杉本昌隆の学歴や弟子は?結婚や家族もチェック!将棋研究教室も紹介!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 356

将棋

こんにちは。

毎日将棋の話題ですごいですね~。

将棋棋士の藤井聡太(ふじいそうた)さんがこのブームとも言える現象の火付け役ですよね。

管理人自身も小学生の頃から将棋をやっていますが、毎日これほど藤井聡太さんが注目されるとは思いませんでした。

将棋以外にも食事とか学校のこととか両親のこととか、とにかくいろんな話題がニュースになっている状況はちょっと異常ともいえるかもしれません。(笑)

藤井聡太のモンテッソーリ教育法とは?スタディ将棋やおもちゃと遊びも紹介!
こんにちは。 連日、将棋の話題がすごいです。 その主役が将棋のプロ棋士である藤井聡太(ふじいそうた)さん。 なんと...

やはり天才と呼ばれる人は注目されてしまうんですよね。

どの分野にもかかわらず・・・。

ところで、本記事でフォーカスするのは杉本昌隆(すぎもとまさたか)さん。

今現在の年齡は48歳。

将棋

若き天才棋士である藤井聡太さんの将棋の師匠です。

ちなみに7段です。

杉本昌隆さんの師匠は板谷進九段です。

そういった意味では注目に値する方ってことです。

そんなわけで今回は、杉本昌隆さんの学歴や弟子、結婚や家族、そして全国にある将棋研究教室をメインに解説していきます。

やはり、妻と子供さんは気になるところです。

では、早速本題へ。

【スポンサード リンク】

杉本昌隆の学歴

学歴

杉本昌隆さんは天才棋士と言われる藤井聡太さんの師匠ってことで、やはり天才的な方なのかと興味を持ちました。

高学歴の将棋棋士や女流棋士って結構多いんです。

将棋と学歴との間にしっかりとした関係があるかどうかはここではひとまず置いといて学歴をリサーチしてみました。

弟子の藤井聡太さんが高校に進学するのかどうかも話題になってますよね。

かなり調べてみたんですが、出身中学や高校などの学歴に関する情報がないんですよね。

中学は卒業されているだろうけど、もしかしたら高校には進学されていないのかもしれませんね。

【スポンサード リンク】

弟子について

将棋

弟子はすでに紹介した藤井聡太さんがいるんですが、その他に女流棋士もいます。

1人は室田伊緒さん。

現在の年齡は28歳で女流二段です。

元夫は囲碁棋士の井山裕太さん。

井山裕太の出身高校と年収は?妻との離婚原因と結婚にもフォーカス!
井山裕太(いやまゆうた)名人は、日本棋院関西総本部に所属している囲碁棋士です。 囲碁界最強とも言われてます。 囲碁界初の...

そして、もう一人が中澤沙耶さん。

今の年齡は21歳で女流初段です。

結婚や家族は?

結婚

杉本昌隆さんはご結婚されていてご家族がいらっしゃいます。

妻の名前は友美子さん。

9歳年下だそうです。

出会いはスポーツ施設でした。

この施設に行くようになったきっかけは、体力を増進させることをファンに勧められたからです。

そこで杉本昌隆さんが後に奥さんとなる友美子さんを見初めたんだそうです。

将来の妻は当時26歳でした。

プロフィールを紹介しておきますね。

出身地は兵庫県西脇市。

高校まではそこで生活されていました。

その後、名古屋市立栄養専門学院を卒業されました。

栄養管理士の資格をお持ちで、スポーツ施設で運動に関する全般的な指導をされていたんです。

ところで、子供さんがいるかも気になるところですが、今のところは情報なしです。

息子さんか娘さん、またはその両方がいる可能性もありますが、よくわかっていません。

子供さんがいるとしたら、将棋をさせているのかどうかも興味あるところです。

将棋研究室の全国の将棋教室を紹介!

将棋教室

将棋教室というのは、「杉本昌隆将棋研究室」というものです。

指導してくれるのはもちろん杉本昌隆七段。

将棋が好きな人なら誰でもってことですが、対象者は初級者から有段者となっています。

住所は愛知県名古屋市東区大曽根となっています。

毎週金曜日の16時30分からです。

指導対局、自由対局、大盤解説(不定期)を教えてもらえます。

気になるのは指導料などのお金関係ですよね。

入会金は10000円です。

月謝は、大人が10000円、女性と中学生が7000円、そして小学生が6,000円。

問い合わせ先は「sugimoto197-shogi@memoad.jp」

名前とフリーメールアドレス(Gmail、Yahoo!メールなど)以外のメールアドレスを伝えればよいです。

そうすると、場所や指導内容等の詳細を連絡してもらえます。

また、FAX番号でもいいそうですよ。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »