徳永優子(ヘアアーティスト)の夫と娘は?父母の離婚と生い立ちも解説!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 828

こんにちは。

ヘアー、つまり髪の毛のことでは管理人も負けてはいません。

円形脱毛症のごとく髪の毛がない部分ができてしまいました。(笑)

一時期とんでもなく忙しかったので、ストレスなどが原因なんでしょうかね。

その一方で、脱毛したり豊富な髪を芸術的なものにしたりとか・・・。

今回紹介するのはヘアアーティストの徳永優子(とくながゆうこ)さん。

また、ヘアメイクアーティスト、メークアップアーティストと紹介されていることもあります。

株式会社KC ビューティーアカデミー(KC Beauty Academy)の代表を務められています。

本名はYuko Tokunaga Koachさんといいます。

今現在の年齢は52歳か53歳。

誕生日が不明なんです。

wikiにはヘアスタイリストデザイナーと記載があります。

読んでみると、経歴とかアメリカでのことが説明してありますが、管理人的に知りたいことがほとんど書いてありません。

ハリウッドで大成功されていることなんかはどこにでも書いてありますが・・・。

記載は他の方と比べると少しだけです。

これではまだなかなか満足できません。

学歴や経歴、プロフィールなんかも。

そんなわけで今回は、ヘアアーティストの徳永優子さんの夫と娘は、父親の離婚歴と生い立ちをメインに解説していきます。

その他に、美容業界にいた父親や生い立ちなどについても見ていきます。

作品について興味のある方もかなり多いようですね。

叔父と叔母は芸能界でも有名な方でした。

そんなことも紹介していきます。

では、早速本題へ!

【スポンサード リンク】

徳永優子の結婚と夫と娘

徳永優子さんには夫と子供さんがいますが、実は結婚と離婚の両方を経験されています。

離婚後はシングルマザーとして2人の娘さんを育てられてきました。

具体的な年齢はわかりませんが、20代の時に韓国人男性と結婚されました。

離婚の原因というか理由なんですが、いくつかあるようです。

当時、徳永優子さんは美容師や着付けの指導者として多忙な日々を送っていました。

ですが、その後さらに忙しい状況に。

韓国人の夫には求めていた妻像があったようですが、仕事で多忙な状況の中それから大きくかけ離れていきました。

もう一つは長女と次女のことです。

自分の幼い頃の夢を託そうと就学以前から語学教育に力を入れていて、インターナショナルスクールに行かせる計画を持っていました。

夫は妻である徳永優子さんの娘さんに対する教育方針に反対だったんです。

どうしてかというと、日本語もまだきちんと話せないのに英語を教えるのはおかしいのではないかと。

旦那さんが言ったことですが、管理人的には間違ってはいないと思います。

小さいうちから英語を教えて、ある程度の年齢になっても結局は日本語も英語も両方共に中途半端なレベルにしかならなかったという例を本で読んだことがあります。

失敗とも言える例です。

すべてこうなるとは限りませんが、そんな危険性は十分起こりうる可能性はあると思います。

日本人なのに日本語がきちんと話せないなんてことになったら英語を学ぶ意味があるのかどうか・・・。

ちょっと脱線してしまいました。

夫との間でそんなことがあって2人の間の溝は大きくなっていったようです。

そして、結局は離婚ということに。

また、日本にあるインターナショナルスクールの学費ってものすごくお金がかかります。

それで、経済的な理由でその計画もだめになってしまいました。

日本では学費の問題があって無理ということで、現地の教育を受けさせることを決意。

ハワイを経由してロサンゼルスに行きました。

このように、渡米理由は子供の教育だったんです。

最初は娘さん2人との3人でのホテル暮らしの生活からからスタートしてアメリカで仕事を始めました。

ちなみに、アメリカでの最初の仕事は着付けのコンサルタントでした。

後ほど説明しますが、この後に徳永優子さんの大きな飛躍が始まります。

アメリカでの活躍は後に譲るとして、その後に再婚されました。

再婚相手はグレンさんという方です。

2005年のことです。

このことで、4人家族となりました。

昨年2016年秋の情報では、長女のミクさんは21歳となりUCLAで英語を専攻されているとのこと。

また、次女のリノさんは19歳ということでした。

【スポンサード リンク】

父親と離婚歴について

父親は美容業界におられた方です。

でも、娘である徳永優子さんがそのことを知ったのは最近とのことです。

昔気質の職人肌で仕事に打ち込んでおられたそうです。

また、破天荒な人だったと徳永優子さんご自身が語っています。

名前は専一さんといいます。

2009年の記事から考えると、現在の年齢は85歳。

会社も経営されていたようです。

後ほど紹介する生い立ちとも関係あるんですが、父親は7回の離婚歴があります。

7回もの数の離婚というのはなかなか聞きませんので、原因や理由が気になるところですが、昔気質の職人肌という部分も関係しているのかもしれません。

ちなみに、1回目、つまり徳永優子さんの実の母親との離婚は2歳の時でした。

母親についても紹介しておきます。

はるよさんといいます。

継母です。

年齢は68歳くらいだと思われます。

ご両親は大阪市にお住まいのようです。

叔父と叔母と芸能界

ちょっとびっくりしたのが叔父さんと叔母さんについてです。

芸能界にいらっしゃった方なんです。

叔父は父方の方で、名前は西条満さんといいます。

すでにお亡くなりになられています。

振付師をされていたんですが、芸能界のパイオニア的な方だったんです。

経歴というか実績もすごいです。

現役時代は山口百恵さんの最後のステージを演出されたり、たくさんのアイドルやタレントの振付師としてご活躍されていました。

叔母は松竹女優の塩月満子さん。

元女優さんでした。

叔父と同じくすでに亡くなられています。

この叔母のもとに夏休みは必ず預けられたそうなんです。

このように、芸能界で活躍されていた叔父と叔母がいたので、自分にもその才能が受け継がれていて欲しいという願いがあったそうです。

このことがまた、後の自信につながったとも語られています。

確かに才能が受け継がれているのかもしれませんね。

生い立ち

世界的に知られている徳永優子さんですから、やはり生い立ちには興味を持ってしまいます。

父親が7回も離婚していることはすでに説明したように、子供時代というか少女時代は複雑といえる家庭環境の中で育ちました。

過酷な環境の中にいたせいか、逆に早いうちから自分の豊かな夢を育てるようになったのかもしれません。

実の母親が残してくれた晴れ着を見て、いつの日にか自分で着物を着られるようになりたいという夢が幼い頃からあったそうです。

現在の活躍する姿からすると、生い立ち的には恵まれていたとはいえません。

しかし、これが今の徳永優子さんにならしめた可能性も否定できないです。

逆境から大成功した例はたくさんありますから。

幼い頃は随分寂しい思いもされたようです。

以上、生い立ちでした。

出身高校や中学などの学歴

出身高校や中学などの学歴も気になるところです。

ですが、残念ながら具体的な学校名などは不明です。

学歴に関してわかっていることは、ベルエベル美容専門学校の美容科を卒業されています。

また、渡米後はロサンゼルス近郊にあるグレーンデールガレッジで学ばれました。

経歴と学校のKCについて

日本人としては初めてのテレビ界のアカデミー賞である「エミー賞」にノミネートされた経歴を持ちです。

日本人ヘアスタイリストとしては初の快挙。

このことで徳永優子さんの名前が世界に知れわたることになりました。

これまでに、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」やマイケルジャクソンの「THIS IS IT」などで特殊メイクを手掛けたりされました。

映画の都ハリウッドで成功を収めた女

非常に困難だと言われているハリウッド映画ユニオンの加入を日本人では初めて果たしました。

学校のKCというのは記事冒頭で説明した株式会社KC ビューティーアカデミー(KC Beauty Academy)のことです。

この学校についてはホームページを自分で見るのが一番わかり易いと思います。

簡単に言うと美容学校です。

詳細について興味がある方はご自分で確認してみてくださいね。

プロフィール

最後になりましたが、ここでプロフィールをまとめておきます。

名前:徳永優子(とくながゆうこ)

本名:Yuko Tokunaga Koach

出身地:兵庫県神戸市 ロサンゼルス在住

生年月日:1964年 誕生日が不明なので今現在の年齢は52歳か53歳

血液型:B型

16歳の頃から京都で着物の勉強をされていました。

美容家、和装トータルスタイリストとして日本で活躍されていました。

その後、ハリウッドでヘアメイクアーティストとして活躍されるようになり現在に至ります。

Facebook(フェイスブック)があります。

今回、徳永優子さんにフォーカスしましたが、今後もご活躍されていくことはわかっているので目が離せないですね。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »