浅利純子(マラソン)の今現在は?結婚と旦那と子供も解説!

2017年7月29日

今現在

こんにちは。

今日も強烈な暑さの熊本市からです。

もうすぐ8月に入りますが、すでにこんな暑さじゃ先が思いやられます。(笑)

さて、今回ご紹介するのは浅利純子(あさりじゅんこ)さん。

1993年の世界陸上シュトゥットガルト大会女子マラソンで優勝した金メダリストです。

世界的な大会で日本女子陸上選手としては初めての金メダル獲得でした。

女子マラソンで日本人としては初めてのチャンピオンで快挙でした。

東京

1995年の東京国際女子マラソンでのハプニングを思い出す方もいると思います。

あれにはかなりびっくりしてしまいました。

レース中に転倒してしまいましたからね~。

しかも、トップの選手に60mもの差がついてしまった。

でも、最終結果は逆転優勝!

ああいうレースは特に印象に残ります。

バルセロナ

また、バルセロナ五輪の代表選考を兼ねた大阪国際女子マラソンでは有力候補の一人とされていましたが、ダイハツの後輩である小鴨由水さんが優勝してしまったのも印象的でした。

当時、小鴨由水さんは陸上にかなり詳しい人でも名前を知っている人が少ないという無名選手でした。

浅利純子さんは結局6位という結果に・・・。

この後から、オリンピック代表となった小鴨由水さんの練習相手をするようになったそうです。

ちなみに、この時の2位は熊本出身の松野明美さん。

悲劇

余談になりますが、この時の大阪国際女子マラソンではいろんなことが起こり話題になっています。

浅利純子さんのことだけではありません。

小鴨由水さんという天才マラソンランナーの競技人生をつぶしてしまう悲劇とも言うべき結果になったとか・・・。

小鴨由水(こかもゆみ,マラソン)の今現在!結婚と夫と子供について

松野明美さんと有森裕子さんの20年に渡る確執を生みだしたとか・・・。

そんなわけで今回は、浅利純子さんの気になる今現在、結婚と旦那さんと子供について、そして年齡や出身高校などのプロフィールをまとめてみました。

【スポンサー リンク】

浅利純子の今現在は?

今現在

浅利純子さんがテレビの「爆報!THEフライデー」に出演されます。

久しぶりに名前を聞きました。

2015年の4月から秋田県の鹿角市役所生涯学習課所管の学校支援コーディネーターをされています。

この仕事は、自分が担当している小学校の校内行事の手伝いです。

例えば、1年生が登校する通学路の安全確認とかです。

その他に、市民ランナーとしてイベントや講演会などもされています。

マラソン選手だった浅利純子さんがどうして学校支援コーディネーターなんて仕事を始めたのかが気になるところです。

理由は、今までお世話になった地元への恩返しを少しでもしたいと考えるようになったからです。

マラソン

余談的になりますが、現役のマラソン選手時代は常にマラソンのことばかり考えておられました。

それで、オシャレとは無縁だったそうなんですが、女性として人並みに気をつけるようになられたそうなんです。

2015年の報道では髪型は現役時代と同じショートカットでした。

しかし、ただ一つ変化していた点があります。

それが髪の毛の色です。

栗色ヘアーになっていました。

【スポンサー リンク】

結婚と旦那と子供について

結婚

浅利純子さんが結婚したのは2006年。

夫となった相手は母校である秋田県立花輪高校陸上部時代の1学年先輩。で郵便局員の男性です。

この方が旦那さんとなりました。

日本郵便の社員で内勤をされている方です。

高校時代は上下関係が厳しかったことから、話をしたりすることはなかったそうです。

高校卒業後に浅利さんはダイハツに入社します。

そして、そこの女子陸上部に入部します。

入社後にいろいろと悩んだ時期があったそうで、その時の陸上部の中で励ましてくれた人たちの中の1人が今現在の旦那さんなんです。

結婚の翌年に長男の息子さんが生まれます。

37歳での高齢出産でした。

子供

浅利さんは結婚した時の年齡から子供は期待していなかったそうです。

長男が生まれた後は次男、三男が生まれます。

三男の息子さんの出産は42歳の時でした。

以上のように、現在は3児の母です。

浅利純子さんは旦那さんのことをインタビューの中で「パパ」と言っておられました。

子供さんがいるからでしょうね。

家でも子供たちの前ではそう呼んでいるんだと思います。

年齡や出身高校などのプロフィール

プロフィール

名前:浅利純子(あさりじゅんこ) 現在は高橋純子

生年月日:1969年9月22日 現在の年齡は47歳

出身地:秋田県

身長:164cm

体重:44kg

出身高校: 秋田県立花輪高等学校

高校卒業後にダイハツに入社して、女子陸上部に所属します。

記事冒頭ですでに解説しましたが、バルセロナ五輪の代表選考を兼ねた大阪国際女子マラソンで浅利さんは有力候補のひとりでしたが、ダイハツの後輩である小鴨由水さんがが優勝して浅利さんは代表になれませんでした。

2001年に現役を引退した後は、ダイハツのコーチとなりました。

2005年にはダイハツを退社して帰郷。

そして、2006年に結婚しました。

今現在どうされているのか?

どんな仕事をされているかについても説明しました。

最後に経歴などに関して一つ紹介します。

マラソン自己ベスト記録です。

1994年に大阪国際女子マラソンで出した2時間26分10秒です。

マラソンについてはいろんなことがあった浅利純子さんですが、今後もまたテレビに出演されることもあると思います。

新しい情報が入ったら、本記事にまた追記しますね。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ