秋本治(こち亀作者)の妻と娘は?家族が気になる!自宅と年収もチェック!

葛飾ひと
この記事は約4分で読めます。

葛飾

こんにちは。

台風12号が近づいているので警戒している熊本市在住の管理人です。

こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載終了のニュースには驚きましたね。

40年もの長い間の連載でした。

原因や理由が気になった人がかなり多いはずですが、「こち亀」の作者である秋本治(あきもとおさむ) さんによると、健康上の理由ではないとのことで安心しました。

200巻を一つの区切りにしたいとのことでした。

こちら葛飾区亀有公園前派出所200巻 40周年記念特装版【電子書籍】[ 秋本治 ]【楽天】

予約受け付けやっています。

200巻が最終巻になるというわけです。

ワイドナショーに出演されて「こち亀」終了の裏話が聞けるようです。

自宅の仕事場も公開されるようです。

そんなわけで今回は、秋本治さんの妻と娘、家、自宅や年収について解説していきます。

生い立ちなども気になりますね。

【スポンサー リンク】

秋本治の妻と娘

結婚

秋本治さんは結婚されていて妻と子供がいます。

子供は娘さんで2人います。

おもしろい話があります。

妻は「こち亀」を読んでいるそうなんです。

娘さんは1人は読んでるけど、もう一人の娘さんは読んでいないそうです。(笑)

ここでプロフィールを紹介します。

プロフィール

プロフィール

名前:秋本治(あきもとおさむ) 本名です

旧ペンネーム:山止たつひこ(やまどめたつひこ)

生年月日:1952年12月11日 今現在の年齢は63歳

出身地:東京都葛飾区亀有

身長:167㎝?

出身高校:本郷高校デザイン科

特技:締め切りに遅れないこと

生い立ちと漫画と「こち亀」についても少し触れておきます。

生い立ちと漫画と「こち亀」

生い立ち

父親は、秋本治さんが9歳の時に亡くなられています。

母親の手一つで育てられました。

小学校23年生くらいから漫画らしきものを描き始めています。

そして、小学5年生になると漫画家にあこがれるようになりました。

中学校入学後、母親に買ってもらった石森章太郎さんの「マンガ家入門」』をボロボロになるまで読み込み、ペンの種類や描き方などを知ることになります。

高校時代には「マンガ劇画同好会」を立ち上げたりされています。

高校卒業後はアニメーターを志していました。

その後、タツノコプロに入社します。

しかし、退社することになります。

理由は、母親が病気で入院していたためです。

看病が週に1度くらいしかできなくなったからなんです。

母親が亡くなった後、「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)を新人賞に応募します。

月例ヤングジャンプ賞入選作に選ばれで「週刊少年ジャンプ」に読切として掲載されました。

「山止たつひこ」というペンネームは山上たつひこさんの名前をもじったものです。

そして、1976年に「週刊少年ジャンプ」42号から「こち亀」の連載が開始され今に至ります。

学歴や生い立ちなどのプロフィールは以上のようになります。

有限会社アトリエびーだまの社長もされているという経歴もお持ちです。

【スポンサー リンク】

家族は?

家族

秋本治さんの家族については、上でで紹介した妻と娘さん2人乗他に義父がいます。

5人家族なんです。

自宅がすごい!

自宅

秋本治さんの自宅は葛飾区にある一軒家の豪邸だそうです。

以前、テレビの「情熱大陸」で仕事場というか仕事部屋は公開されました。

これまで自宅は非公開でしたが、ワイドナショーに出演して仕事場が公開されるようなので、自宅のことが明らかになるかもしれませんね。

豪邸には間違いないと思いますが、どんな外観してて仕事部屋以外はどうなっているかも興味あるところです。

年収が気になる!

年収

秋本治さんの年収が非常に気になっている人が多いと思います。

これまでのこち亀の発行部数などから考えてかなりの年収であることは確かです。

さいとうたかをの妻と子供は?年収も気になる!リイド社と兄との関係もリサーチ!
こんにちは。 今回フォーカスしたのは漫画家のさいとうたかをさん。 ちなみに、本名は斎藤 隆夫さんといいます。 ゴルゴ13等の作品で有名ですね。 詳細はのちほど・・・。 ところで、山でイノシシに追いかけら...

「ゴルゴ13」の作者のさいとうたかをさんや「ワンピース」の尾田栄一郎さんクラスであると管理人は思っています。

そうなると、秋本治さんの年収は数億くらいあるのではないかと思われます。

それにしてもすごいですよね!

【スポンサー リンク】

コメント