富川悠太の結婚と妻と子供について!いとことALSも調査!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 448

富川 悠太(とみかわ ゆうた)さんは、テレビ朝日のアナウンサー

富川 悠太(とみかわゆうた)さんは、テレビ朝日のアナウンサーで、報道ステーション(報ステ)でリポーターをしている方です。

イケメンですよね~。

今回は、富川悠太さんの結婚と妻と子供について、いとことALS、年齡や身長、出身大学・高校などのプロフィールを解説します。

その他に、ブログやFacebookについても紹介します。

古舘伊知郎さんの報ステ降板の噂があり、後継者つまり後任候補については複数の人の名前が上がっていました。

その中のひとりが富川悠太さんというわけです。結局、後任に決定しましたが。

このことについても解説します。

【スポンサード リンク】

富川悠太のプロフィール

プロフィール

名前:富川悠太(とみかわゆうた) 本名です

生年月日:976年9月3日。現在の年齢は39歳

出身地:愛知県名古屋市

出身高校:都立国立高校

出身大学:横浜国立大学教育学部小学校教員養成課程体育専攻

身長は175cmです。

都立国立高校は偏差値が74、横浜国立大学は学部によって変わりますが、60くらいから70近くはあります。

富川さんって学力が高いんですね。優秀な方のようです。

高校時代は野球部に所属していて、当時は牛乳瓶の底みたいな分厚いレンズのメガネをかけていました。

学歴の出身大学からわかると思いますが、小学校の教員免許をお持ちです。

余談ですが、黒柳徹子さんの大ファンだそうです。

また、松平健さんの「暴れん坊将軍」の大フリークで、特別出演もされています。

大学卒業後の1999年4月1日にテレビ朝日に入社しました。

現在の担当番組は「報道ステーション」と「報道ステーションSUNDAY」

報道ステーションではリポーターをやってます。

Facebookとブログがあるので、要チェック!

イケメンで、学歴も経歴もしっかりしている富川悠太さんですが、結婚相手に選ぶなら、こんな男性を望む女性が多いのでしょうね。

そんな優秀な富川 悠太さんが報道ステーションの古舘さんの後任有力候補に名前が上がってもおかしくはないですね。

報ステのキャスターっていえば、普通は大物がふさわしいんですが・・・

実際、そういう待望論があるようです。

具体的にいうと、羽鳥慎一さんやミヤネ屋の宮根誠司さんとか・・・

でも、後任候補の方たちのスケジュールなどの日程上の関係で難しいというのが現状みたいですね。

お金の問題もあるようだし。 大物だとギャラが高い!

後任の有力な候補としては、今回は羽鳥慎一さん、ミヤネ屋の宮根誠司さん、その他の候補として平石直之アナウンサーや報道記者の中丸徹さんの名前も上がってます。

去年の夏頃も古舘伊知郎さんの報道ステーション降板の噂がありました。この時はその事自体の信憑性が疑問視されてました。

でも、この時も富川 悠太さん、羽鳥慎一さんん、宮根誠司さんの名前はでてました。

噂は本当だったんですね。

でも、最終的には「報道ステーション」のメインキャスターは富川さんに決まりました。

奥さんも子供さんもすごく喜んだでしょうね。

【スポンサード リンク】

結婚と妻と子供

結婚

結論から先に言うと。富川悠太さんは2006年11月に結婚しています。

結婚相手は芸能人ではなくて一般人の女性です。 この方が現在の妻です。

テレビに出ている時に注意してください。左薬指に指輪をしてませんか?

奥さんがどういう人か興味あるところですが、一般人の女性とだけしかわかりません。

子供に関してですが、富川悠太さんは奥さんとの間に長男と二男の2人の男の子がいます。 情報は今のところこれだけです。

いとことALSについて

病気

富川悠太さんに関連していとこのことに関心がある方もいるようですね。

正確には従姉(じゅうし)です。従姉とは年上で女のいとこのことです。

なんで「いとこ」のことが出てくるの?って思うかもしれません。

名前は富川睦美さんといいます。

この方のことを富川さんは「むっちゃん」と呼んでいて、赤ちゃんの頃からかわいがってもらっていました。

そんな富川睦美さんが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)であることがわかったんです。

ALSという病気はきわめて重い筋肉の萎縮やそれらに伴う筋力の低下が起こる難病です。

現在まだ治療法はありません。また、発症後の平均的な寿命は約3年ほどと言われていえる病気です。

ALSが発症した時の年齢は40歳。

その後、6年間の闘病生活を笑顔で生き抜いて、残念ながら2014年8月に亡くなられたんです。

自分の闘病生活を通じてALS(筋萎縮性側索硬化症)のことを世の中に広く伝えたいという遺志がありました。

どんどん進行していく病気と闘う中で、睦美さんは自分の命の限界を知るようになります。

そこで考えた生きる意味というのが、ALSという病気のことをみんなに知ってもらうことだったんです。

たくさんの人がALSのことを知ればどうなるか?

研究者が増える!?⇒治療法の発見や確立⇒難病のALSで苦しむ人がいなくなる

それが睦美さんの考えです。

富川睦美さんのことがテレビで放送され、賞も受賞しました。

亡くなられたあと、、「愛知医科大学加齢医学研究所」などで脳組織などの解剖が実施されました。

本人が望んていたようにALSの研究に活かされてよかったと思います。

【スポンサード リンク】

Translate »