宮本寛(高校サッカー)の誤審の審判員は誰?今現在と妻と子供もリサーチ!

ひと
この記事の所要時間: 322

サッカー

こんにちは。

熊本市在住の管理人です。

今回紹介するのは、高校サッカーで以前話題となった宮本寛さん。

何が話題になったかというと、全国高等学校サッカー選手権大会岡山県予選決勝の岡山県立水島工業高等学校と作陽高等学校の試合で誤審があったんです。

当時、宮本寛さんは水島工業のGK(ゴールキーパー)でした。

作陽高等学校の青山敏弘さんが放ったシュートが審判員にノーゴールと判定されたんです。

日本サッカー協会(JFA)は、この判定は誤審と認めました。

しかし、試合結果は覆されず、再試合も行われなかったんです。

誤審のPK戦で水島工業高等学校は優勝となり全国大会に出場しましたが、選手の中には出場を辞退したいという声もありました。

水島工業の全国大会出場を避難する声もありました。

そんな中、ゴールキーパーだった宮本寛さんは世間からの心無い批判に苦しむ日々を送ることになりました。

過去

以上のように、宮本寛さんにはそんなつらい過去があったんです。

生きていれば人生には次々にいろんなことが起こります。

過去を後悔する場合だってあります。

人生は常に選択と決断で成り立っていますからね。

何もしなくてもその事自体が選択です。

もし、過去に戻ることが出来れば宮本寛さんは全国大会に出場するのかしないのか?

そんなわけで今回は、高校サッカーの誤審問題で注目され話題になった宮本寛さんの今現在、結婚と妻と子供について解説します。

また、気になる誤審の審判員が誰なのか?

名前は?

その後、どうなったのかについてもまとめました。

【スポンサーリンク】

宮本寛の高校サッカーの試合での誤審の審判員は誰?

サッカーの審判員

誤審問題で悩み苦しんだ宮本寛さんですが、審判員が誰だったのかも気になるところですね。

名前は青木隆(あおきたかし)さんという岡山県出身のサッカー審判員です。

1994年に1級審判に登録されています。

2010年までJリーグで副審を務められていました。

第81回全国高等学校サッカー選手権大会岡山県予選決勝での岡山県立水島工業高等学校と作陽高等学校との試合当時は主審を務められていました。

日本サッカー協会(JFA)の理事会で青木隆さんの審判は誤審と認められ、JFA審判委員会から3ヶ月間の謹慎処分を下されました。

その後、岡山県審判委員会からの復帰要請で2003年のJリーグで副審として復帰されました。

岡山県立水島工業高等学校と作陽高等学校は誤審試合の10年後にOB戦を開いています。

【スポンサーリンク】

今現在は?

倉敷市

宮本寛さんの今現在なんですが、テレビに出演されることがわかりました。

もちろん、テーマは高校サッカーでの誤審問題です。

それについて、人生での選択に関する内容が放送されます。

現在、どういう職業に就かれていてどんな仕事をされているのかが気になります。

数年前の報道では岡山県の倉敷市で飲食店を経営されているとのことでした。

おそらく今もそうなんだと思います。

サッカーと言えば中田英寿さんも記事にしたことがあります。

もし、興味があるならどうぞ!

中田英寿の今現在と仕事は?彼女や結婚と疑惑との関係も解説!
こんにちは。 熊本市在住の管理人です。 毎日何も考えずに生きているようで、実際には人生は選択と決断の連続です。 何もしないのも選択や決断です。 自分の過去を振り返り後悔することもしばしばなんてこともあると思い...

妻と子供とプロフィール

プロフィール

岡山県出身で今現在の年齢が32歳ということだけはわかっています。

その他のプロフィールに関しては不明です。

結婚も同様です。

既婚か未婚かも情報がありませんでした。

もし、結婚されているなら子供さんも興味ありますね。

息子さんがいればサッカーをしているのかとか?

娘さんならサッカーはしてない可能性が高いですが、女子サッカーも結構人気があるようですからね。

【スポンサーリンク】

コメント