さいとうたかをの妻と子供は?年収も気になる!リイド社と兄との関係もリサーチ!

妻 ひと
この記事は約5分で読めます。

妻

こんにちは。

今回フォーカスしたのは漫画家のさいとうたかをさん。

ちなみに、本名は斎藤 隆夫さんといいます。

ゴルゴ13等の作品で有名ですね。

詳細はのちほど・・・。

ところで、山でイノシシに追いかけられて振り切ったことが2回ある熊本市在住の管理人です。(笑)

今日も朝早くから超暑いです。

セミの鳴き声はうるさいし。

今日の朝、ゴールデンレトリバーの散歩中に、クヌギの林でノコギリクワガタを発見しました。

久しぶりに見ましたよ。

ノコギリクワガタ

小学生の時には毎日のようにクワガタ捕りに行ってました。

もうすぐ夏休みですが、今の小学生も同じなんでしょうかね。

クワガタやカブトムシがホームセンターにも売ってあるんで、捕りに行く子供って少ないのかもしれません。

熊本地震から3ケ月くらい経ちましたが、最近はほとんど地震もなくちょっと安心してますが、まだまだ油断は出来そうもないですね。

大地震をテーマにした漫画ってあるんですよ。

管理人はその漫画本を持ってます。

サバイバル

タイトルは「サバイバル」といいます。

さいとうたかをさんの作品で、管理人が大好きな漫画の中で1位です。

内容はタイトル通りで、大地震発生後に主人公の少年がサバイバルしながら離れ離れになった家族を探しに行くんです。

サバイバルに関しては記事の最後の方で説明します。

バロム1などの作品なんかも合わせて試し読みや無料で読みたいって方も中にはいると思います。

そんなサービスがあります。

スキマ時間に無料漫画
10000冊以上読み放題

管理人は山によく行くんで、サバイバル術とかとても気になります。

サバイバルといえば、小野田寛郎(おのだひろお)さんもすぐに思い出しますね。

戦争が終わって29年も経ってからフィリピンのルバング島から日本に帰還された方です。

アウトドア

その詳細なサバイバル術と生活が紹介されてる本があります。

この本もおすすめです。

前置きが長くなってしまいました。(笑)

アウトドアとかサバイバルって聞くと、ついつい夢中になってしまう管理人なんです。

今回は、漫画家のさいとうたかをさんについて気になることをまとめてみました。

一般的には、さいとうたかをさんといえば、「ゴルゴ13」なんでしょうけど、管理人的には「サバイバル」の方が好きです。

【スポンサー リンク】

さいとうたかをの妻と子供について

結婚

さいとうたかをさんの結婚や妻や子供さんの情報はほとんどありませんね。

wikiを見ても元妻のことがちょっと記載してあるだけです。

実は、3回も結婚されてるんです。

ということは、2回の離婚歴があるってことですね。

子供さんが3人で、お孫さんが1人いらっしゃいます。

しかも、全員女性。

つまり、全員娘さんなんです。

元妻の1人がセツコ・山田さんです。本名は斉藤節子さん。旧名は山田節子さん。

さいとうたかをさんとの間に2人の娘さんがいます。

商業誌で猫の漫画を描かれています。

また、「猫おばさん」というサークル名で猫や犬の漫画などを発行して、同人誌即売会「コミックマーケット」に参加されています。

「セツコの部屋」というサイトもあります。

娘さん2人は、「ぷー&すー」として同人誌や商業誌で活動されています。

これくらいの情報しか得られませんでした。

プライベートな部分はちょっと謎めいてますね。

【スポンサー リンク】

年収ってどれくらい?

年収

漫画家の収入は「原稿料」と「印税」を合わせた額で決まります。

年収でトップクラスとして思い浮かぶのが、「ワンピース」の尾田栄一郎さんではないでしょうか?

管理人と同じ熊本出身だし、出身高校や大学もよく知ってます。

年収は億単位だそうです。

これに匹敵するのが、さいとうたかをさんです。

同じく億クラスです。

例えば、2015年現在までの「ゴルゴ13」について見てみると、発行部数が2億部です。

この部数から予想される印税だけで、110億を軽く超えています。

というわけで、さいとうたかをさんの年収は数億と考えていいと思います。

「こち亀」の連載が終了になるってことですごく話題になりましたね。

作者の秋本治さんも同じクラスの年収があるんじゃないでしょうか。

秋本治(こち亀作者)の妻と娘は?家族が気になる!自宅と年収もチェック!
こんにちは。 台風12号が近づいているので警戒している熊本市在住の管理人です。 「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載終了のニュースには驚きましたね。 40年もの長い間の連載でした。 原因や理由...

リイド社と兄には関係が!

漫画

さいとうたかをさんの漫画制作プロダクションが「さいとう・プロダクション」なんですが、その出版部門が独立してできた会社が「リイド社」です。

そして、「さいとう・プロダクション」と「リイド社」の代表取締役を務めていたのが、兄の斎藤發司(さいとうはつじ)さんなんです。

今年2016年6月に84歳で亡くなられました。

サバイバルが面白すぎる!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
【楽天】

さいとうたかをさんといえば、「ゴルゴ13」の名前ばかりが出て来るんですが、管理人のイチオシは「サバイバル」です。

記事冒頭の方にも書いたように、大地震後に主人公の少年がサバイバル生活をしながら家族探しの旅をするというストーリーです。

あんまり詳しくあらすじを書くとネタバレになってしまうので説明はこれくらいでやめておきます。

サバイバルの試し読みならココ!

かなり古い漫画ですが、サバイバルの豆知識みたいなことも結構書いてあってかなり面白いです。

管理人が所有しているのはワイド版です。

一冊一冊がかなり分厚いです。

コロコロコミック以上の分厚さです。

通常版もあるので、興味があったら是非読んでくださいね。

【スポンサー リンク】

コメント