北大路欣也の妻と子供が気になる!父親と昔の若い頃も調べてみた!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 558

愛妻家

こんにちは。

夜中のすごい雨とカミナリで目が覚めてしまった熊本市在住の管理人です。

土砂災害警報情報が熊本市にまた出てます。

あまりに降り方がひどいとちょっと怖いですね。

突然話が変わりますけど、俳優の北大路欣也(きたおおじきんや)さんって芸歴がもう60年になるそうなんです。

時代劇、映画、ドラマ、舞台などで今現在も活躍されていますが、あらためて考えるとよく知らなかったんです。

特に、奥さんや子供さんなどのプライベート関係のことです。

結構な年齢になられてるのに謎なんですよね。

大物俳優だから多くの人が気になってるんじゃないでしょうか?

特にファンは。

そんなわけで、今回は北大路欣也さんについて管理人が気になることをまとめて紹介します。

ごゆっくりどうぞ!

【スポンサード リンク】

北大路欣也の妻と子供

結婚

北大路欣也さんが結婚されたのは1977年。当時34歳くらいです。

妻となった相手は一般の女性。

名前は古屋祥子さん。

約13年の付き合いの後に結婚へと至ったそうです。

出会いは奥さんが15歳の時なんだそうです。

そして、この女性こそが理想の妻だと思い続けたそうなんです。

一途なんでしょうね。13年ですよ!

さすが!やっぱりこういう男っていうのはかっこいいですね。

ルックスもそうだし。

だから、10年以上もの付き合いでも関係が破綻して別れることがなかったんだと思います。

昔、「週刊明星」という芸能関係の週刊誌がありました。

その中で「スター結婚特集欄」というものがあって、北大路欣也さんと妻の古屋祥子さんの名前が出てたそうです。

そういえば、北大路欣也さんの浮気とか不倫などの女性関係の問題なんて聞いたことが無いですもんね。

実際、かなりの愛妻家として知られてるんです。

今現在だってそうです。

ちなみに、新婚旅行はイランでした。

老人ホームに入居した理由

愛

昨年2015年に「週刊ポスト」と「女性セブン」で北大路欣也さん夫婦が介護付き有料老人ホームに1年くらい前に入居したことが記事になってました。

なぜ北大路欣也さんほどの大物俳優が老人ホームなんかに入る必要があるのかと思ってしまいますよね。

実は自分のことを心配してのことではなくて、愛する奥さんのためだったんです。

撮影などで家にいないことが多いんで、奥さんのことが非常に心配だからという理由です。

さすが愛妻家。

といっても、奥さんがいま病気でどうのこうのというわけではありません。

元気だそうです。

ちなみに、子供さんはいらっしゃいません。

子供がいて同居していれば、そんな心配もなかったんでしょうけど。

とにかく、愛妻家の北大路欣也さんとしては、自分が家にいない時に妻に何かあったらという心配があるそうなんです。

万が一の時のことを考えて、老人ホームに夫婦で入居することを決めたみたいです。

確かにそうすれば、かなり安心できますもんね。

こういった妻への一途な愛には感動さえします。

立派な男ですよね。昭和の男って感じです。

こんな男に管理人も憧れます。

高倉健さんにも憧れますが、別の意味で北大路欣也さんにもあこがれますね。

老人ホームの施設がどんなものか気になりますよね。

さすが大物俳優が入居するすごい施設なんです。

場所は東京都内の一等地にあります。

設備は高級ホテルレベル。

カフェテラスや大浴場、映画館があり、専属シェフがいて東京タワーを眺めながら食事が出来るそうなんです。

24時間体制で、ホームドクター、専属看護師、ケアスタッフがいます。

こんなすごい施設なら、愛妻家の北大路欣也さんも何の心配もなく安心して仕事に出かけられるでしょうね。

医療スタッフまでいるんだから。

ちなみに、入居金は5000万円以上。

とんでもない金額です。(笑)

一般の方はなかなか入居できそうにない施設ですね。

安心をお金で買えるというのは、ある意味、安い買い物とも言えるかもしれません。

妻と子供については以上です。

テレビではこんなことを知ることはなかなかできませんよね。

【スポンサード リンク】

父親について

時代劇

北大路欣也さんの父親は、映画俳優の市川右太衛門(いちかわうたえもん)さん。

戦前には時代劇、戦後は東映の時代劇全盛期に映画俳優をされていた方です。

戦前から戦後にかけての時代劇のスターでした。

1966年に引退され、1999年に満92歳で亡くなられています。老衰でした。

主演を務められた映画の数は300本を超えています。

また、紫綬褒章と勲四等旭日小綬章を受賞されています。

父親も時代劇のすごいスターだったんです。
昔の若い頃は?

昔の若い頃の北大路欣也さんについて解説します。

その前にプロフィールを紹介しておきます。

プロフィール

プロフィール

芸名:北大路欣也(きたおおじきんや)

本名:淺井将勝(あさいまさかつ)

生年月日:1943年2月23日 現在の年齢は73歳

出身地:京都府京都市

身長:174cm

血液型:A型

出身小学校:京都市立紫竹小学校

出身中学校:同志社香里中学校⇒暁星中学校(編入)

出身高校:暁星高等学校

出身大学:早稲田大学第二文学部演劇専修

学歴などは以上です。

次に生い立ちや経歴を紹介します。

生い立ちや経歴

【楽天】
北大路欣也さんは、市川右太衛門さんの次男として生まれました。

小6の時に映画「父子鷹」でデビュー。

初主演は、映画「海軍」です。

大学卒業後に舞台デビューを果たします。

その後は、ドラマ、時代劇、舞台など若い頃から幅広く活躍されて来ました。

昔の映画を見ると、かなりのイケメンだったことがわかります。

上でも書きましたが、長年の活躍と功績が認められて、紫綬褒章と勲四等旭日小綬章を受賞しています。

ソフトバンクモバイルのCMでお父さん犬のカイ君の声をされていたことにはびっくりさせられた方も多いと思います。

20代の時はかなりの酒好きだったそうです。

肉好きなんだけど、サイコロステーキは苦手というちょっとわけがわからないところなんかもあります。(笑)

北大路欣也さんはまばたきの回数が非常に少ないことでも有名ですが、これはデビューしたての若い頃に、まばたきを監督に注意されたことが原因ではないかとご本人が述べています。

2016年7月13日から放送開始のテレビドラマ「刑事7人」に出演されています。

まだまだこれからもさらに活躍されそうです。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »