栗原はるみのパエリアは最高!簡単レシピと作り方を解説!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 644

実は、NHKの「きょうの料理」をチェックしていることを告白します。(笑)

今度、栗原はるみさん流のパエリアの簡単なレシピと作り方が放送されるんです。

フライパンで作れるんです!

非常に楽しみにしています。

ちなみに、管理人は栗原はるみさんの大ファンです。

食って大事です。

健康、美容、ダイエットなどの基本ですから。

家で結構料理してるんです。

信じてもらえないかもしれませんが、毎日何か作っています。

その勉強で「きょうの料理」を見てるんです。

面白いんですよね。

管理人独自のオリジナルレシピの料理もあります。

例えば、「とうふ丼withかいわれ大根」とか。(笑)

大豆から出来ている豆腐ってヘルシーですからね!

機会があれば紹介しますね。

パエリアはいろんな食材やスパイスなどを使っているから、栄養豊富な完全バランス食と言ってもいいくらいなんです。

視聴者のほとんどは女性かもしれませんが、隠れ男性ファンも結構いるんじゃないかと推測しています。

夏バテしちゃったりしてませんか?

管理人の場合は温冷浴やってるんでなんとか持ちこたえてます。

それより重要なのは毎日の食事です。

体の健康や美容で最重要なのが食べるものだと思います。

運動なんかも大事ではあるんですけど、やりすぎは逆効果だし、この暑い時期に激しい運動なんかを毎日やるのは良くないと個人的には考えています。

今回は、フライパンで作るパエリアの簡単レシピと作り方を解説します!

【スポンサード リンク】

栗原はるみのパエリア

パエリアってみんなが集まったときなんかにとてもぴったりな料理なんですよね。

子供がいたら、その見た目の華やかさや豪華さにすごく喜ぶのは間違いなしです。

見た目も味も最高ですからね。

今なんかちょうど夏休みだし、人が集まる機会も多いですから。

作るときにパエリアパンやオーブン使わないといけないってことになったら非常に面倒です。

その点、栗原はるみさんのパエリアはそれらを使いませんから、男性である管理人にも簡単に作ることが出来るんです。

しかも、完成品が華やかに見えるのも嬉しいですね。

どこの家にもあるフッソ樹脂加工のフライパンで簡単にパエリアが作れるのが栗原はるみ流のパエリア。

サフランなどのスパイスもいらないんです!

代わりにカレー粉を使います。

フライパンだけで簡単に作れるのって最高です。

キャンプなどのアウトドアでも作れます。

以前、野外で作ってみたんですが、みんなに好評でした。

それまでは、チャーハンをよくつくっていたんですけど、パエリアに挑戦してみたんです。

おそろしく簡単に、そしておいしく作れてびっくりでした。

栗原はるみさんのおかげです。m(_ _)m

夏の時期なら、パプリカやズッキーニなどの夏野菜をたっぷり入れることで、健康や美容にもよくて、さらにヘルシーなパエリアになります。

想像するだけでヨダレが出そうになってきた管理人であります。(笑)

パエリアだけでもいいんですが、付け合せに何かあるとそのおいしさがさらに引き立ちます。

「きゅうりの甘酢サラダ」がおすすめです。

きゅうりとツナがメインで、千切りしょうがをたっぷり使ったものです。

盛り付けをしっかりやると見た目も最高です。

さすが栗原はるみさんの料理ですね。

男性である管理人でもおいしく簡単に作れます。

【スポンサード リンク】

簡単レシピがこれ!

お待たせしました!

フライパンパエリアの簡単レシピを紹介します。

材料は4人分で、調理時間は約40分です。

気になる1人分のカロリーは840kcalです。

材料(4人分)

● 鶏もも肉1枚(250g)
● 銀だらの切り身を2切れ(200g)
● エビ(大・無頭・殻付き・冷凍) を10匹(240g)
● ピーマン 2つ
● 赤のパプリカ 1つ
● ズッキーニ 1本(250g)
● トマト 1つ(150g)
● にんにく 1片
● タマネギ (小) 1/2コ(80g)
● 米(洗っていないもの) 400ml(カップ2杯)
● 白ワイン 大さじ2~3杯
● カレー粉 小さじ1杯
● 顆粒のスープの素(洋風)小さじ2杯
● オリーブ油
● 塩
● 黒こしょう(粗びきのもの)

好みで他にも具材を追加してもよいと思います。

作り方

フライパンパエリアの作り方を紹介します。

フライパンは、フッソ樹脂加工のものを使います。

① たまねぎは粗いみじん切りにし、にんにくはみじん切りにします。

ピーマンとパプリカは縦に半分に切ってヘタと種を取ます。

ピーマンはさらに縦半分に切り、パプリカは3~4等分に切ります。

ズッキーニは1.5cmくらいの厚さの輪切りにします。

トマトはヘタを取った後にザク切りに。

② 鶏肉は余分な脂を取り除いた後に一口大に切ります。

銀だらは半分に切ります。

えびは水を流して洗いながら解凍します。

殻、尾、背ワタを取り除いた後に3等分に切ります。

③ 直径28cmのフライパンにオリーブ油大さじ2杯入れます。

強火で熱した後にピーマン、パプリカ、ズッキーニを入れます。

両面に焼き色がつくまで炒め、塩と黒こしょうを少しふりかけて取り出します。

④ さきほどのフライパンにオリーブ油を大さじ1杯入れ、、えびを強火で焼き、塩と黒こしょうを少しふりかけた後に取り出すします。

銀だらも同じようにやります。

⑤ また同じように、オリーブ油を大さじ1杯入れて、皮側を下にして鶏肉を入れます。

皮に焼き色がついたところで裏返し、塩と黒こしょうを少しふりかけます。

その後に、白ワインを入れてふたをした後に火を止めます。

1分間蒸らした後に鶏肉を取り出します。

⑥ 鶏肉を蒸したフライパンに残っているスープにお湯を足してカップ2にします。

それにカレー粉と顆粒スープの素を入れて混ぜ、味見してみて塩を少し加えたりします。

⑦ フライパンにオリーブ油を大さじ2杯入れ熱した後ににんにくを入れます。

香りが出てきたら、たまねぎを入れて中火で炒めます。

そこにトマトを入れて軽くつぶすような感じで炒め、オリーブ油大さじ1杯とお米を入れて軽く炒めた後に火を止めます。

⑧ フライパンの中のお米を平らにならした後にえび、さきほどの鶏肉を入れて軽く混ぜます。

その上に野菜、銀だらをのせ、鶏肉の時に作ったカップ2のスープを縁から回しかけます。

強火で煮て、ふたをした後に弱火にし17~19分間待ち、水けがなくなるまで炊きます。

最後に強火でさらに1分間加熱した後に火を止めて5分間蒸らします。

これで、フライパンパエリアの完成です!

ポイントはここ!

① パエリアに入れる具は全部別々に炒めて焼き色をつけておく。

② 鶏肉を白ワインで蒸した時のスープにカレー粉を入れて、パエリアにコクとうまみを加える。

好みですが、レモン汁を加えたり、アリッサという唐辛子のペーストを加えてもおいしいです。

そのままでもすごくおいしいんですが、好みでいろいろ自分流にアレンジしてみるのもいいですよ!

簡単なレシピと作り方を紹介しましたが、手間ひまかけてもいいという方は具材のチョイスなどをいろいろ試してみることをおすすめします。

自分だけのオリジナルな最高のパエリアに出会えるかもしれません。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »