村雨辰剛(庭師)の経歴や結婚について!国籍やプロフィールも解説!

ひと
この記事の所要時間: 832
本記事では庭師の村雨辰剛さんにフォーカスします!

本業は造園会社で働く庭師ですが、株式会社 ワイエムエヌ(YMN)に所属してタレント活動もされています。

ここが現在の所属事務所。

ルックスはまさしく映画スター!

長身でかっこよすぎ。

身長は182cmだそうです。

NHKの「みんなで筋肉体操」や紅白歌合戦で注目され話題になりました。

【楽天】

そして現在、山崎豊子さん原作の「二つの祖国」のドラマに出演し、演技を初披露するってことでも村雨辰剛さんのことがニュースになっています。

ちなみに役柄は、極東国際軍事法廷のマイクチェックをするアメリカ人技術者です。

極東国際軍事裁判は東京裁判のこと。

そんな現在注目の村雨辰剛さんですが、はっきり言って名前の読み方が結構難しい。

苗字も名前も両方共。

「むらさめたつまさ」さんといいます。

見た目は外国人ですが、名前は純日本人のように漢字。

ハーフ?って思ってしまいますよね。

確かに超イケメン。

こんなにカッコイイなら注目されて当然って感じです。

出身は北欧のスウェーデン。

そこで生まれ育ちました。

今の年齢は30歳。

どうして庭師になったのか?

その理由や原因、きっかけなども非常に気になりますね。

現在注目度・人気度急上昇中の村雨辰剛さんですが、まだwikiはありません。

そんなわけで今回は村雨辰剛さんの経歴や結婚、国籍やプロフィールをメインにまとめてみました。

既婚なのか?

そうではないなら彼女は?

また、スウェーデン出身なのに名前が日本語だけど本名は?

そして猫との関係など・・・。

そんなことにも迫ってみます!

【スポンサー リンク】

村雨辰剛が庭師になった理由や原因やきっかけとは?

スウェーデンで生まれ育った超イケメンがどうして庭師になったのか?

その理由や原因、きっかけ等は非常に気になりますよね。

村雨辰剛さんは子供時代から外国に憧れを持っており、将来いつかはスウェーデンとは異なる国で生活してみたいと考えていました。

そんな中で歴史や文化において独自性が大きい日本に興味を抱くようになります。

そして高校卒業と同時に来日することに。

名古屋にある語学学校で語学教師として働き始めました。

そんな中、せっかく日本に来たんだから日本的な仕事がしてみたいという思いが庭師を志すようになったきっかけのようです。

それで、名古屋の造園会社でアルバイトをし始めますが、そういったことがまさに日本文化という感じでとても楽しくなり、庭師を自分の生涯の職業にしようと思ったそうなんです。

【スポンサー リンク】

村雨辰剛の経歴と大学などの学歴

ここでは村雨辰剛さんの経歴について紹介します。

高校卒業後に日本にやってきて最初は英語やスウェーデン語の語学教師をされていました。

生まれも育ちもスウェーデンではありますが、幼い頃から英語が得意だったようです。

母国のスウェーデンと異なる環境と文化の中で暮らしてみたいという気持ちから、日本という国に興味を持つようになり日本語を勉強し始めます。

勉強していくうちに日本語が上達していきますが、そんな中、将来は日本で日本人として生活したいという目標ができます。

そして、高校卒業後に日本に行き語学教師として働き始めます。

それと同時に現在の所属事務所からスカウトされてCM、通訳や翻訳などの仕事もされていました。

造園業での習い庭師に転身したのは23歳の時です。

さらに日本古来の文化と関わって仕事がしたくなったというのが理由です。

26歳の時に帰化が許可され、日本国籍を取得。

そして、現在の名前である村雨辰剛に改名したのです。

経歴的にはかなり興味深いものがありますね。

大学に関してですが、高校卒業後に日本にやってこられた時から働いておられてて、大学には進学されていないようです。

【スポンサー リンク】

村雨辰剛の結婚と妻と猫

超イケメンで映画スターのようなルックスから、村雨辰剛さんの結婚については興味ある人が多いと思います。

ネット上では既婚者などのキーワードが見受けられますが、実際には結婚に関する情報は現在のところ特にないというのが事実です。

おそらく、結婚はされていないのだと思われます。

そうなると、当然ですが妻も子供もいるはずがありません。

村雨辰剛さんはInstagramをされており、そこの中には自宅の部屋で食事をしているものなどありますが、それをみるとどうしても独身男性の部屋って感じです。

ただし、完全なひとり暮らしでないのは確実です。

猫と一緒に生活されているようです。

Instagramにその猫の画像や動画があるので、これは確実でしょう。

こういったわけで、結婚している可能性は極めて低いと言えますね。

そうなると、今度は彼女の存在が非常に気になるかもしれませんね。

BSの番組に村雨辰剛さんが出演された際に東京在住の日本人の彼女出てたなんて情報があります。

彼女がいても全く不思議でもなんでもないんですけどね。

これ以外では彼女に関する情報は特にありませんでした。

村雨辰剛の国籍と帰化

村雨辰剛さんが出身国のスウェーデンから日本にやってきたのは18歳の時です。

日本に帰化したのは26歳。

そして、日本国籍を取得されました。

実は16歳の時に日本に来たことがおありなんです。

神奈川県でホームステイの経験があります。

この経験が日本で働きたいと思うようになったきっかけでもあるようです。

父親と母親と兄弟と生い立ち

家族に関しては父親も母親も詳細なことは不明です。

生い立ちや家庭環境は結構複雑なものがあったようです。

両親は村雨辰剛さんが4歳の時に離婚されています。

その後は母親との生活となりますが、後に母親は再婚して2番目の父親とも一緒に暮らすようになります。

しかしながら、実父との関係が完全に無くなったというわけではなく、相変わらず会ったりはしてたようです。

その実父も後には再婚されています。

というわけで、異父兄弟と異母兄弟がいます。

全部で6人いるようです。

勤めている造園会社はどこ?

勤めている造園会社がどこなのか気になるところだと思います。

愛知県西尾市にある加藤造園で庭師として勤められていましたが、現在は独立されているようです。

愛知県西尾市といえば、昔からの植木の産地。

造園会社や造園業者が多いんです。

そういったことで、日本では愛知県西尾市で仕事を探すことを決めたようです。

日本で庭師の親方の元で修業したあと、今は独立され東京で生活されているようです。

師匠についてはこの後に解説していきます。

本名と名前の由来と師匠との関係

生まれも育ちもスウェーデンなのに名前は漢字の日本語。

日本に帰化され、日本国籍を取得されたことはすでに説明しました。

本名は、ヤコブ・セバスチャン・ビヨークさんといいます。

日本国籍取得と同時に名前を日本名に変更されたんです。

なぜ「村雨辰剛」という名前になったのか?

記事冒頭でも書いたように、日本人でも読み方が結構難しい名前だと思います。

この名前の由来は以下のようになります。

「村雨」というのは日本刀のイメージから。

【楽天】

江戸時代の読本である「南総里見八犬伝」に出てくる架空の刀に村雨(むらさめ)というものがありますが、実際には時代・歴史小説家の村雨退二郎さんの姓からとったものです。

「辰」という漢字は単に辰年生まれということから。

「剛」という部分は庭師の師匠の名前から1文字を取ったというわけです。

そして、本名のヤコブ・セバスチャン・ビヨークから日本名の「村雨辰剛」に変更としたわけです。

実は、庭師としての師匠は2人います。

親方と先代の親方、つまり親方の父親です。

村雨という名前は、親方のお父さんの方につけてもらったものです。

ちなみに、師匠というか庭師の親方の名前は「」

プロフィール

最後にプロフィールを紹介して終わりにします。

名前:村雨辰剛(むらさめたつまさ)

本名:ヤコブ・セバスチャン・ビヨーク

生年月日:1988年7月25日 現在の年齢は30歳

出身地(国):スウェーデン

身長:182cm

体重:現在の体重は不明

所属事務所:株式会社 ワイエムエヌ(YMN)

トライリンガルだそうです。

その3つの言語は、スウェーデン語と英語と日本語 。

庭師ですから、特技として造園技術があります。

趣味は筋トレなどでの肉体改造。

トレーニングジムに通うようになったのは16歳の時です。

きっかけは親戚のおばさんが筋トレ好きだったことから興味を持ったようです。

やはりという感じですが、盆栽も趣味だそうですよ。

16歳で筋トレを始めた当初は体重は70kgだったそうなんですが、その体重が18歳の時にピークとなり110kgにもなったそうです。

村雨辰剛さんの筋トレに非常に興味ある人は多いと思います。

なので、少し説明しておきますが、プロテインに関してはホエイプロテイン【FINFIT プロテイン】などの標準的なものを使用しているそうですよ。

最後に、村雨辰剛さんにはFacebookがあります。

「Tatsumasa Murasame 村雨 辰剛」で検索すると出てくると思います。

ブログはないようですが、Twitterがあります。

すでに紹介しましたがInstagramも。

【スポンサー リンク】

コメント