花角英世の妻と娘は?家族が気になる!略歴やプロフィールも紹介!

花角英世の妻と娘は?家族が気になる!略歴やプロフィールも紹介!
この記事の所要時間: 423

こんにちは。

今回注目したのは花角英世さん。

名前の読み方がちょっと難しいですね。

「はなずみ ひでよ」さんです。

すでに話題になっている今年2018年におこなわれる新潟県知事選挙の立候補者の一人です。

ちなみに、立候補者はあと2人います。

安中聡(あんなかさとし)さんと池田千賀子(いけだちかこ)さんです。

池田千賀子の経歴や学歴について!評判は?プロフィールもチェック!

こういった選挙の立候補者については様々な興味や知りたいことが出てきますね。

特に実際に投票に行くという方には公約や選挙の争点など以外の情報も判断材料にする場合もあると思います。

一般的には、経歴や出身高校や大学などの学歴、評判などをリサーチする方が多いのではないでしょうか?

ちなみに、wikiはありません。

ところで、選挙といえば、家族の応援もすごく重要な部分の一つになる場合もあります。

今回はそういった点に特にフォーカスしていこうと思います。

そういうわけで、花角英世さんの家族、特に妻と娘さん、そして略歴やプロフィールを紹介します。

投開票日のニュース速報が今からすごく気になりますね。

選挙結果がどうなるのか?

安倍政権との関連でも非常に注目されている選挙と言えます。

当選者は一体誰になるのでしょうね~。

【スポンサード リンク】

花角英世の妻と娘

花角英世さんはご結婚されており、妻と子供が2人います。

子供は娘さんが2人です。

長女はご結婚されており、お子さんが2人いらっしゃるようです。

次女はベトナム在住。

今回の新潟県知事選挙にお父さんが出馬するってことで、ベトナムから駆けつけたそうです。

この後に紹介する奥さんは選挙応援のために休職願いをだされたとかいう情報もありました。

妻の名前は田枝さんといい、高校教師をされています。

私立高校の英語教諭です。

【スポンサード リンク】

家族が気になる!父親と母親は?

妻や娘さんについてはすでに説明しましたが、それらの人以外の家族についてもリサーチしました。

生まれたのは新潟県の佐渡市ですが、10歳から高校卒業までは新潟市で生活されていました。

引っ越した原因と言うか理由は、父親の転勤によるものみたいです。

転勤が多かったようです。

こういった生い立ちもあります。

父親の名前は花角英昭さんといい、母親の名前はヒサ美さんと言います。

お二人ともに佐渡にあった電報電話局に勤務されていました。

父親は白瀬無線局の技師で、母親のヒサ美さんは佐和田電報電話局の交換手をされていました。

母親の旧姓は吉田さんで、その父親、つまり花角英世さんの母方の祖父は警察官でした。

母方の祖母は小菅テツさんと言う方。

そして、花角英世さんには絵里子さんというご兄弟がいます。

姉です。

先祖、子孫、家系(図)なんかも気になるところですね。

学歴

ここで気になる学歴について紹介します。

いや~、花角英世さんってすごい高学歴です。

予想はしていましたが・・・。

出身高校は新潟県立新潟高等学校で、出身大学は東京大学法学部。

出身中学は新潟大学教育学部附属新潟中学校のようです。

略歴は?

経歴に関しては略歴として説明します。

大学卒業後に運輸省に入省されます。

現在の国土交通省です。

そこで、国土交通省総合政策局観光政策課長、観光庁総務課長という役職を務められました。

その後、新潟県副知事に。

さらには、海上保安庁次長となりますが、退官されました。

選挙データを見ると、肩書きは元海上保安庁次長となっています。

ちなみに、無所属です。

プロフィール

wikiがないので、最後にプロフィールを紹介して終わりにしたいと思います。

経歴や学歴に関してはすでに解説したので省略します。

名前:花角英世(はなずみひでよ)

生年月日:1958年(昭和33年)5月 現在の年齢は60歳

出身地:新潟県佐渡市

少年時代はごく普通で、空き地で野球などをして遊んでいたそうです。

高校時代にはバドミントンを始めましたが、1年くらいでやめられています。

理由は、周囲に圧倒されたからだそうです。

性格は楽天的だそうです。

管理人的にはなんか意外ですね。

趣味は町歩き。

北前船文化の跡地や長岡の摂田屋などを歩くそうです。

東大法学部出身なのに、なぜ弁護士など法律関係に進まず官僚になったかというと、司法試験に不合格になったからだそうです。

司法試験を受験されたように、弁護士を志してはおられたようです。

公式サイトのホームページの他に、Twitter、Facebook、Instagram、公式LINEなどのSNSがあります。

【スポンサード リンク】

ひと・グループカテゴリの最新記事

Translate »