タマサンカ・ジャンティの今現在は?手話通訳の内容と意味にもフォーカス!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 534

マンデラ

こんにちは。

今日の熊本は雨降っててすごく蒸し暑いです。

ところで、タマサンカ・ジャンティ(Thamsanqa Jantjie)さんって知ってます?

「衝撃ニュース 追跡リサーチ 調べてみたら驚いた!」というテレビ番組で紹介されるんです。

南アフリカ共和国ののマンデラ元大統領の追悼式典で各国の要人の手話通訳をされた方です。

ネルソン・マンデラ

ここまで聞くと、すごく手話が上手い人なんだろうな~、って思うかもしれませんが、全くそんな人ではなかったんです。

ニセ手話通訳をしてたんです。

この式典は生中継で世界中に中継されてたんです。

ま~、衝撃的な出来事で世界中で話題になりました。

というわけで今回は、タマサンカ・ジャンティさんの今現在、手話通訳の内容と意味にフォーカスしました。

その他に、大騒動のその後のことや出身大学、そして過去の経歴についても解説します。

【スポンサード リンク】

タマサンカ・ジャンティの今現在

今現在

タマサンカ・ジャンティさんの今現在が「衝撃ニュース 追跡リサーチ 調べてみたら驚いた!」というテレビ番組で紹介されます。

気になりますよね。

その後どうなったのかが興味あります。

これはテレビを観てのお楽しみってことですね。

放送前にネタバレってのもありなんですが、調査してみたら何も情報がなかったんです。

詳細がわかったらまた本記事にその内容を追加します。

ところで、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の追悼式でのデタラメ手話通訳はあまりにも衝撃的だったといえます。

生中継

しかも、これって全世界に生中継されたんですからね。

テレビで見ていたら偽物の手話なんて誰も思わなかったはずです。

スーツ姿で4時間もの間、追悼式に出席した各国要人たちの”手話通訳”をしたんですからね。

日本からは日本の皇太子徳仁親王さまが出席されました。

ケープタウンの手話教育団体会長と団体関係者は、タマサンカ・ジャンティさんのことを完全な偽物の手話通訳者で一つも手話になっていなかったと語っています。

オバマ大統領の隣でもデタラメのニセ手話通訳していたんですから、驚くというよりその度胸に感心してしまうほどでもあります。(笑)

追悼式の生中継を世界中の人が観てたのに。

当時、とんでもない騒動になったんですが、タマサンカ・ジャンティさんご自身は「手話のチャンピオン」だって言ってたんです。

これをどれくらいの人が信じたかどうか・・・。

騒動に関しては弁明ももちろんしています。

幻覚を起こしたんだそうです。

【スポンサード リンク】

手話通訳の内容と意味

内容と意味

イギリスのデーリー・テレグラフ紙が、手話の専門家に通訳の内容の解読を依頼してその意味が判明しています。

「さあ、パーティーを始めようぜ。大きな魚、小さな魚、段ボール箱! 確かに演説は退屈だ。でも大丈夫。もうすぐキスがやってくるから」

引用元:zakzak

上がその内容です。

はっきりいってすべて意味不明です。(笑)

ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の追悼式でこんな内容の演説をする要人なんているはずがありません。

魚というキーワードが二回も出てるから、「キス」ってのは魚のキスなんでしょうね。

すべてむちゃくちゃ内容で意味がないのがすごいです!

もう一度いいますが、これが世界で生中継されたんです。

手話がわかる人たちはその内容にびっくりしたでしょうね。

南アフリカ共和国政府が国葬での手話通訳にタマサンカ・ジャンティさんを起用したのかが疑問です。

なんかちょっとあり得ないですよね。

事前に普通はいろいろと身元などの調査をするはずなんですが、時間がなかったとかいろんな理由があるのかもしれません。

その後が気になる!

その後

タマサンカ・ジャンティさんは、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の追悼式の式典後に行方不明になりました。

その後、地元の新聞の取材に答えています。

日当85ドルで手話通訳の仕事を請け負ったそうなんです。

日本円にして約8700円です。

手話が無茶苦茶な内容になった理由も弁明しました。

自分には統合失調症の持病があって、その症状が通訳の時に出てしまったそうなんです。

頭の中で天使の声が聞こえたんだそうですよ。

そして、幻覚も見えたそうなんです。

意味なしの内容の手話通訳になってしまったことも謝罪しています。

統合失調症の症状は大きく2つあります。

一つが幻覚や妄想などの陽性症状で、もう一つが自閉や感情の平板化など陰性症状なんです。

タマサンカ・ジャンティさんの弁明が真実ならば、陽性症状が式典での手話の時に出てしまったってことになりますね。

その後についてはまだあるんです。

なんと、ウェブCMに出演してたんです。

このCMの中で、マンデラ元南アフリカ大統領の追悼式のタマサンカ・ジャンティだと自己紹介しています。

しかも、自分はプロの手話通訳だとも言ってます。

このCMに関するコメントを見てみましたが、怒りをあらわにしたものが結構あったのは言うまでもありません。

CM撮影前には1ヶ月以上入院していたそうです。精神疾患が原因のようです。

ライブレンズ(Livelens)という会社がこのCMを制作したんですが、この会社に対するコメントもかなり厳しいものが多かったです。

追悼式の最中の動画がYouTubeにあるので、興味がある方は確認してみてくださいね。

過去の経歴について

過去

タマサンカ・ジャンティさんの過去や経歴がすごく気になる人が多いと思います。

あれだけの大騒動を起こした人物ですからね。

過去には複数回起訴された経歴があるようです。

こんな経歴がありますが、プロフィールや家族なども気になるところです。

メディアに対して語った出身大学や経歴はデタラメだったんです。

そんな出身大学などなかったと報道したメディアもあります。

手話以外もデタラメばかりだったようです。

なんでこんなこと言うんでしょうね。

今現在がテレビで紹介されますが、管理人は絶対見ますよ!(笑)

同じようなことを相変わらずやっている可能生も考えられますね。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »