吉沢やすみ(ど根性ガエル漫画家)の娘と息子と妻は?今現在もチェック!

2019年4月16日

漫画家

吉沢やすみさんは、漫画「ど根性ガエル」の作者。つまり、漫画家さん。

その他には実業家としての顔もあります。

そんな吉沢やすみさんにはものすごい過去があるんです。

それを暴露してしまったのが長女の娘さん。

今回はそのようなことも含めて、息子さんと妻、今現在について解説!

その他に、プロフィールや失踪についても説明します。

吉沢やすみの娘と息子と妻について

結婚

吉沢やすみさんが結婚したのは23歳の時。

妻となったのは、同じ歳の文子さん。看護婦の資格をお持ちです。

そして2人の間には、1974年には長女の娘さん、翌年1975年には長男の息子さんが生まれました。

娘さんは、漫画家でイラストレーターでもある大月悠祐子(おおつきゆうこ)さん。旧ペンネームは「かなん」。

娘さんの夫は大井昌和(おおいまさかず)さん。漫画家です。

ということで、娘さん夫婦はそろって漫画家なんです。

長男の息子さんは、レントゲン技師をされている吉沢康宏さん。

ここで、吉沢やすみさんのプロフィールを紹介します。

【スポンサード リンク】

プロフィール

プロフィール

名前:吉沢やすみ(よしざわやすみ)

本名:吉沢保己

生年月日:1950年1月8日 現在の年齢は66歳

出身地:山梨県

出身高校:山梨県立日川高等学校

1970年に週刊少年ジャンプで漫画家としてデビュー。

もちろん、その時の漫画は「ど根性ガエル」なんですが、その時は読み切りものでした。これが後に連載となったんです。

これがヒットして年収が4000~5000万円ありました。

ちなみに、当時のサラリーマンの平均年収が200万円くらいだったから、ものすごい年収だったと言えるでしょうね。

ところが、ど根性ガエルの後にはヒットに恵まれなかったんです。成功からどん底へって感じです。

カエル
当時、漫画の以来はいくつかあったんですけど、ペンを持つと手が震えるようになっていて、吐き気も止まらなかったそうです。

ヒットに出会えないことによるかなりのプレッシャーなんかがあったんでしょうね。

それで、パチンコや麻雀などのギャンブルに走ってしまうんです。

それ以外は、家でテレビを見ているか、寝ているか、酒を飲んでいるか、といった状態でした。

挙げ句の果てには、家族も仕事もすべて捨てて失踪してしまいます。

3ケ月くらい家に帰らなかったそうです。

その後、貯金が無くなってしまって、夫婦共に働きに出たりと苦労されてます。

こんな過去が吉沢やすみさんと妻にはありました。

【スポンサード リンク】

今現在は?

スケッチ

今現在の吉沢やすみさんは筆を折ってます。つまり、何も書いてないってことです。

長男夫婦と暮らしていて、お孫さんの世話もしているそうです。また、長女夫婦もすぐ近くに住んでいるというのが今現在の吉沢やすみさんです。

お孫さんと一緒にスケッチ遊びなんかをされるそうです。

このことからわかるように、手の震えとか吐き気はなくなってきています。

昨年のニュースに吉沢やすみさんのことが出てました。

成功と挫折、さらに失踪。

波乱万丈という言葉がぴったりな人生と言えるでしょう。

ど根性ガエルは実写ドラマ化されるまでになりましたが、近いうちに「新・ど根性ガエル」の連載が始まったりしたら、また話題になりそうです。

【スポンサード リンク】

関連コンテンツ

ひと

Posted by コモトピ