ハトムギ化粧水(+ニベア)の効果と使い方!作り方と口コミもチェック!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 539

IMG_9009_thankyou
ハトムギは胃腸薬として古くから漢方として使われてきました。特に日本では、しみとりなどの美肌効果やいぼとりとして利用されてきました。

老廃物の排出、つまりデトックス効果でも注目されてきました。

こんなハトムギから作られたハトムギ化粧水ニベアを併用した場合の肌への効果や使い方をメインに解説します。

作り方や口コミについても紹介するので是非チェックしてくださいね!

ハトムギ化粧水の効果とは?

ハトムギ化粧水の効果は?

ハトムギ化粧水の効果がすごいと話題になってますね。

美容アドバイザーの佐伯チズさんも薦めています。注目される理由の1つがこれなんでしょう。

さて、ハトムギの主な効果には

潤い力、透明感、(アンチ)エイジングケア、抗炎症、免疫力のアップがあり、これらの作用によって、肌荒れ、ニキビ、美白、美肌に効果が出るんです。

ハトムギは昔から肌に良い効果がある薬草として知られていました。また、ハトムギ茶は健康茶として人気があります。

タンパク質、アミノ酸、ビタミン類、ミネラル類がたくさん含まれています。含まれている成分もばっちりって感じです。

肌に使うだけではもったいないって管理人は思います。体の内外両方からケアするととんでもないほどの効果があるんじゃないかと思います。

お茶として赤ちゃんでも飲んでいるくらいだから安心ですね。

では、それぞれの効果について詳しく解説します。

IMG_0493

1.潤い

ハトムギに含まれているアミノ酸には高い保湿効果が期待出来ます。肌には本来、保湿成分があります。それがアミノ酸なんです。

肌の角層に潤いを与え、みずみずしいうるおいのある肌にしてくれます。

2.透明感

実はハトムギ自体には美白効果を期待できる成分は含まれていません。メラニンなどの色素がシミの原因なんですが、これらを直接防ぐ成分が含まれていないんです。

しかし、肌(皮膚)の代謝を促進させたり、老廃物の排出を促し、くすみの改善。

また、上でも書いたように潤いを与える力があることで、肌が明るくなるのを助け、本来の透明感を引き出してくれる効果があります。

3.(アンチ)エイジングケア

肌の余分な水分や老廃物の排出を促進させる効果により、肌の血液循環が良くなることで、コラーゲンの生成を促進させます。

この効果によって、肌本来のハリや弾力を回復させることができます。このように(アンチ)エイジングケアが出来るんです。

4.抗炎症

肌の炎症を鎮める効果です。ハトムギには抗炎症成分が含まれているんです。肌の赤みやニキビによる炎症を抑える効果があります。

5.免疫力のアップ

ハトムギに含まれているゲルマニウムやアミノ酸には免疫力をアップさせる効果があります。

ゲルマニウムがたくさん含まれるってことで、以前、ガンに対する効果が注目されたこともありました。

免疫力は全身に影響しますが、特に肌についてはニキビの発生や悪化、肌荒れなどの予防や改善につながります。

以上のように、ハトムギ自体にはさまざまな効果があります。

そうなら、化粧水として使う場合にも大きな効果が期待できますね。

化粧水だけでなく、ハトムギ保湿ジェルもあります。化粧水のあとの保湿美容液として使うと良さそうです。

こういったことから、ハトムギ化粧水が注目されているわけです。

【スポンサード リンク】

ニベアとの相乗効果と口コミ


ハトムギ化粧水だけでも十分と思われる効果があるんですが、それに「ニベア」をプラスして併用すると、さらに効果が期待できます。

ハトムギ化粧水+ニベアの肌への相乗効果ってもともとはSNSでの口コミで話題になったんです。

それで、雑誌等でも紹介されるようになりました。

大量の実践者と口コミがあり、メディアでも取り上げられるほどのハトムギ化粧水+ニベア。

効果は実証済みってところでしょうか?

ハトムギ化粧水+ニベアの使い方

IMG_0277
ハトムギ化粧水+ニベアなら価格も安いし、今日からさっそく始められます。肌の状態別に使い方を紹介します。

顔の肌だけでなく、全身のスキンケアに利用するのもおすすめです。

敏感肌や乾燥肌の方の場合

1.洗顔した後、化粧水を塗る前に肌が見えなくなるくらいニベアを厚く塗ります。

2.ニベアを軽く拭き取るか洗い流します。

3.ハトムギ化粧水を肌に馴染ませ浸透させます。

4.ニベア、ハトムギ、ニベア・・・ハトムギ、ニベアと交互に、普通に使う1回分の量を10回くらいにわけて肌に塗ります。

【スポンサード リンク】

脂性肌(オイリー肌)の方の場合

1.洗顔した後すぐに、コットンにハトムギ化粧水をたっぷり染み込ませます。

2.1のコットンを肌の上で滑らせます。

3.パッティング。

4.コットンが乾燥してしまう前に外して、ニベアを薄く塗ります。

ハトムギ化粧水をたっぷり肌に浸透させた後に、ニベアをフタにして肌を覆うというイメージです。

ハトムギ化粧水の作り方

ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_s
ハトムギ化粧水は市販のものでも安いので、それを購入して使うのが1番簡単で楽な方法なんですが、添加物などが気になり、自分でしっかりしたものを作りたいと思う人もいると思います。

実際、作り方は簡単です。手間なんか気にならない方はそれを使うのもありですね。

ハトムギ化粧水にはいろんな作り方があるんですが、簡単!すぐ出来る!ってことを重視して選んだのが、この作り方。

1.鍋にハトムギ茶のパック1袋と日本酒(焼酎でも可)を入れ煮出します。1時間ほどしてから弱火にします。100ccくらいになるまで煮詰めて冷やします。

2.容器に1で作ったものを入れ、精製水を100cc、グリセリン50ccを入れて完成。

他にも作り方はあるので、自分の肌によく合う化粧水をいろいろつくってためしてみるのもいいですね。

ダイソーなどの100均にもハトムギ化粧水はあります。継続して使っていくことが大切なので、購入するか自作するか、自分に一番あったやり方でスキンケアをしていきましょう!

【スポンサード リンク】

Translate »