スロージョギングダイエットの成功する方法と効果!痩せたいならこのやり方!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 811

スロージョギングダイエット

スロージョギングダイエットは、その名前の通りスロージョギングをすることによってダイエットする方法です。

多くのダイエット法ではかなりの人が失敗に終わっているようです。

この1つの原因は継続することが難しいからです。

だからこそ、成功する方法をしっかりと把握しておく必要があります。

ダイエットといえば、食事関係がメインの方法ですが、運動をとりいれることによって相乗効果が期待できます。

ここで気をつけておきたいのは、激しい運動はよくないということです。

ジョギングやマラソン等の激しい運動をすると体に良いというイメージがあるんですが、実はこれって間違いなんです。

トレーニングなんかもそうです。

そういった運動の後には免疫力が低下することが、免疫学の研究であきらかになっています。

どの程度の運動がよいかというと、走りながら会話出来るくらいのスローなジョギングです。

というわけで今回は、スロージョギングでダイエットに成功するための方法、どんな効果が期待できるか、確実に痩せたい時のやり方を詳しく解説します。

食事の方もあわせてやると、ダイエット効果はさらに上がると思います。そんなことも説明します。

【スポンサード リンク】

スロージョギングダイエットで成功する方法

ダイエット

スロージョギングダイエットで成功して痩せた方法というのはたくさんあります。

やり方で特に難しいところはありませんし、確かに効果があります。

いろんなサイトでスロージョギングダイエットのことが説明されています。

管理人が思う成功する方法は「継続」です。

結局、ここがどんなダイエットでも一番難しいところではないでしょうか?

新しいダイエット情報を目にすると、そちらに乗り換える。

こんなこともいつまでも成功出来ない原因の1つです。

ダイエットとしてだけではなく、健康増進や美容も含めて考えて気楽に長い期間を考えて取り組めば、いつの間にかにスロージョギングダイエットに成功しているはずです。

これが一番の成功する方法ではないかと思います。

では、詳しく解説していきますね。

効果は?

ダイエット効果

スロージョギングの効果ってダイエットだけじゃないんです。健康増進にもいいんです。

ということは、美容にも役立つとも言えます。

ウォーキングしている人が多いんですが、例えば毎日1時間1ケ月やるとします。

ところが、消費するカロリーから考えると1ケ月に1kgくらいしか体重が落ちないという計算結果になってしまいます。

単純計算なんですけどもね。

ところが、スロージョギングの場合は、単位時間あたりの消費カロリーがウォーキングの1.6倍くらいになるんです。

テレビでスロージョギングとウォーキングの検証実験がおこなわれていましたが、結果は同じ時間やった場合、スロージョギングの方が約2倍痩せることがわかりました。

上の消費カロリーの話と整合性がありますよね。

よ~し!一気に痩せてやる!と思っている方は注意が必要です。

体重計

一気に体重が落ちることはないという点です。

もちろん、食事も合わせてダイエットをやるならすばやく結果が出る可能性はあります。

管理人なら、スロージョギングダイエットを始めるのをきっかけに、食事の方も考えますけどね。

でも、無理すると多くの場合は失敗に終わってしまいますので気をつけたいものです。

スロージョギングダイエットには即効性はあんまり期待できませんが、無理せずに継続することで確実にダイエット効果が期待できます。

毎日100kmのスロージョギングをするっていうなら話は別ですが。(笑)

でも、運動って結局疲れてしまって継続するのがきついんじゃ?

そういう心配もあんまりありません。

スロージョギングは普通のジョギングで使う筋肉とは別の筋肉を使うんです。

「遅筋」という筋肉を使います。

だから、そんなに疲れがたまることもありませんし、すぐに始められます。

普通のジョギングよりも汗が多く出たりします。新陳代謝が活発になるからなんです。

これって太りにくくなるということでもあります。

普段運動しない人にとっては逆にさっぱりさわやかな気分にしてくれるんじゃないでしょうか?

適度な疲れで心地よく眠れたら、ダイエットとは直接は関係ありませんが継続するモチベーションにもなるだろうし、やる気もさらに出るのでは?

スロージョギングを続けていると、遅筋が鍛えられていくのですが、そうなってくると、いずれ長時間・長距離のスロージョギングでもOKな持久力が養われてきます。

結果的には、スロージョギングダイエットの効果がさらに高まるという好循環となります。

【スポンサード リンク】

痩せたいならこのやり方!

スロージョギングダイエット

食事制限がメインのダイエットをやったことがある方ならわかると思いますが、ダイエット効果に限界があるのも事実です。

どうしてかっていうと、食事メインのダイエットってやめた途端にリバウンドしてもともとの体重に戻ったりすることがあるからです。

我慢に我慢を重ねたにもかかわらず、継続困難になって失敗してしまう。

よくあるパターンです。

今度こそ絶対痩せたい!ってダイエットを始めた当初はものすごくやる気があったのにもかかわらずです。

食欲という本能はそれほど強いもので、自分で完全に空腹をコントロールしたりすることは実は非常に難しいんです。

悟りを開いた高僧れべるの方なら問題ないんでしょうけどね。(笑)

こんな人はほとんどいません。

痩せたいなら次に説明するやり方で続けてみてください。いつの間にかダイエットの効果がでているはずですから。

やり方

スロージョギングダイエットのやり方

普通のやり方みたいに走ってはいけません。

歩幅を小さくして、足の裏をペタペタさせる感じで道路(地面)をなでる感じで走ります。

足の裏の付け根から道路に着地していく感じにするのがポイントです。

走るスピードは、一緒に走っている人がいるとした場合、会話するのがきつくなるちょっと手前くらいのイメージです。

このスロージョギングのやり方は、結局は有酸素運動です。

この運動には脂肪燃焼効果があるし、太りにくい体質にしてくれる効果もあるんです。

何回か言いましたが、ついでに食事の方も気を使うと、さらに減量効果が期待できます。

無理しなくていい!

無理しなくていい

ジョギングなんかでダイエットをしようと考えている人の中には、走っている最中に疲れてしまったのに効果が落ちると思って休まないとか休んじゃいけないと考える人もいるようです。

スロージョギングダイエットではそんなきついことをする必要はありません!

疲れたら気にせずに休めばいいんです。歩いてもいいんです。

走る時間帯やコースも継続していく上では重要です。

管理人の知人の女性は主に夜に走っています。

理由は知っている人に出会ったり見られるのが恥ずかしいからということです。

坂が多いとかきつそうなコースをわざわざ選ぶ必要もありませんよ。

普通の平坦な道でいいんです。

週にどれくらい走ればいい?

毎日やるのが理想的ではあるんでしょうけど、無理して失敗に終わってしまうのが一番もったいないです。

それにスロージョギングダイエットの場合は、即効性よりは長期的観点に立って減量していく方法です。

ですから、最初は週に1回でもいいと思います。

慣れてきたら回数を増やせばいいだけです。

時間は?

時間

最初は10分くらいでもかまいません。

もともと運動嫌いで長続きしたことないって方もいると思いますし、すぐに疲れてしまう方もいると思います。

ちょっとした空き時間におこなうのも有効です。

なんでもそうですが、習慣化されてくると効果は大きくなってきます。

痩せたい!

ダイエットで減量できるだけでなく、痩せやすい体質になれるのが、スロージョギングダイエットです。

食事も変えれば効果倍増!?注意点は?

水

まずは基本的な注意点ですが、スロージョギングダイエットでは体温が上昇して汗をかきます。

そこで重要なのが水分と塩分の補給です。特に夏場は注意が必要です。

しっかりとした水分補給だけでもダイエット効果があるんです。これって最重要ポイントといっていいかもしれません。

1つ気をつけておかなくてはいけないのが、お茶やコーヒーなどです。

利尿作用があるから、水分補給として飲んだところで、むしろ脱水の方が大きくなることも有ります。

水分補給はかならず水にしましょう。

食事制限のダイエットなどではただでさえ食物からの水分補給が少なくなりますからね。

和食

また、せっかくダイエットするなら食事も野菜や魚を中心にしたシンプルな和食にするのもダイエット効果を上げるのに良いでしょう。

米も玄米や発芽玄米にするとかですね。管理人だったらそれらに青汁もプラスします。

できれば、お菓子やケーキなどのスイーツ、ジュースもやめてしまうのがいいと思います。

あんまり厳しくガチガチにやると、スロージョギングダイエット自体が続けられなくなる可能性もあります。

なので、まずはきちんとやれるようになってから食事などにも気をつけていくのがいいと思います。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »