金杉太朗の結婚と妻と子供について!若林志穂との関係もリサーチ!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 426

家族

「天までとどけ」という大家族をテーマにしたホームドラマが過去にありました。

長寿番組でした。

懐かしく思う方も多いと思います。

父親の雄平役が綿引勝彦さんで、母親の定子役が岡江久美子さんでした。

子供が13人もいたというのがすごいところです。

年齢順に名前を紹介すると、正平(しょうへい)、待子(まちこ)、信平(しんぺい)、公平(こうへい)、五郎(ごろう)、六都子(むつこ)、七穂子(なほこ)、八菜子(はなこ)、九(ひさし)、十郎(じゅうろう)、士郎(しろう)、十次郎(じゅうじろう)、十実子(とみこ)です。

昔のドラマですが、若い頃の高校教師役で竹内力さんも出演されていました。

大家族のホームドラマなので心温まる内容だったりするんですが、出演者のその後に次々と悲劇が起こっているところがなんとも皮肉としか言えません。

そんな1つが悲しい別れでした。

悲劇

悲劇とも言えます。

それが、三男の公平(こうへい)役を演じていた金杉太朗(かなすぎたろう)さんが2008年に亡くなられたことです。

満33歳でした。

原因は東京メトロ有楽町線池袋駅でホームから線路に転落したことによるものです。

亡くなった理由は脳挫傷でした。

かなりの泥酔状態だったので転落したようです。

泥酔の理由は不明です。

この件で長女の待子(まちこ)役を演じていた若林志穂さんの精神にある異変が!

精神

これ以前にも大変なことがあって、金杉太朗さんが亡くなられたことも加わって完全に芸能界を引退されてしまいました。

金杉太朗さんは亡くなる前にはすでにご結婚されていました。

そんなわけで今回は妻と子供について、そして若林志穂さんとの関係にフォーカスします。

その他に、プロフィールなども紹介します。

金杉太朗さんは金八先生にも出演されていました。

18年ぶりに「天までとどけ」で子供役をされていた方々が集合されますが、全員集まることはできません。

金杉太朗さんが出席できないからです。

【スポンサード リンク】

金杉太朗の結婚と妻と子供

結婚

金杉太朗さんがご結婚されていたことはすでに説明しました。

1999年に結婚されました。

妻の名前は香織さんといいます。

奥さんに関してはこれくらいしか情報はありません。

今現在どうされているのかは不明です。

子供さんもいたようなんですが、情報なしです。

駅のホームから線路に転落されたわけなんですが、結局意識が戻ることなく亡くなられました。

最期は妻や親族の方々に見守られながら天国へと旅立たれました。

葬儀には父親役の綿引勝彦さんや母親役の岡江久美子さんらが出席されました。

金杉太朗さんは33歳という若さで亡くなられたんで、妻も当時はかなり若かったでしょうから大変だったでしょうね。

子供さんもいたならなおさらです。

現在は再婚されている可能性もありますね。

【スポンサード リンク】

若林志穂との関係

関係

若林志穂さんとの関係についてはすでに少し説明したように、ドラマ「天までとどけ」内で姉弟役の関係にありました。

これについては特に問題はないんですけどね。

若林志穂さんはあることがきっかけでPTSD(心的外傷後ストレス障害)となり、芸能活動を休止してしまったんです。

ものすごい精神的なショックを受けられました。

自宅から稽古場に行く途中で悲惨な状況を目撃してしまったんです。

詳しいことはネットで調べればすぐにわかるので省略しますが、そんなことがあったんです。

それだけでも大変なのに、その後に起こったのが金杉太朗さんが亡くなられたことでした。

ドラマ内でもそうでしたが、現実世界でも家族のような絆がお二人にはありました。

すごく深い悲しみに襲われました。

当然、再び体調が悪化してしまい、結局は芸能界を完全に引退してしまうという残念な結果になったんです。

こういった関係が若林志穂さんとの間にあったんです。

「天までとどけ」というテレビドラマは知ってますか? 大家族を題材にしたホームドラマでした。 父親役が綿引勝彦さんで、母親...

プロフィール

プロフィール

最後にプロフィールを紹介します。

芸名:金杉太朗(かなすぎ たろう)

本名:深沢太朗

生年月日:1974年8月17日 2008年8月2日に満33歳で亡くなられています

出身地:神奈川県川崎市

身長:165cm

子役時代は「3年B組金八先生」などいろんなドラマに出演された経歴をお持ちです。

当時は劇団日本児童に所属されていました。

その後に、ドラマ「天までとどけ」シリーズで三男の丸山公平役で人気が出ます。

それ以後はいろんなドラマで活躍されました。

亡くなられたのが俳優としての絶頂期だったものですからすごく残念であったのはいうまでもありません。

最後に所属されていた事務所は希楽星でした。

出身高校や中学などの学歴は不明です。

【スポンサード リンク】

フォローする

関連コンテンツ
Translate »