ゴルバチョフ大統領の今現在!昔の若い頃は?孫や娘も気になる!

2019年6月9日

今回注目したのはゴルバチョフ大統領

正確には旧ソ連の元大統領と言わねばいけませんね。

ゴルバチョフさんが書記長に就任後におこなったソ連の改革である「ペレストロイカ」という言葉を思い出す方も多いと思います。

ゴルバチョフ大統領に関してまず一番気になるのは今現在どうしておられるのかと言うことだと思います。

【楽天】

詳細は後ほど解説しますが、現在も生きておられます。

今年2019年3月2日に88歳になられました。

亡くなられていはいませんよ。

ゴルバチョフさんは何十年も続いたアメリカとの冷戦を終わらせ、ソ連崩壊の立役者であり旧ソ連の最初で最後の大統領です。

日本や西側諸国では絶大な人気を誇りましたが、ロシア内ではソ連を崩壊させたことから評価が分かれています。

本記事では、ゴルバチョフ大統領の今現在、昔の若い頃、そしてお孫さんや娘さんをメインに解説していきます。その他、結婚と妻、学歴、プロフィールなども紹介!
【スポンサー リンク】

ゴルバチョフ大統領の今現在

ゴルバチョフ大統領は今現在もお元気といえそうですが、公の場に出ることはほとんどないようです。

数年前から杖をつくようになった姿も度々見られています。

記事冒頭ですでに説明したように、現在88歳になったゴルバチョフ大統領ですが、報道によると、今年2019年3月2日の誕生日には、家族や友人を招待してお祝いをされた可能性が高いです。

今年2019年の5月にはウォール・ストリート・ジャーナルに「核抑止力という狂気」という寄稿もされています。

また、ゴルバチョフ基金(ゴルバチョフ財団)の総裁も務められているようです。

こういったことから活動状況から、ゴルバチョフ大統領は現在もお元気なんだと思います。

ところで、ロシア国内ではいまだにソ連解体を嘆く人も多く、ソ連解体から28年経った今でもいまだに脅迫めいた手紙が送られてくるようです。

国外からの評価は非常に高いものが多いので、今だに不満を持っているロシア人が多いことにびっくりという感じです。

【スポンサー リンク】

ゴルバチョフ大統領の昔の若い頃

ゴルビーの愛称で呼ばれていたゴルバチョフ大統領。

農民の生まれで、14歳にはコンバインの運転手として働きました。

非常に仕事の飲み込みが早く優秀な青年でした。

大学在学中に共産党員となり、大学卒業後も共産主義青年同盟の中で出世をし、1961年には地方代表として共産党大会への派遣団の一員に加わりました。

1978年には党中央委農業担当書記、1980年には最年少で政治局員となります。

1982年にソ連の権力No.2の立場まで登り詰めます。

そして、ついに1985年に54歳という若さで書記長に就任しました。

ゴルバチョフが大統領に就任したことにより、それまで長年対立関係にあった西側諸国からそれまでと違った見方をされるようになりました。

書記長に就任後にソ連の政治を変え、経済を立て直すという『ペレストロイカ』という政策を行いました。

それまでの計画経済ではなく、自由経済という仕組みを導入し、アメリカなどと対抗できるレベルの経済力をつけるために行われた政策でした。

また、『グラスノスチ』という情報の公開を行い、それまで秘密にされていた情報などの自由化・民主化を行いました。

結果的にこの2つの政策によってソ連の崩壊と冷戦の終結に大きな影響を与えたと言われています。

1990年3月15日、人民代議員大会により、ゴルバチョフはソ連の初代大統領となります。
それまでソ連の国家最高責任者は書記長であったが、大統領制を導入した。

1991年8月19日にモスクワで『ソ連8月クーデター』と呼ばれるクーデターが発生しました。
改革派であったゴルバチョフに対して、保守派であった副大統領らがクーデターを行いましたが、市民の抵抗により失敗しました。

この出来事により、ゴルバチョフを含むソ連共産党の信頼が失墜してしまい、1991年12月にソ連が崩壊しました。

ソ連崩壊後は環境・経済的問題に取り組む『ゴルバチョフ財団』を設立し、国際環境保護活動などにも積極的に参画しました。

【スポンサー リンク】

ゴルバチョフ大統領の妻と娘

ゴルバチョフ大統領の妻の名前はライーサ・マクシーモヴナ・チタレンコさん。

結婚したのは1953年9月でした。

この結婚は、ゴルバチョフ大統領がモスクワ大学法学部に在籍していた時でした。

つまり、学生結婚というわけです。

当時、ライーサ・マクシーモヴナ・チタレンコさんはモスクワ大学哲学部に在籍していました。

後に妻となったライーサ・マクシーモヴナ・チタレンコさんは成績が非常に優秀であり、高等学校では金メダルを授与されています。

ゴルバチョフさんが大統領になったあとは、ファーストレディとして外国訪問などをゴルバチョフさんと共に行い、ソ連のイメージ改善に貢献。

また、ロシア文化遺産の保存や教育、小児白血病の治療プログラムのための資金調達などの社会運動家としても活動しました。1999年に急性白血業になり、1999年9月20日に67歳でなくなりました。

本当にライーサさんのことを愛していて、支えられていたようで、妻が亡くなって20年経ちましたが再婚などはされていません。

1957年には娘のイリーナさんが誕生します。

イリーナさんは現在ゴルバチョフ財団副総裁を務めています。

ゴルバチョフ大統領の孫について

ゴルバチョフ大統領には、アナスタシアさんというとても美人な孫娘さんがいます。

過去にはゴルバチョフと共にピザハットのコマーシャルにも出演したことがあるようです。

他にも孫がいるのかやアナスタシアさんの年齢なども調べて見たのですが、現在のところ、情報は特にありません。

詳細は不明です。

ゴルバチョフ大統領の学歴

ゴルバチョフさんの学生時代の成績は優秀であり、上級学校で銀メダルを、18歳で労働赤旗勲章を授与され、19歳のときにスタヴロポリ市当局の推薦でモスクワ大学法学部に入学しました。

1955年に法律の学位を取得し、卒業します。

大学在学中に共産党員となり、活発な活動を行い注目されるようになります。

ゴルバチョフ大統領の年齢などのプロフィール

1931年3月2日生まれで現在の年齢は88歳。

ちなみに、身長は175cm。

出身はロシア(旧ソ連)のスタヴロポリ地方のプリヴォリノエ村にて農民の子として生まれました。

冷戦の終結・中距離核戦力全廃条約調印・ペレストロイカによる共産圏の民主化により1990年にノーベル平和賞を受賞しています。

また、フランスのファッションブランド『ルイヴィトン』の広告に出演したり、『ピーターと狼』のCDではグラミー賞を受賞、アメリカの最高位の勲章である大統領自由勲章を授与したりと、国外からの評価が非常に高い様子が伺えます。

1990年にはノーベル平和賞を受賞されています。

ソ連関係では、レーニン勲章や十月革命勲章などの栄誉があり、日本においては、創価大学、日本大学、明治大学の名誉博士でもあります。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

ひと

Posted by コモトピ