矢沢亜季(カヌー)の出身大学と高校は?父母と兄もチェック!

カヌーひと
この記事は約4分で読めます。

カヌー

こんにちは。

今日も昼間はトンデモナイ暑さだった熊本市在住の管理人です。

日中はエアコンが全く効きません!(笑)

業務用を買おうかと思ったくらい今日はまた暑かったです。

愛犬のラブラドールレトリバーはエアコンかけてるのにしょっちゅうハアハアいってました。

犬も熱中症になったりするんですよ。

飼っている方は注意してやってくださいね。

管理人の家は一日中エアコンをかけています。

リオデジャネイロ

ところで、リオデジャネイロオリンピックが盛り上がってきましたね。

金メダル獲得なんかのニュースがあったりとか。

管理人が注目している競技の一つがカヌー。

単に自分が所有してて好きだからという理由です。(笑)

矢沢亜季(やざわあき)さんという方がリオ五輪の代表になってます。

今回は、出身大学や高校などの学歴、経歴、父親と母親、そして兄についてまとめました。

カヌー選手の衝撃的な現状や兄の異色の経歴も要チェック!

スポンサーリンク

矢沢亜季の出身大学と高校

出身高校

矢沢亜季さんの出身大学は駿河台大学で、出身高校は埼玉東野高校です。

駿河台大学に進学することにしたのは、オリンピック選手がコーチをしていたからです。

留学も考えていたようです。

ここで、プロフィールを紹介します。

プロフィール

プロフィール

名前:矢沢亜季(やざわあき)

生年月日:1991年11月5日 現在の年齢は24歳

出身地:長野県飯田市

血液型:AB型

身長:156cm

体重:50kg

趣味:買い物

所属(勤務先):昭和飛行機工業株式会社

出身地の長野県飯田市って自然が豊かなところなんですよね~。

矢沢亜季さんは小学3年生の時にカヌーを始めました。

実は管理人はカヌーを所有しています。

カヌーってマイナーな競技なんですけど、管理人のようにカヌー好きにはかなり楽しめる競技です。

リオ五輪で大活躍して欲しいです!

カヌーばっかり小さい頃からされてたのかと思いきや、3歳から日本舞踊もされているんです。

矢沢亜季さんの祖母が日本舞踊をされていたんです。

なんかカヌーのように激しいスポーツと日本舞踊ってイメージ的につながりにくいですね。(笑)

今回、リオ五輪のカヌー日本代表になりましたが、オリンピックを目指すようになったのは中学2年の時です。

ジュニア日本代表に選ばれた時でした。

スポンサーリンク

父母と兄について

家族

矢沢亜季さんの父親は国体選手でした。

アウトドア好きなお父さんで、週末には自然の中で遊ぶようになっていたようです。

そんな遊びの一つがカヌーでした。

地元の天竜川で父親が指導し、矢沢亜季さんは腕を磨いていったんです。

恵まれた環境にいたといえるでしょうね。

競技を始めたきっかけの一つはこのように父親がカヌーをやっていたことです。

中学校に入学するのと同時にカヌーを買ってもらい、本格的にやりはじめました。

その当時、管理人からすると矢沢亜季さんはハードな生活をされていたように思います。

週末と平日の3日間はカヌーの練習をやって、それ以外の日は日本舞踊と茶道の練習をされていたからです。

中学では部活動はされていませんでした。

出身地の長野県飯田市には中学まで住んでいました。

中学を卒業するのと同時に上京しました。

母親については特に情報はありませんでした。

次に兄について説明します。

カヌー

実は矢沢亜季さんの兄もリオデジャネイロ五輪のカヌーの日本代表なんです。

名前は矢沢一輝さん。

兄弟そろって日本代表とはすごいものです。

異色の経歴をお持ちなんです。

それが、善光寺大勧進の僧侶という肩書きです。

えっ!?って思いますよね。

これには理由があるんです。

マイナー競技のカヌーだけでは生活していけないんです。

同じように水球なんかもそうなんですよ。

https://common-topics.com/shimizu-yusuke/

リオ五輪出場ってだけで華やかな感じなんですが、現実はかなり大変なんです。

長野県のカヌー連盟会長が善光寺寿量院の住職の小山健英さんなんですが、そんな縁もあって矢沢一輝さんは出家を決断したんです。

昼間は僧侶をされていて、、夕方からカヌーの練習をされています。

以上が矢沢亜季さんの家族です。

兄妹で是非活躍して、できれば金メダルを獲得して欲しいですね。

コメント