部分日食の撮影方法は?時間帯と場所と肉眼観測の注意点も要チェック!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 736

部分日食

2016年3月9日に部分日食を観測することができます。部分日食は太陽の一部分が月によって隠されてしまう現象です。部分食とも言います。

英語では「partial solar eclipse」

一方、太陽が全部月で隠れてしまうのが皆既日食(total eclipse)です。皆既食とも言います。

今回観測できるのは部分日食ですが、直近の過去では2012年でした。一部の地域を除けば4年ぶりなんです。日本での次回の日食は2019年1月6日。今回見逃すと約3年後。

今後どうなるかって言っても毎年のことではないので注意しておく必要があります。

せっかくだから、携帯やスマホ、デジカメで記念に部分日食を撮影しようと思っている人も多いと思います。

そこで、部分日食の撮影方法、観測できる場所や時間帯、肉眼で見る場合の注意点をメインに解説していきます。

特に管理人が住んでいる九州については県別に時間帯を詳細にまとめました。

【スポンサード リンク】

部分日食の撮影方法について

太陽

まず、注意から。

太陽は見るのも撮影するのも大変危険ということです。これは最初に絶対わかっておきたいことです。

国立天文台のホームページには、日食の観察・観測において「やってはいけないこと」がまとめられています。

部分日食の撮影方法なんですが、今回はスマホ等の携帯やデジカメで簡単に出来る方法、主に写真や動画の撮り方について説明します。

本格的に機材を用意して撮影をやる方もいるとは思いますが、それは一部の方なので今回は省略します。

十分な準備と対策をおこなわずにスマホやデジカメで部分日食を撮影することは危険です。

スマホのセンサーが故障したり、目を傷めたりすることがあるからです。

では、絶対無理なのかって言うとそんなことはないようです。

スマホや携帯で撮影する場合

スマホ

カメラレンズのメーカーが製造したした減光フィルターがあります。ND100000クラスの製品です。

これをスマホのカメラのレンズに装着して撮影するんです。

「太陽環撮」という携帯電話やスマホで日食を撮影できるようになる商品が販売されています。

科学技術館のミュージアムショップにあります。

「太陽撮影プリズム」という携帯やスマホで太陽の撮影ができる製品もあります。

その他にもいくつかありますが、結構高価です。

日食メガネのフィルターをスマホに使ったらいいんじゃないかと思うかもしれませんが、危険だし、スマホがこわれてしまう可能性があるので絶対にやめましょう。

携帯電話会社に直接聞くのが1番だと思い、ドコモショップに問い合わせてみました。

そしたら、スマホや携帯電話で日食を撮影するための商品がインターネット通販サイトにあるけれども、直射日光にカメラを向けるんだからこわれてしまう場合があるし、肉眼で直接太陽を見てしまう可能性もあるので危険であると。

できればやめたほうがいいのではないかとのことでした。

スマホや携帯で部分日食を撮影するのはもともと危険性があるので、出来ればやらないほうがいいというのが管理人の意見です。

【スポンサード リンク】

デジカメで撮影する場合

デジカメ

デジカメで部分日食を撮影するために必要な機材は次の3つです。

1.デジカメ
2.減光用のNDフィルター
3.三脚

三脚もいるの?って思うかもしれませんが、なくても撮影は可能です。

手でカメラを持って撮影はできるんですが、カメラとレンズの重量で撮影はきついものになります。

カメラやデジカメのレンズにNDフィルターを装着して撮影できます。レンズに取り付ける場合に専用のアダプターが必要です。

NDフィルターというのは太陽の明るさを減光するフィルターです。

NDフィルター自体は価格が2万円くらいするので、たった一回の部分日食を撮影するためだけに購入するのはコストパフォーマンスが悪いと言えます。

ちなみに、カメラで太陽を直接撮影したらどうなるかというと、最悪の場合、カメラの内部が萌えてしまします。

だから、NDフィルターが必要なんです。

カメラ屋さんや通販でもこのフィルターは購入できます。

デジカメによってはフィルターが装着できない機種があるのであらかじめ確認しておく必要があります。

スマホや携帯電話での撮影のところでも言いましたが、日食メガネのフィルターをデジカメに使うのは絶対にやめましょう!

時間帯と場所

日本

今回の日本での部分日食の時間帯や場所について解説していきます。

部分日食が観測できる時間帯は地域や場所によって異なります。また、南東に行くほどに太陽が月によって隠される割合が多くなります。

まずは北と南の大きく離れた場所に関しての観測できる時間帯を紹介します。

札幌市の場合:午前10時38分から部分日食が始まり、太陽の形が欠けていきます。ピークは午前11時18分。この時に太陽の5%の面積が隠れます。

そして、午前11時57分に太陽はもとの形に戻ります。

那覇市の場合:部分日食開始が午前9時29分。午前10時29分にはピークを迎え、太陽の面積の22%が隠れてしまいます。

太陽の約5分の1もの面積が隠れます。

その後、午前11時33分にはもとの形になります。

それ以外の地域では部分日食が始まる時間と終了時間は札幌市と那覇市の間の時間帯になります。

太陽が隠れる面積についても同様です。

管理人は熊本に住んでいるので、九州のそれぞれの場所ごとの部分日食の時間についてまとめておきます。

九州の県別の部分日食時間帯まとめ

九州

福岡:開始 午前9時56分 最大 午前10時45分 終了 午前11時37分

大分:開始 午前9時56分 最大 午前10時48分 終了 午前11時41分

佐賀:開始 午前9時55分 最大 午前10時45分 終了 午前11時37分

熊本:開始 午前9時54分 最大 午前10時45分 終了 午前11時38分

宮崎:開始 午前9時51分 最大 午前10時45分 終了 午前11時42分

長崎:開始 午前9時53分 最大 午前10時43分 終了 午前11時36分

鹿児島:開始 午前9時49分 最大 午前10時43分 終了 午前11時39分

沖縄(那覇市):開始 午前9時29分 最大 午前10時29分 終了午前11時33分

九州では全体的に午前10時少し前から部分日食が始まります。

しっかり観測で出来るといいですね!楽しみです!

部分日食当日は雨?予報では?

天気予報

雨の場合には部分日食の観測や撮影はどうなのかが気になる人が多いと思います。

2016年3月9日(水)は、九州、中国、四国では雨雲が多くなると予想されています。部分日食の観測は厳しくなるかもしれませんね。

近畿、北陸、関東、東北南部も天気がだんだん悪くなっていくようです。次第に雨が降り出すと予想されています。東北南部は雪の予想。

東北北部や北海道は日中に晴れ間が広がりそうなので、部分日食を十分に楽しめる可能性が高いです。

沖縄も同じような予想です。

これらはあくまでも予想なので当日にならないとわかりません。雨雲が多くなるとか雨の予報がある地域の天気の予想が大幅にはずれてしまうことを期待してます。

楽しみにしている人が多いでしょうからね。

肉眼で観測する場合の注意点

注意

部分日食に限らず、肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短時間であろうと非常に危険です。目を傷めたり、最悪の場合には失明することだってあります。

下敷きや何かのフィルム、CD、ガラスに黒いすすをつけたものなどすべて危険です。それらで部分日食を観察したり観測することは絶対にやってはいけません

おわかりではあると思いますが、双眼鏡や望遠鏡はもっと危険です。

では、太陽を安全に肉眼で観察する方法はあるのかというとちゃんとあります。

太陽観察の専用の日食グラスを使えばいいんです。

「世界天文年2009日本委員会推奨日食グラス」や「太陽観察専用フィルター」というものがあります。

ビクセンの日食グラスもおすすめです。安全性を最大限に考慮されています。

ビクセンは天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、ルーペなどを専門的に扱っている会社です。

使用する場合は説明書をよく読んで使いましょう。

もちろんこの場合でも観察や観測は短時間にするのがいいというのは言うまでもありません。長時間の連続観察はやはり危険です。

その他に遮光板を使う方法もあります。

長くなりましたが、天気がよくて楽しく部分日食が観測できることを祈っている管理人です。

面白そうですよね!

【スポンサード リンク】

Translate »