ラーマの高校はどこ?家族も気になる!父親と母親と兄弟もリサーチ!

ひと
この記事の所要時間: 61

こんにちは。

今回ご紹介するのは、日本で初めて難民認定された一家の中の一人の話。

名前はラーマさんといいます。

シリア出身で埼玉に住んでいます。

今現在、日本で普通に女子高生となっています。

詳しくは後ほど。

ところで、今日はあるトラブルでお昼もくつろげないほどの忙しさでした。

そのトラブルも半分自分に非があるところなので、今後はそうならないように事前に注意しないとなと思いました。

そして、昼は、あまりの忙しさにカップ麺とパン。

それにしても最近のカップ麺って本当に美味しいですよね?

麺もうまければ、スープも上手い!

商品化するまでかなり苦労しているんだな!と思います。

やはり作る人のセンスなんでしょうね!

さらにお湯を注いですぐに出来てしまうのですから、本当に便利です。

それにしてもカップ麺って日本発祥って知っていました?

メイドインジャパンって今まで沢山のものがあるって聞いたことあるかも知れませんが、

日本で発明された中でもかなり注目されているのがカップ麺だったりする訳なんです。

誰からも愛され気軽に食べれるカップ麺。

日本と言う国は、凄いな~と思いました。

さて、皆さん難民と言う言葉はご存知でしょうか?

日本に住んでいると周りは海だらけなので、難民という事ががあまり身近に無いかも知れません。

今回はシリアからの難民であるラーマさんとう女の子とその家族について紹介したいと思います。

そんなわけで今回は、気になるラーマの高校はどこなのか?家族、そして父親と母親と兄弟もリサーチしてまとめてみました。

【スポンサード リンク】

ラーマについて

さて、シリアのニュースを聞くたびに気持ちが暗くなることがあります。

シリアはいつになったら落ち着くのでしょうか?

シリアの問題が深刻化してきてからもうそれなりの年月が経つのですが、一向に問題が解決されません。

そして、その犠牲となるのは、女性や子供ですね。

今やシリアの多くの難民家族が、難民認定され様々な国に移っています。

それでも自分の生まれた故郷でずっと生活したい!と思っている難民家族は多いかと思います。

しかし、それが出来ない現実がシリアにはあります。

多くのシリアの難民家族が、故郷を離れて、知らない国に難民となり、住まいの確保、生活のために慣れない仕事をしているという現実があります。

そして日本で生活をしているシリア出身のラーマさんとその家族もまた例外ではありません。

ラーマさんは、埼玉県の朝霞市に住んでいてるシリア出身の女子高生です。

朝霞市と言えば、都心からも近いベットタウンにあります。

ちょうど武蔵野線や東武東上線が交差する町で、駅前が栄えていますが、少し歩けば閑静な住宅街が広がります。

そんな街にラーマさんとその家族は住んでいます。

今から4年前にラーマさんとその家族は、日本で初めて難民認定をされました。

【スポンサード リンク】

高校はどこ?

ラーマさんは、現在は女子高校生です。

カラオケも好きで、勉強も一生懸命の普通のどこにでもいそうな女の子です。

高校について調べてみましたが、通っている高校名までは、解りませんでした。

埼玉に住んでいる事もあり、恐らくは埼玉の高校が可能性としては高いのでは無いでしょうか?

また朝霞に住んでいるという事からも東京の北部にある高校なのかも知れません。

それにしてもカラオケ好きのラーマさん。

カラオケは日本の歌を歌うのでしょうか?

それとも地元のシリアの曲を歌うのでしょうか?

かなり気になる所ですね!

ラーマさんが好きな科目は数学だそうです。

数学は答が一つと言うのもラーマさんにとっては、魅力の科目の一つ言っています。

世の中は複雑で、答えが導き出せないものが多く、数学みたいに最終的に答えが出せるものが良いと語っています。

数学が好きになれば、色々な道も開けると思います。

将来は理系に進むというのもありかも知れません。

シリアと家族

シリアでは多くの家族が大変な生活を強いられています。

いつ自分の命が危険に合うかも解らないのですから!

そう考えると何とか安全な地に逃げたい!

と思うことでしょう!

ラーマさん家族が難民と認定されたのは2014年でした。

日本に来てからもう4年は経ちますが、やはり慣れている所とそうではない所など色々あるんだと思います。

日本での生活が大変でも、生きていればいくつもチャンスがあり、またいろんな事をやり直せます。

ですから、海外への移民もある意味仕方のない選択肢かも知れません。

シリアでの懐かしい生活と日本での慣れない生活、家族にとっては苦しく辛いかも知れません。

それでも家族は力を合わせてこの状況を乗り越えていってほしいと思います。

父親と母親と兄弟

それではラーマさんの父親と母親と兄弟について説明したいと思います。

父親のナーゼムさんは、5つ星の人気レストランの支配人という肩書を持っていたそうです。

母親のサウサンさんはシリアのテレビ局で働いていたそうです。

日本語がうまくなりたいと話しているそうです。

きっと両親はシリアでも充実した仕事をしていてキャリアと実績を積んでいたんだと思います。

兄の名前は、ヤーセルさんと言います。

想像しうるにラーマさんにとっては優しく頼りがいのある兄なんだと思います。

プロフィール

最後はラーマさんのプロフィール。

すでに解説しましたが、家族には父親と母親と兄がいます。

そして、今現在は埼玉県朝霞市に住んでいるようです。

ラーマさんは高校に通う現役の女子高生です。

年齢は16歳。

生年月日は解っていません。

勉強は数学が好きで、更にカラオケも好き。

今回はシリア難民のラーマさんについてまとめてしました。

日本に住んでいるといかに安全な国であることが解りますね。

まさか日本にもシリアの難民がいたなんて知らなかったです。

しかし、難民を積極的に受け入れたがらない国が存在するというのも現実です。

日本での不自由な生活もかなり大変ですが、色々な人に会う事によって色々な経験を積んでいって欲しいと思います。

そして、今後も何事にも動じないポジティブな気持ちを持ってほしいですね。

結局はシリアの人たちにとって故郷はやっぱりシリアでしょう。

シリアが安全になればすぐにでも戻りたい!と思ってると思います。

我々日本人も海外に行くと何故か味噌汁やコシヒカリを食べたくなるものと似ていると思います。

とにかく今は家族で団結してこの辛い時期を乗り越えていって欲しいと思います。

【スポンサード リンク】

 

コメント