VODの選び方とは?動画配信サービスのおすすめ一覧も紹介!

エンタメ
この記事の所要時間: 1427

こんにちは。

VODっていいですよね~。

いきなり何いってんだ!って言われそうなんですが。(笑)

VODをどこの会社にするかという選び方に迷っている人って多いと思うんですよ。

いろいろありすぎますからね。

もうすぐお盆ですが、まとまった休みになっている方も多いと思います。

もちろん、どこかにでかけたりするのもいいです。

いやいや、家で何もせずにゆっくりするんだ!というのもいいですね。

休みの期間がある程度あるなら、いつもよりも時間的にかなり余裕があるでしょう。

だからこそ、こういう機会にせっかくなので今まで気になっていたドラマや映画、アニメなどを見てみるのもいいと思うんですよ。

ご存知だとは思いますが、VODというのはVideo On Demand(ビデオ・オン・デマンド)の略称です。

簡単に言うと動画配信サービスのことです。

FOD、U-NEXT、Hulu、アマゾンプライムビデオ(Amazon Prime Video)、Netflixなどたくさんあります。

テレビCMやネット上の広告で、これらVODの宣伝ってよく見かけますよね。

最近は特に。

映画、ドラマ、アニメなどいろんなコンテンツをスマホやタブレットなどでいつでもどこでも視聴できるってとこが便利なところです。

もちろん、テレビでも。

月額料金もリーズナブルになってきてますから、申し込む人もかなり多くなっているようです。

動画コンテンツをダウンロードすることで、オフラインの環境で見れるようにすることも可能なサービスもあります。

こういったことはデータ通信量を気にしなくてもいいというメリットの一つです。

VODは動画配信サービスなんですが、動画以外のサービスも含まれている場合もあります。

マンガや雑誌、音楽などのサービスがあるところなんかもあります。

こういった話を聞くとどこのVODを選んでいいのかさらにわからなくなったと思います。(笑)

実際に迷ってしまうものです。

動画配信サービスの選び方って。

そんなわけで本記事では、VODのかしこい選び方、そして動画配信サービスのおすすめ一覧も紹介します。また、見たい作品がどのVODにあるかを検索して簡単に知ることができるサービスも紹介します。

お盆休みをはじめ、まとまった休みには動画配信サービスが利用できるといろいろと便利です。

暇つぶしにもなりますしね。

【スポンサード リンク】

VODのかしこい選び方は?

VODなどの動画配信サービスのおすすめ一覧は後ほど紹介するとして、まずはどこのサービスを選ぶのかってことです。

もちろん、無料ではありませんから、選択肢が複数ある場合は料金やサービス内容等を比較することも大事です。

口コミや評判なども参考になります。

それぞれ特徴がありますから、複数の動画配信サービスに契約するという手もあるんですが、これはおすすめしません。

なぜなら、使いこなしきれないからです。

当然ですが、一つのVODでさえ、そのサービス内容をすべて利用できないほどですから。

こういったことから、迷ってしまってVODの契約に踏み切れない人も中にはいると思います。

動画配信サービスの乱立で、もはや戦国時代って感じにもなってきてますからね。

月額料金を支払えば、配信されているコンテンツが見放題というすごく魅力的なサービスなんですけどね。

動画配信サービスのメリットってたくさんありますし、契約者にとっていいことは特に問題ないので、そういったことは各VODの公式サイトで確認すればいいです。

なので、ここではいちいち書くのを省略します。

問題はデメリットの方です。

これが多くの選択肢がある動画配信サービスの選び方にとって非常に重要です。

どういったデメリットがあるのかというと、ドラマや映画、アニメなどで見たい作品がない場合があるということです。ここは気を付けないとどうしようもないです。

○○という作品が見たくて登録したのに、契約したVODでは配信されていないなんてことがあり得ます。

こんなことになったら加入した意味がないですよね。(笑)

なので、自分が見たいとか利用したいサービスがきちんと含まれている自分に合った動画配信サービスを選ぶ必要があるんです。

それぞれのVODには配信しているコンテンツやサービスに違いがありますから、いい加減にパパっと契約したら上で言ったようなことが起こって後悔する可能性が出てきます。

登録者数が多いからとかそんな理由で選ぶととんでもないことになりますよ。

かしこい選び方としてはやはりどういったコンテンツがあるかということです。

もちろん、自分が見たい作品です。

こういった選び方がおすすめというか、上で言ったようにかしこいVODの選び方です。

月額料金にそれぞれのVODで差が多少ありますが、DVDをレンタルする場合と比較したら観たい作品がある場合、簡単に元を取る程度の料金差ですからね。

それに、数千本が見放題だったりすると、中には今まで知らなかった作品だったけど、見れてよかった~なんてものが結構多いかもしれないしですね。

選び方はコンテンツで決めましょう。

ジャンルなんかもそうですね。

では、どうやって自分が見たい作品があるかどうか調べるのか?

次にそれが可能な便利なサービスを紹介します。

もちろん、公式サイトで丹念に探してみるのもいいと思いますが・・・。

【スポンサード リンク】

見たい作品がどのVODにあるかを検索して簡単に知ることができるサービスを紹介!

どのVODにするかは、自分が見たいコンテンツがあるかどうかで決めるのがいいですよという話をしました。

この方法としては各VODの公式サイトで確認すればいいだけですが、いくつものサイトを訪問して調べるのってすごく面倒です。

ですが、それを探している作品がどのVODにあるかを検索して調べることができるサービスがあるんです。

それが、「JustWatch」です。

JustWatchに行って検索窓に映画やテレビ番組のタイトルを入力すれば、どの動画配信サービスでで扱っているかがわかります。

動画配信サービスのおすすめ一覧

動画配信サービスのおすすめというかそれぞれの特徴を簡単に解説し、最後に一覧まとめを紹介します。

各VODの具体的なコンテンツに関してはいちいちここでは紹介しないので、詳細は公式サイトで確認してくださいね。

なお、本記事で書いていることは、記事作成時点の情報です。

Hulu(フールー)

Huluには日本テレビ系のコンテンツがたくさんあるということが特徴です。

海外ドラマに関しても一歩リードしていた感じですが、アメリカの大手ケーブルTV会社HBOとの契約終了が報道され、人気コンテンツの今後の配信がどうなるかが注目されています。

国内ドラマをいろいろ見たいってことならおすすめだと思います。

ただし、上で書いたように海外ドラマに関しては今後どうなるかは不明。

管理人の個人的な興味なんですが、現在一番注目しているのが安室奈美恵さんの引退。

【楽天】

引退日当日の2018年9月16日(日) に故郷沖縄の宜野湾トロピカルビーチ特設会場開催される「WE LOVE NAMIE HANABI SHOW」をHuluがリアルタイム配信するんです。

でも、天候次第で中止の可能性も。

ファンとしては嬉しいことですが、見逃し配信もおこなわれるようです!

また、同じくHuluでは「Documentary of Namie Amuro “Finally”」
が独占配信も!

この安室奈美恵さん関係では特にHuluに注目したいですね。

安室奈美恵の今後の活動や予定は?引退後の生活と夢や復帰も気になる!
今回フォーカスしたのは沖縄那覇市出身で老若男女誰もが知っているであろう平成の歌姫と言われる安室奈美恵(あむろなみえ)さん。 引退日である2018年9月16日がいよいよ明日となりました。 引退日前日の9月15日には故郷の沖縄コンベンシ...

Netflix(ネットフリックス)

Netflix(ネットフリックス)は、現在大人気の動画配信サービスです。

海外ではNo1のVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスであり、日本ではストリーミングのみのサービスが開始されました。

日本でも利用者が急激に増えており、今後日本でも需要がさらに伸びていきそうです。

最近のテレビの中にはNetflix対応になっているものがあります。それで、リモコンにNetflixの専用ボタンが設けられているものもあります。

Netflix(ネットフリックス)の特徴はオリジナルの作品数が非常に多いということです。

宣伝ではドラマや映画ばっかりかと思いきや、実は海外のドキュメンタリー作品がすごく充実しています。

海外ドキュメンタリーなんて興味ないよって方もいるかもしれませんが、観てみると案外その面白さと言うか興味深さにハマる人もいるんじゃないですかね。

特徴的なことの一つは、日本では扱われることがほとんどないような内容のコンテンツがあるってことです。

どういった作品があるかは公式ホームページでいろいろと確認してみてくださいね。

Amazon prime video(アマゾンプライムビデオ)

Amazon prime video(アマゾンプライムビデオ)はオリジナル作品の本数がこのところ急激に増えています。

上で解説したNetflixに対抗するような感じですかね。

特に日本のバラエティーが特徴です。

地上波ではなかなか提供できないような内容のものもあります。

そういったことでは、Amazon prime video(アマゾンプライムビデオ)もおすすめと言えるかもしれません。

特に尖った作品系では。

尖った作品?

地上波のテレビではなかなか見れない?

いろいろあるので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

FODプレミアム

FODプレミアムの特徴は、フジテレビの動画がたくさんあるってことです。

フジテレビで現在放送中のものだけでなく、「コード・ブルー」などの過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルがあります。

そういったもの以外にも、バラエティ、アニメ、 映画などいろんなジャンルのコンテンツを視聴できるところも特徴です。

また、動画以外のものもあります。

雑誌やコミックが楽しめるんです。

人気雑誌は100誌以上が読み放題で15万冊以上のコミックも読めます。

期間限定ではありますが、無料で読めるコミックもあるんです。

フジテレビのコンテンツが好きだ!って方にはおすすめですよ。

ちなみに、管理人の知り合いで一番多く加入しているのがこのFODプレミアムです。

DMMの「見放題chライト」

DMMの「見放題chライト」は月額が540円ってことで、VOD他社と比較して圧倒的な安さが特徴です。

サービス内容にもDMMらしい大きな特徴があります。

1つ目は、アイドル動画の種類が多いってことです。

これは他社にはない特徴と言えます。

また、特に男性が好むあのジャンルの作品もかなり多いです。

コンテンツはもちろんこれだけでなく、人気映画やドラマなどもあります。

ビデオマーケット(Video Market)

ビデオマーケット(Video Market)は、コンテンツの数的には国内最大級VODサービスといえます。

19万本以上の動画が楽しめるんです。

おすすめなのは、月額500円(税抜き)のプレミアムコースです。

初月無料キャンペーンをやってるんで、申し込むなら今がチャンスかも!?

dTV

dTVは、映画、ドラマ、アニメ、音楽などが見放題の定額制動画配信サービスです。

コンテンツ的には約12万作品もあります。

しかも、月額500円(税抜)。

すごくコストパフォーマンスが高いです。

ドコモのケータイ回線を持ってなくても登録OKってとこが嬉しいですね。

初回31日間の無料おためし期間に退会した場合でも利用料金はかからないんです!

dアニメストア(ドコモ)

ドコモのdアニメストアは、アニメ見放題サイトということでは作品数はNo.1です。

なんと2500作品以上!

初回31日間無料で、月額は400円(税抜)。

アニメ好きにはおすすめです。

ドコモのケータイ以外でも登録できます!

WOWOW

WOWWOWって言えば、名前を聞いたことがある方がほとんどだと思います。

加入料や初期費用はかからないし、加入した月は視聴料を支払う必要はありません。

お金がかかるのは加入翌月からです。

コンテンツは、映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ・アニメ、ドキュメンタリーなどさまざまなジャンルの作品が楽しめます。

3つのチャンネルで見放題だし、24時間フルハイビジョンなんです!

しかも、録画もOKです。

忙し方も後でゆっくり見られるってところもいいです。

紹介したいことはまだまだあります。

詳しくは公式サイトをチェックしてくださいね。

U-NEXT

U-NEXTは日本最大級の動画サービスの一つです。

12万本以上の動画配信サービスです。

映画、ドラマ、アニメなどのいろいろなコンテンツ。

そして、最新作から名作まであり。

現在、31日間無料トライアルを実施中です!

TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASは、TSUTAYAの動画配信サービスです。

映画やドラマなどの動画が見放題です。

動画見放題だけってわけではなく、宅配の定額レンタルもあり、借り放題のプランもプラスすることができるのが特徴です。

スター・チャンネル

スターチャンネルといえば、映画や海外ドラマ専門の31年の老舗です。

最新作はもちろん、不朽の名作まで数多くの作品が視聴できます。

最新作の独占放送や初放送作品も多数あります。

映画や海外ドラマが好きな方には特におすすめといえます。

スターチャンネルには「インターネットTV」があり、映画や海外ドラマをスマホ、タブレット、PC、FireTV視聴できます。

You Tube

えっ?

You Tubeの動画配信サービス?

残念ながら、まだ日本では定額の見放題サービスありません。

しかし、「ベスト・キッド」の続編ドラマシリーズである「Cobra Kai(コブラ会)」などの優れたコンテンツが従量課金制で見れます。

YouTubeの有料サービスなんですが、世界17か国で提供を開始しています。

音楽サービスでのYouTube Musicと、独占コンテンツサービスのYouTube Premium(旧YouTube Red)です。

YouTube Premiumなんですが、YouTubeオリジナルの番組、そして映画の完全版も見ることができます。

現在は従量課金制ですが、今後定額で見放題なんてことになったらVODの各サービスにとっては脅威となる可能性も考えられますね。

【スポンサード リンク】

絶対ダメ!いろんな動画を無料で見たい気持ちはわかるけど・・・

動画や電子書籍などの著作物を不正にアップロードしてるサイトってありますよね。

こういったサイトからデータをダウンロードするのは違法行為なんです!

何かあってからでは遅いしすごく後悔することになる可能性も・・・。

すべて無料で済ませたいって気持ちはわかるんですけどね。

料金に関してなんですが、すべてのVODなどの動画配信サービスが高いなんてことはありません。

はっきりいうと、サービス内容から考えたら費用はかなり安いといってもいいと思います。

なので、そこのところを解説しておきます。

詳しくは各社の公式ホームページで確認してくださいね。

VODの課金タイプは2種類あります。一つは定額制で、もう一つはPPV(ペイ・パー・ビュー)です。

まずは定額制なんですが、これは月額料金を払うことによって、決められている範囲のコンテンツが利用無制限になるサービスです。

いわゆる「見放題」ってやつです。

PPV(ペイ・パー・ビュー)は、1つの番組ごとに料金を支払って観ることができるサービス。

見放題に加えられる前の最新の映画などがあります。

定額制のVODの月額料金なんですが、500~1000円くらいのものが多いです。

もしかしたらいつかとんでもないことになるかもしれないとか考えてビクビクしながら違法アップロードされてるものをダウンロードして見ることは確かに今でも可能です。

しかし、そこまで高い金額じゃないんだから、安心してゆっくりと何の心配や不安もなく好きな作品を見たいものですね。

【スポンサード リンク】

コメント