大黒摩季の夫と子供は?今現在が気になる!母親と愛猫もリサーチ!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 754

北海道

こんにちは。

今日は休日の熊本市在住の管理人です。

例えば、自分が大ファンである歌手や俳優等の芸能人が活動を休止したり引退することになったら、非常に辛いものがありますね。

またはその逆に、活動再開とか復帰なんてことになるとすごく嬉しいものがあります。

今年2016年に歌手活動を6年ぶりに再開されて完全復帰された方がいるんです。

それが、大黒摩季(おおぐろまき)さんです。

待ってました!って人がとんでもなく多いはずです。

管理人もその中の1人です。

ビーイング(Being)系のアーティストっていいですよね。

B’z、WANDS、ZARDなど・・・。

管理人は特にZARDの坂井泉水さんの大ファンです。

坂井泉水(ZARD)の亡くなった理由と病名は?結婚と性格も調査!
坂井泉水(ZARD)が亡くなった理由は? 坂井泉水さんは、ZARDという音楽グループのボーカルをつとめ、たくさんのヒット曲があります。...
残念なことに亡くなられましたが。

そんなわけで、情熱大陸やMステ等に出演されます。

楽しみですね~。

といっても、大黒摩季さんご本人はこの6年間非常にいろいろあって大変でした。

そんなわけで今回は、大黒摩季さんの夫と子供について、今現在、病気、母親と愛猫をメインに解説していきます。

その他に、実家や父親と弟、プロフィールについても紹介します。

【スポンサード リンク】

大黒摩季の夫と子供

結婚

大黒摩季さんは2003年に結婚されています。

夫となった相手の男性は1歳年下の方です。

夫のことを「相方」と呼んでいるそうです。

一般の方なので名前や職業などの詳細は不明です。

夫と出会ったきっかけは合コンらしいです。

ご本人がテレビで語ったことがありました。

結婚されているってことで、子供が気になっている方が多いようですね。

結論を言うと、子供はいません。

病院で医師に不妊症と診断されていました。

そのため、ホルモン治療をおこなったり、体外受精もされています。

妊娠されても流産を繰り返したそうなんです。

体外受精も繰り返しおこなっています。

それで、病状がさらに悪化するという結果になりました。

子供

残念なことではありますが、結局子供には恵まれませんでした。

かなりいろんな治療などをして妊活を努力されたんですが、結果は上に書いた通りです。

妊活を続けてきて大変でしたが、それは大黒摩季さん自身の希望でした。

苦しいことや辛いことに耐えながらこれまで妊活をやってきたのはなんとしても子供が欲しかったんでしょうね。

女性なら当然だと思います。

きつい治療をしながら息子さんや娘さん、またはその両方が生まれてきて幸せな生活をしていくことなんかをよく想像されたりしていたのではないでしょうか?

そうでなければ、長年の努力なんて継続できないでしょうからね。

夫の方ももちろんとても子供が欲しかったのではないかと管理人は考えています。

【スポンサード リンク】

今現在は?

今現在

歌手活動を病気などで無期限休止していた大黒摩季さんが今現在どうしているのかずっと気になっていた人がかなりいると思います。

今年2016年の8月から6年ぶりに歌手活動を再開して復活されました。

ファンは非常に長い間こうなることを望んでいたはずです。

この6年の間にはご自身の病気での闘病、不妊治療、介護、愛猫との別れなどいろんなことがありました。

これらについては後ほど詳しく解説します。

元気に完全復活されて管理人もすごく喜んでいます。

活動再開は故郷である北海道から始まりました。

大黒摩季さんをよく知っている音楽関係者の話によると、体調は万全だそうです。

今後は、ライブやコンサート、テレビなどでガンガン活躍して欲しいですね!

母親について

母親

大黒摩季さんは母親の介護を長年してこられたということはわかっていますが、名前などの詳細は今現在よくわかっていません。

大黒摩季さんは3歳からクラシックピアノを始められましたが、それは母親が習わせたようです。

上で説明したように実家が商売をされていたので、母親と祖母はいつもかなり忙しかったそうです。

愛猫との別れ

猫

大黒摩季さんはかなりの猫好きのようです。

以前、テレビで4匹飼っていると言っていました。

ネコのヒーター、ネコマット、ネコサイズのヒーターを購入した話もテレビで聞いたことがあります。

最近の報道によると、愛猫との別れについて書いてありましたが、そのうちの一匹なのか違う猫なのかはよくわかりません。

それとなんという名前で、どんな種類の猫なのかも不明です。

先日のニュースに愛猫と暮らしているって書いてあったので、まだ猫を飼っています。

病気との闘い

病気

上で大黒摩季さんが結局は子宝に恵まれなかったことを説明しました。

歌手活動を休止して病気の治療に専念された理由は最悪の結果を避けるためでした。

それが子宮の全摘出です。

1996年に体調を崩されて闘病を続けておられたんですが、病気の治療を本格的におこなうために活動を中断されることを決心されたんです。

もともと生理痛がかなりひどく、レコーディングの最中に倒れてしまうこともあったほどなんです。

子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫の4つの病気になっていました。

余談になりますが、管理人の知人にとてもひどい子宮筋腫の方がいました。

体調がいつもすぐれないとよく聞きました。

その子宮筋腫は最初はビー玉くらいの大きさで複数あったようです。

医師からは手術するように言われていましたが、どうしても決心がつかずに放置したまま数年が過ぎました。

そのうちにどんどん大きくなってお腹が妊婦さんのようになってしまいました。

ますます体調が悪くなり、さすがに本人も限界を感じてようやく手術に踏み切ることに。

摘出された子宮筋腫は赤ちゃんくらいの大きさで、重さは6kgほどもあったそうなんです。

医師

お医者さんが説明している摘出したものの実際の画像を見せてもらったんですが、信じられないほどの大きさでした。

これだけ大きいと単なる子宮筋腫ではない可能性があったようで、医師はがんの可能性も考えておられたようでした。

結果的にはがんではなくて本当に良かったんですが、子宮筋腫だけでも辛いのに大黒摩季さんの場合は4つもの病気を抱えておられたことを考えると、とんでもなくきつかったことが想像できます。

でも、どうしても子供が欲しいという希望があったから苦しい治療に耐えてこられたんでしょうね。

大黒摩季さんの場合は内蔵を圧迫するレベルだったそうです。

先程お話した管理人の知人もそうです。子宮筋腫が赤ちゃんくらいの大きさだったですからね。

赤ちゃん

重さ的には赤ちゃん2人分。

そういえば、知人は子宮筋腫がある時にはやたらと氷が食べたくなることが有り、しょっちゅう食べてたんですが手術後はそれが全くなくなったそうです。

何か関係があるんでしょうかね?

もしかしたら、大黒摩季さんにもそんなことがあったかもしれません。

上で内蔵圧迫レベルということをお話しましたが、徹底的な治療をおこなうためには長期間生理を止める必要があったそうです。

そのために、強い薬の使用が必要となってきます。

そういう薬を使うとどうなるかというと、副作用が出て非常にきついんです。

だから、歌手として活動していくのは無理だったんです。

実家と父親と弟

パン

大黒摩季さんの実家は老舗菓子札幌キムラヤです。

北海道ではかなり有名な会社みたいです。

製パン業、つまりパン屋さんです。

パンや菓子類を製造している会社です。

父親の名前は大黒正芳さんといい、株式会社札幌キムラヤの元社長さんです。

2000年にお亡くなりになり、その後は弟さんである大黒礼騎さんが社長になられています。

プロフィール

プロフィール

本記事もいよいよ最後になりますので、プロフィールを紹介します。

芸名:大黒摩季(おおぐろまき)

本名:大黒摩紀

生年月日:1969年12月31日 今現在の年齢は46歳

出身地:北海道札幌市南区

出身高校:藤女子高等学校

所属事務所:ビーイング(Being)

【楽天】

出身中学校は札幌市立真駒内中学校らしいです。この学校は俳優の大泉洋さんの母校でもあります。

大学には進学されていません。

すでに説明しましたが、3歳のときからクラシックピアノを始め、小学生の時にはすでに作曲をやっていました。

子供の頃には習字もならっていました。

歌手デビューは1992年。「STOP MOTION」という曲です。上の画像がそれです。

その後、「DA・KA・RA」や「あなただけ見つめてる」などの曲でミリオンヒットを連発したことが有名です。

学歴などのプロフィールは上の通りです。

経歴についてはwiki等に非常に詳しく記載されているので、本記事では省略します。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »