ジャニー喜多川社長の父親と母親について!兄弟姉妹もリサーチ!

今回注目するのは、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長

本名は、ジョン・ヒロム・キタガワ(John Hiromu Kitagawa)さんといい、漢字では喜多川擴(きたがわひろむ)さんです。

日本とアメリカの両方の国籍を持っていたためにミドルネームがあります。

アメリカのロサンゼルス生まれの日系2世です。

解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で2019年6月18日から入院されていましたが、7月9日にお亡くなりになられました。

今回はジャニー喜多川社長の、父親と母親、生い立ち等少しプライベートな部分をメインにまとめてみました。

ジャニーズ事務所の歴史やジャニー喜多川社長のギネス認定の業績なども興味あるところです。

【スポンサー リンク】

ジャニー喜多川社長の父親と母親

ジャニー喜多川社長の父親の名前は喜多川諦道(きたがわたいどう)さんといいます。

1896年(明治29年)生まれ。

出身地は大分県。

出家されたのは8歳の時で、1924年にアメリカに渡りました。

高野山真言宗米国別院第三代主監という僧侶であり、仏教の布教活動をおこなうためにロサンゼルスに移住され、米国大使教会の運営を9年間務められました。

この地でジャニー喜多川社長は生まれました。

次男です。

喜多川諦道さんには子供が3人います。

ジャニー喜多川社長の兄弟姉妹ということになりますが、これに関しては後ほど詳しく解説していきます。

1933年(昭和8年)に家族とともに日本に帰国。

そして、大阪市で生活されました。

妻、つまり、ジャニー喜多川社長の母親が亡くなられた後、1947年(昭和22年)に金星スターズに名前が変わりましたが、1946年(昭和21年)kから1948年(昭和23年)までプロ野球チームの「ゴールドスターのマネージャーを務められていたという経歴もあります。

金星スターズというのは、現在の千葉ロッテマリーンズの前身球団の一つです。

この後は、球団オーナー親族が経営されている大阪の心斎橋の煎餅屋「杵萬に居候をされ、そこで亡くなられたようです。

母親は喜多川栄子さんといいます。

1934年(昭和9年)、ジャニー喜多川社長が当時3歳の時に亡くなられています。

ジャニー喜多川社長の母親に関しては詳しいことは不明です。

【スポンサー リンク】

ジャニー喜多川社長の兄弟姉妹

家系図を見ると、ジャニー喜多川社長は3人兄弟です。

ジャニー喜多川社長の兄は喜多川真一(きたがわまさかず)さんといい、航空機メーカーであるノースアメリカン・ロックウェル(North American Rockwell Corporation)のエンジニアでした。

長男ですが、第二子です。

ノースアメリカン・ロックウェルでNASA(アメリカ航空宇宙局)関係の仕事をされており、アポロの設計にも携わっていた科学者でした。

1985年に50代半ばくらいの年齢で亡くなられています。

姉はメリー喜多川さん。本名は藤島メリー泰子さん。

1926年(昭和元年)生まれ。

長女で第一子です。

現在、ジャニーズ事務所の副社長です。

メリー喜多川さんに関してはwiki等があるので、もっと詳しく知りたい方は
そちらを参考にどうぞ。

ジャニー喜多川社長のプロフィール

最後にジャニー喜多川社長のプロフィールを紹介して本記事を終わりにします。

名前:ジャニー喜多川
本名:ジョン・ヒロム・キタガワ(John Hiromu Kitagawa) 喜多川擴(きたがわひろむ)
生年月日:1931年(昭和6年)10月23日 2019年(令和元年)7月9日に87歳で亡くなられました。
国籍:日本 アメリカ
出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市
出身高校:ロサンゼルスにある高校
出身大学:ロサンゼルス市立短期大学

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

ひと

Posted by コモトピ