥で働いていました。教養のある人。文化人でした。

その父からたくさんのことを教えられ学んだそうです。

100年ぶりの女の子というわけで大変祝福されたそうです。

桐島さんによると、インテリの家系だそうで、大学に行くのが当たり前というような家柄でした。

そんな家に生まれた桐島さんでしたが、勉強嫌いだったそうです。(笑)

祖父が亡くなった後、父は上海に行き、新聞社を経営します。家族も一緒です。

戦後は明治屋のPR誌の編集に携わりました。

母は大変な美人で、いわゆるモダンな人でした。

嫁姑問題で苦労したことから、結婚を虚無的に考えていて、桐島さんに対して男性に頼らず生きていける職業夫人になることをすすめていたそうです。

このような家系の中で桐島さんは生まれ育ってきました。

【スポンサード リンク】

自宅がすごかった!

efb0b2833da558032c1f26937137f8be_s

桐島洋子さんの自宅は、異国情緒という言葉がピッタリの横浜の緑と爽やかな潮風が吹く環境の中にあります。

東京都目黒区の自宅は「骨董部屋」と呼べるほどすごいものです。

外国のすっきりとしていておしゃれな骨董品屋を覗いているような錯覚をおこさせるような部屋です。

品がよいというか趣味が良い食器類や家具、そして大変貴重な骨董品のコレクションが飾られています。

西太后の虫カゴなど。これらは中国では国宝級です!

愛新覚羅(あいしんかくら)家の紅いタンスなどは、その歴史的価値もすごいんですが、見た目もすばらしい!

でも、普通に扱われています。

そんなことしていいのか!って管理人はちょっと心配してしまいました。

余計なお世話かもしれませんが・・・(笑)

鑑定された値段はなんと2億円!

骨董品のコレクションからも大変な家柄だとわかりますね。

元夫について

【楽天】

桐島洋子さんの元夫についてですが、複数の男性との関わりがありました。

その中には事実婚の関係にあった人もいます。

しかし、元夫ということで、正式に結婚して婚姻状態にあった方だけを紹介しておきます。

正式な夫ということでは、次に紹介する勝海さんだけです。

桐島洋子さんは、45歳の時(1982年)に12歳年下の勝見洋一さんと結婚します。勝海さんは美術鑑定家でもありエッセイストでもあります。

料理研究家でもありました。

ところが、2002年に桐島さんと勝見さんは離婚しました。

離婚の原因とか理由は不明です。

この件に関しては1つ興味深い事実があります。

結婚して5年目から桐島さんと勝見さんは、署名して捺印までした離婚届をお互いが持っていて、自由な関係の状態にしておいたそうです。

このことから考えると、お互いにいつでも離婚してもいいという同意があったのは事実だと思います。

お互いに何かがあった場合は・・・。

今現在は独身です。

子供はあの有名人!

IMG_2600

桐島洋子の子供さんについて紹介します。

長女は桐島 かれんさんです。モデルや女優、歌手、タレントでもあります。有名人だから知っている人は多いと思います。

House of Lotus」(ハウス オブ ロータス)のオーナーでもあります。

桐島洋子さんが未婚の母として産んだのがかれんさんです。

上にも書いたように父親はアメリカ人です。

長男は桐島ローランドさん。写真家などをされていて、現在はAvattaの代表取締役をされています。

次女は桐島ノエルさん。エッセイストです。

桐島さん親子は全員有名人です。

桐島洋子さんについてはまだまだ書きたいことがありましたが、多すぎて断念しました。(笑)

また機会があれば今現在の状況などを紹介したいと思っています。

桐島さんは調べればしらべるほど、すごい女性だということがわかります。

女性ということではなく、1人の人間としても非常に興味深い人です。

桐島洋子さんのホームページが見てみたいと思う人もいるかもしれませんね。オフィシャルサイトやブログ、Facebookがあるので興味がある人は見てください。

【スポンサード リンク】

コメント