ジェイクデイビス(元ハッカー)の今現在と昔!出身大学やプロフィールもリサーチ!

ひと
この記事の所要時間: 342

こんにちは。

今回フォーカスしたのは、元ハッカーのジェイクデイビス(Jake Davis)さん。

もちろん、現在はハッカーではありません。

インターネットが普及した情報社会となった今、セキュリティの話をいろんなところで毎日聞きます。

ジェイクデイビスさんのような元世界的ハッカーから教えられることは非常に多いし重要です。

後ほど詳しく紹介しますが、現在もコンピューターにかかわっておられます。

もちろん、セキュリティ関係です。

そんなわけで今回は、ジェイクデイビスさんの今現在と昔、出身大学やプロフィールをメインに紹介していきます。

【スポンサード リンク】

ジェイクデイビス(元ハッカー)の今現在

元ハッカーであったジェイクデイビスさんですが、今現在は某大手企業において、これまでの経験などを活かしコンピューターセキュリティに関するコンサルタント業に従事しておられます。

【スポンサード リンク】

昔の若い頃

ジェイクデイビスさんの昔の若い頃のハッカー時代も気になるところだと思います。

といっても、今20代なので昔とか若い頃とは言えないというクレームは無しでお願いしますね。(笑)

今は20代ですが、10代の頃はハッカー集団の「アノニマス(Anonymous)」や「ラルズ・セック(LulzSec)」のメンバーとして活動していました。

ちなみに、anonymous(アノニマス)とは「匿名の」という意味をもつ英単語です。

品詞は形容詞。

ラルズ・セック(LulzSec)はLulz Security(ラルズセキュリティ)という別名もあります。

ラルズ・セックはアノニマスの分派です。

ちなみに、「ラルズ」のつづりは「Lulz」で、その意味は「大笑い」です。

つまり、「大笑いのセキュリティー」という名前になるわけです。

ラルズ・セックがアノニマスの分派として活動を始めたのは2011年の春でした。、

ここに参加当時の年齢は18歳。

このように、ジェイクデイビスさんはこういったハッカー集団に若い頃は所属して活動していたんです。

今となっては昔の話なんですが・・・。

その後、ラルズ・セックは2011年6月26日に活動終了を宣言。

2013年にコンピューター関連法に違反したということで英国在住のメンバーに有罪判決が下されました。

その中の一人がジェイクデイビスさんでした。

ちなみに、24ヶ月の実刑判決でした。

当時20歳。

ロンドン郊外のフェルタム少年院に入っていたわけですが、その後はインターネットやパスポートの利用禁止を受けていました。

今現在の話の続きになりますが、ネットに関しては現在は利用できるようになっていますが、今年2018年まで、暗号化ツールを使用できないことになっています。

ネットの利用状況は当局が監視中であり、利用履歴を消去できない状態になっているそうなんです。

出身大学と経歴について

ハッカーと言うとすごく優秀ですごい大学出身などの学歴があるかと思いきや、ジェイクデイビスさんの場合は学校は13歳でドロップアウトしたそうなんです。

なので、出身大学はおろか出身高校もないみたいです。

また、ハッカー集団に所属していたくらいしか経歴も特に見つかりません。

プロフィール

最後になりましたが、プロフィールを紹介します。

ハンドル名:トピアリー(Topiary)

本名:ジェイクデイビス(Jake Leslie Davis)

生年月日:1992年10月27日 現在の年齢は25歳

出身地:イギリスのイングランド地方

ラルズ・セックのメンバーだった当時のジェイクデイビスさんは18歳。

「引きこもり」であったと自分でも認めるような状態でした。

毎日毎日コンピューターにかじりついていた日々を過ごしていたそうです。

生い立ちや幼少期、学生時代なんかも気になるところですが、近いうちに追記していきたいと思います。

17歳から1人暮らしをされていました。

家族には母親と弟さんがいます。

父親については不明です。

【スポンサード リンク】

コメント