ピコ桃太郎(岡山県)の正体は誰?理由や目的が気になる!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 436

桃太郎

こんにちは。

熊本市在住の管理人です。

今日は2017年の2日目ですが、正月早々いいニュースがありました。

ピコ桃太郎」さんに関する話題です。

ピコ桃太郎さんという人物が岡山県内にある全部で12の児童養護施設に贈り物を届けたんです。

ピコ太郎さんが昨年2016年に世界的な話題となりましたが、もちろんそのご本人ではありません。

こういったことをしたことで有名なのがタイガーマスクこと伊達直人さんとして児童養護施設に贈り物をしていた方です。

「タイガーマスク運動」なんて言葉もあるくらい有名になりました。

誰なのかが注目されて話題になっていましたが、昨年その正体が誰なのかが判明しました。

こういう活動というか運動をされるのはお金持ちや会社を経営している社長さんなどのイメージがありますがそうではありませんでした。

会社員をされている河村正剛さんという年齡が43歳の方であることが判明したんです。

具体的な職業は明らかになっていませんが、普通のサラリーマンって感じの方です。

【楽天】

では、なんで正体が誰なのかがわかったのかというと、初代タイガーマスクの佐山サトルさんが「リアルジャパンプロレス2016」のリングに河村正剛さんを呼び、本物の伊達直人として紹介したからです。

それで、本名や素顔が明らかになったんです。

そんなわけで今回は、岡山県の児童養護施設に贈り物をしたピコ桃太郎さんの正体は誰なのか?

そして、理由や目的、児童養護施設の名前や場所もリサーチしてみました。

タイガーマスク運動とピコ桃太郎さんの幼少期との関係なども気になるところです。

では、早速本題へと移ります。

【スポンサード リンク】

ピコ桃太郎の正体は誰?

桃太郎

岡山県内にある全12の児童養護施設に2017年1月1日の朝に贈り物をしたのが、ピコ桃太郎さんです。

送り主は「ピコ桃太郎」と名乗っているだけでその正体が誰なのかは今のところ不明です。

河村正剛さんのような会社員なのか?

岡山県に住むお金持ちや社長さんなのか?

男性なのか女性なのか?

年齡など一切の情報は現在のところありません。

ピコ桃太郎さんが誰なのかを明らかにすることに意味があればその正体について徹底的に調査する意味もあるんでしょうけどね。

素敵なプレゼントを毎年送ってくれるというその行為だけで十分ではないかと思います。

ご本人は正体が誰なのかを知られたくないって思っている可能性もありますからね。

でも、こんなことすれば話題になるのはご自身でもわかっているはずです。(笑)

しかも、「ピコ桃太郎」なんて名前を名乗っているくらいですから。

正体や名前、年齡、職業など気になることはたくさんあります。

こういったことをする目的や理由があり、その背後にはもっと大きな運動や活動を考えられておられるという可能性もあります。

ただ単にタイガーマスク運動の賛同者ってことかもしれません。

管理人的には誰なのかってことよりも、目的や理由の方が気になります。

また、ピコ桃太郎さんの生い立ちなんかとの関係にも興味があります。

そういった意味での素顔とかを知りたいですね。

【スポンサード リンク】

理由や目的について

理由

報道ではピコ桃太郎さん自身に関する情報はゼロです。

理由や目的に関しても同じです。

タイガーマスク運動の1つなのか?

でも、この運動は以前に比べて衰退の方向へと進んでいました。

それで、河村正剛さんは自分の正体を公表することでタイガーマスク運動が広まって欲しいと言ってましたからね。

河村正剛さんの場合はタイガーマスク運動をやる理由や目的がありました。

子供の時に養護施設や孤児院で育ってきたわけではないんですが、父親とは絶縁、母親は病気で亡くなり、親戚の間をたらい回しにされてきたという幼少期の生い立ちがありました。

それで、自分と同じような境遇にある子ども達を将来助けてあげたいという思い出タイガーマスクとして活動されていたんです。

このことは2013年に匿名という条件で毎日新聞のインタビューを受けた時に明らかになりました。

このように、タイガーマスクこと伊達直人として児童養護施設に贈り物をしていた会社員の河村正剛さんの場合は目的や理由がありました。

生い立ち

特に幼少期の生い立ちは楽しいことも悲しく辛いことも意識の中に深く刻み込まれて人生に影響を一生の間影響を与えると思います。

ピコ桃太郎さんも子供の頃に同じような経験や体験、境遇があったのか?

それとも、タイガーマスク運動に自分も参加したってことで今回のような贈り物をするに至ったのか?

理由や目的は今のところ明らかにされていませんが、いずれはっきりとわかるかもしれませんね。

ピコ桃太郎さんは2011年から毎年正月に児童養護施設にプレゼントを送っています。

こんなことは一見簡単そうですが、何らかの目的や理由がないと継続できるものではないと思います。

お金という経済的なこともありますしね。

今はタイガーマスク運動がもっと広まっていって欲しいと祈っている管理人です。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »