池田千賀子の経歴や学歴について!評判は?プロフィールもチェック!

池田千賀子の経歴や学歴について!評判は?プロフィールもチェック!
この記事の所要時間: 618

こんにちは。

今回注目したのは、池田千賀子(いけだちかこ)さん。

今年2018年に行われる新潟県知事選挙の立候補者3名の中の一人です。

東京電力が管轄している新潟県にある柏崎刈羽原発の再稼働が争点の一つになっています。です。

もう一つの争点が安倍政権に対する評価など。

これらの問題で、池田千賀子さんは柏崎刈羽原子力発電所の再稼働には反対しておられ、安倍政権の評価に関しては評価しておられません。

また、東京電力の安全性への意識は欠如しているとも考えておられるようです。

このような立場で新潟県知事選挙2018に挑まれるわけです。

6月10日の日曜が投開票となっています。

連日いろんな報道がなされ、投票日が近づくに連れてますます注目されているようです。

新潟県知事選の結果が安倍政権の今後の命運を左右する友いわれているので、注目が集まるのも当然ですね。

池田千賀子さん以外の立候補者は2人。

安中聡(あんなかさとし)さんと花角英世(はなずみひでよ)さん。

花角英世の妻と娘は?家族が気になる!略歴やプロフィールも紹介!

新潟県民だけでなく、日本中の多くの方が選挙結果の速報がどうなるかに非常に興味関心を持っていると思います。

新潟県初の女性知事が誕生するのか?

立候補者の一人としてすごく話題になっている池田千賀子さんなんですが、wikiはありません。

そんなわけで今回は、経歴や学歴、評判、そしてプロフィールなどをメインにまとめてみました。

こういったこと以外に家族などについてもリサーチしました。

【スポンサード リンク】

池田千賀子の経歴

まずは経歴からご紹介します。

今回の選挙データを見ると、肩書きは元新潟県議会議員となっています。

党派は無所属です。

短大卒業後に地元新潟県の柏崎市役所で初めての歯科衛生士として採用されます。

なんで歯科衛生士?って思うかもしれません。

後ほど詳しく学歴のところで説明しますが、短大と言っても池田千賀子さんが在籍しておられた当時は歯の専門学校だったんです。

学生時代から地域歯科保健の道へ進むことを希望しておられたようです。

柏崎市役所でただ一人の歯科衛生士として20年ほど働いておられました。

その後、市役所で子ども課職員となり、子ども行政に携わってこられました。

そして、2002(平成14)に翌年2003年におこなわれる柏崎市議会議員選挙への出馬要請をうけて市役所を退職されました。

それ以後の経歴はwiki風にまとめて紹介します。

2003(平成15)年:柏崎市議会議員選挙初当選。新会派「柏崎のみらい」結成。

2004(平成16)年:「介護支援専門員(ケアマネージャー)」の資格を取得。

この資格取得の理由は、議員として介護保険制度をより理解する必要があると考えられたからです。

2007(平成19)年:柏崎市議会議員選挙2回目の当選。

2009(平成21)年 建設企業常任委員会に所属し委員長に就任。
本会議場での質問 委員会視察

2011年:柏崎市議会議員選挙で3回目の当選。1位での当選でした。

2011年:柏崎市議会副議長に就任。

2015年:新潟県議会議員選挙初当選。

以上が昔の若い頃から現在までの経歴です。

そして、今回の新潟県知事選挙2018に立候補。

結果がどうなるのか?

速報が楽しみですね。

【スポンサード リンク】

学歴

学歴もわかりやすく以下にまとめます。

出身中学:柏崎市立第三中学校

出身高校:新潟県立柏崎常盤高校

高校卒業後は歯友会歯科技術専門学校に進学されました。

この学校は現在の明倫短期大学です。

寮生活をされておられました。

この専門学校の教育方針は厳しく、消灯時間はもちろん厳守。

なので、押し入れに照明器具を持ち込んで試験勉強してたそうです。

こういった思い出があるとか語っておられます。

良い思い出としてです。

厳しい寮生活という環境でしたが、しっかり勉強されていたようですね。

経歴のところで解説しましたが、この学校を卒業後に市役所に就職されたというわけです。

実は、学歴はこれだけではないんです。

歯の専門学校を卒業されたのは1981(昭和56)年。

その後、2006(平成18)年に早稲田大学人間科学部人間環境科学科に入学されました。

ただし、通信制です。

理由は、柏崎市の2年連続の豪雨にによる大きな被害発生でした。

そのことで、地球環境というものが自治体の運営や財政にも大きな影響を及ぼすことを認識し実感されることに。

それで、改めてきちんと環境について学びたいということで、議員と学生という「二足のワラジ」を履くことを決意されたわけです。

以上、学歴についてでした。

評判は?

管理人は特に池田千賀子さんを推薦して応援しているわけではありません。

他の2人の立候補者もですが。

経歴や学歴をリサーチした限りでは、議員となった後に介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得されたり、早稲田大学人間科学部人間環境科学科に入学されたりと、よく勉強される方だな~との印象が強いです。

支援者からの評判はもちろんいいだろうし、対立候補側やその支援者からは良くないものがあるでしょう。

では、新潟県以外にお住まいの一般の方や特に新潟県民からの評判はどうなのか?

こういったことに関しては一概には言えませんね。

いろんな評判があります。

いいものも良くないものも。

Twitterでさっき確認しましたが、かなり厳しい意見もたくさん見受けられるのも事実です。

こうなると、選挙の結果で判断したほうがいいのかもしれません。

さて、ニュース速報ではどうなっているのか待ち遠しいですね。

結婚と夫と子供

池田千賀子さんはご結婚されており、夫と子供さんが2人います。

結婚されたのは1984年で、夫は市役所時代の同僚の方です。

子供は息子さんと娘さん。

プロフィール

wikiがないので、最後にプロフィールを紹介して終わりにします。

経歴や学歴はすでに解説したので、それ以外のものをここでは記載します。

名前:池田千賀子(いけだちかこ)

生年月日:1961(昭和36)年1月27日 現在の年齢は57歳

出身地:新潟県柏崎市

公式サイトの他にTwitter、インスタ、LINE、YouTube(池田ちかこチャンネル)、Facebookがあります。

趣味は走ることだそうです。

以前は年に一度フルマラソンに出場することを自分に課されていたようですが、今は練習不足という理由で休みにしておられます。

フルマラソンやハーフマラソンなどに参加されていました。

ちなみに、フルマラソンのベストタイムは3時間59分2秒。

この記録は2001年に開催された福知山マラソンでのものです。

その他に、趣味として田んぼでのコメ作りもあるようです。

【スポンサード リンク】

ひと・グループカテゴリの最新記事

Translate »