龍円愛梨の夫はnaki(ナキ)こと船木三秀か?結婚と子供の真実とブログ!

ひと
この記事の所要時間: 657

autumn-961745_640

龍円愛梨(りゅうえんあいり)さんは、テレビ朝日の元アナウンサー。局アナだった方です。

結婚とと子供の父親に関することが、これまでよくわかっていませんでした。

しかし、旦那さんがnaki(ナキ)こと船木三秀さんである可能性が高いことがわかってきました。

今現在、龍円愛梨さんはダウン症の子供を育てているシングルマザーです。このことはテレビなどで報道されているし、ご自身のブログでも公表されています。

今回は、龍円愛梨さんの夫と結婚に関する事、naki(ナキ)と呼ばれる船木三秀さんについてをブログなどからわかる真実に迫って見たいと思います。

その他に、母親、元カレ、年齡などのプロフィールやランジェリーパブの件についても解説します。

龍円愛梨の夫がnaki(ナキ)こと船木三秀と推測される理由

カリフォルニア

龍円愛梨さんは、テレビ朝日を2011年に退社後に、アメリカのカリフォルニア州にあるサドルバックカレッジへ留学しました。

その2年後の2013年に子供を出産します。長男の息子さんです。

そして、お子さんがダウン症であることを公表しています。

ここまでは別にいいんですが、結婚したのかどうかについては一切公表してないんです。

子供がいるのに父親が不明。結婚したのなら夫とか旦那さんとか呼べる人がいるはずですが、それさえもよくわからない。

芸能人ではありませんが、テレビに出演していたアナウンサーですから、当然世間の関心は、結婚しているのか?、夫は誰なのかというところに集中します。

ここで、龍円愛梨さんのプロフィールを紹介します。

【スポンサード リンク】

プロフィール

プロフィール

名前:龍円愛梨(りゅうえんあいり) 本名です

生年月日:1977年3月31日 今現在の年齡は39歳)

出身地: スウェーデンのウプサラ県ウプサラ市

身長:163.5cm

出身高校:富士見丘女子高等学校

出身大学:法政大学法学部

父親は帝京大学法学部名誉教授の龍円恵喜二さん。政治学者です。

祖父は龍円与佐吉さん。更生保護事業で知られています。

その他に妹さんが1人います。

父親の龍円恵喜二さんの留学先であるスウェーデンのウプサラ県ウプサラ市で生まれました。

母親に関してはよくわかっていません。

また、元カレについても調べてみましたが、情報はないですね。

学歴は上に書いた通りで、次に経歴について説明します。

1999年、テレビ朝日にアナウンサーとして入社します。

いろんなテレビ番組の進行役なども務めました。

その後、報道記者として活動しましたが、2011年にテレビ朝日を退社しました。

次に、ランジェリーの件について解説します。

週刊誌

龍円愛梨さんがアナウンサーになった1999年に、講談社の週刊誌「週刊現代」に、学生時代に六本木のランジェリーパブに勤務していたとする記事が掲載されたんです。

それと、写真週刊誌で有名な「フライデー」に水着姿の写真を無断で掲載したんです。

このことで、龍円愛梨さんとテレビ朝日が、名誉を傷つけられたとして提訴しました。

東京地方裁判所での結果は、損害賠償金の支払いと週刊現代での謝罪広告の掲載を命じました。

こういうことなんです。

話を元に戻しますね。

これまでは龍円愛梨さんの夫については、、アメリカに行っている間に子供が生まれているので、父親は外国人ではないかとの推測もありました。

しかし、特に明確な根拠があったわけではありませんでした。

ダウン症のお子さんの画像が龍円愛梨さんのブログには掲載されていますが、そのルックスや髪の見た感じの色などからの単なる推測でしかなかったというのが事実です。

ハーフではないかとの意見もありました。

ところが、今回子供さんの父親がnaki(ナキ)と呼ばれる船木三秀さんである可能性が非常に高くなった証拠というか理由が出てきたんです。

今から、それについてお話します。

今泉清保(いまいずみせいほ)さんという方が、Twitterで龍円愛梨さんの子供の父親に関する重要な根拠をツイートしていました。

この方は、入社2年目の龍円愛梨さんと一緒に朝のニュースをやっていた方です。

新聞記事

この方が示してくれているのが、東奥日報という新聞の夕刊の記事の画像。

このツイートは2016年3月22日のものです。

記事を拡大してみると、「3月22日火曜日」と書いてあります。

今年2016年の3月22日は火曜日。つい最近の記事であることがわかりました。そこに龍円愛梨さんのことが書いてあります。

貿易業の男性と事実婚をして退社後に、アメリカのカリフォルニア州に移住して長男を出産したと書いてあるんです。

この貿易業の男性が船木三秀さんではないかと推測されているんです。

この方はプロサーファーでサーフボードプロデューサーでもあり、サーフショップを経営されたりしています。

しかし、実際にはいろんな肩書をお持ちです。

なぜ、このnaki(ナキ)こと船木三秀さんが龍円愛梨さんの事実婚の夫であるのかの根拠が重要です。

それらを順に示していきます。

まず、船木三秀さんの本業が貿易業であることです。上ではたくさんの肩書があると書きましたが、そうなんです。

1994年にカリフォルニア州サンクレメンテ市でアップサイド・ダウン社を開業しました。

ここはサーフィンのメッカと言われる所です。

その会社から全米各地、そして日本へ情報、映像、サーフ製品を販売、輸出してきたんです。

詳しくは、「nakisurf.com」で検索すれば、そのサーフショップのホームページが見れます。

2つ目以降の根拠については次のようになってます。

【スポンサード リンク】

結婚と子供の真実がブログからわかった!?

ブログ

2つ目は、龍円愛梨さんと船木三秀さんの両方のオフィシャルブログに2人が一緒にいる画像を頻繁に載せていたことです。

龍円愛梨さんのオフィシャルブログがAmebaにあるんですが、テレビ朝日を代謝した後に、船木三秀さんと一緒にアメリカに行く画像が掲載されていたそうなんです。

これらの事実をブログの読者さん達は知っていたので、事実婚の夫、龍円愛梨さんの息子さんの父親が船木三秀さんであることが、以前から知られていたようです。

さらに、龍円愛梨さんのブログの過去記事には、ナキさんと一緒に日本を出発すると書いてあったり、子供の両親はアジア人って書いてあります。

その上、船木さんの画像がたくさんの載っている。

まだまだあります。

龍円愛梨さんはカリフォルニア州にあるサドルバックカレッジへ留学しました.

同じくらいの時期の船木さんのオフィシャルブログには、サドルバックカレッジの図書館へ行ったことが書いてあります。

以上のことから、龍円愛梨さんの夫が船木三秀さんであり、子供の父親もそうである可能性が非常に高いと推測できるわけです。

ここで疑問に思うことがあります。

選択

どうして結婚せずに事実婚という選択をしたのかということです。

この理由については、おそらく龍円愛梨さん側にあるのではないかと思われます。

プロフィールのところにも書いたように、父親、祖父ともにすごい経歴の家柄です。

プロサーファーとの結婚を許可してもらえなかったんじゃないかと思います。

龍円愛梨さんのオフィシャルブログには、ご本人とお子さんのすてきな画像がたくさんあります。

事実婚の夫と思われる船木三秀さんには写真家もされています。

だから、ブログの画像は、もしかしたら船木さんが撮影しているのかもしれません。

旦那さんが愛する妻と子供の写真を撮れば、当たり前ですがすてきな愛情あふれる写真になります。

また、写真家ですから撮影もうまいはず。

長々と書きましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます!

【スポンサード リンク】

コメント