川島なお美が抗がん剤拒否!民間療法のゲルソン療法について

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 415

47a227d223804b0940468320aedaba9b_s

川島なお美の激やせは抗がん剤を拒否したことが原因?

川島なお美さんが抗がん剤を拒否して胆管がんで亡くなったニュースが話題になってますね。

激やせした姿に以前から注目が集まってました。54歳でした。

ba81a68389d513d70ab69d189bd3e836_s

抗がん剤拒否や民間療法というキーワードも注目を集めています。 民間療法の効果については疑問を持っている人の方が多いと思います。

ニュースなどを見ていると、民間療法を完全に否定し非難している人もいるようです。

川島さんが注目される直前までは北斗晶さんがブログで乳癌であることを告白して話題になってました。現在もまだ大変注目されていますね。

ちょっと前には今井雅之さんが大腸がんで亡くなったのがかなり報道されました。 これらの話題に共通のキーワードが「がん」です。

愛犬をとても愛していた川島さん。旦那さんはかなり辛いでしょうね。

【スポンサード リンク】

民間療法ってどういうもの?

dda39b183f2d86ccb29572b5a88dc41f_s

川島なお美さんは民間療法を選んだわけですが、普通、私たちがガン治療と聞いてすぐに思い付くのが抗がん剤、手術、放射線治療じゃないでしょうか?

がん治療の選択肢としては他にもあります。 例えば、抗がん剤などのがん治療を一切拒否するという選択です。

こういう選択の次に考えるのが民間療法というものです。 民間療法という言葉にはなんとなくイメージがわくと思います。

wikipediaに詳しく書いてあるんですが、分類など結構ややこしいです。

民間療法というと、迷信や現代医学からすると現在では誤っていたものもあるようです。代替療法といったほうがわかりやすいのではないでしょうか?

代替療法と似た言葉には補完医療や相補医療という言葉があります。

さらに、補完代替医療という言葉もあります。 補完医療とは、現代医学を補う、つまり言葉どおりの補完する医療です。

代替医療とは、現代医学に取って代わる医療です。

これら2つをあわせたものが補完代替医療です。 補完代替医療は民間療法と呼ばれるものと同じものです。

【スポンサード リンク】

ゲルソン療法のコーヒー浣腸をやっていた!?

3398ca3f0b860bdb38c9ddfe4f39948f_s

川島なお美さんが抗がん剤をやらず民間療法にたよってしまったことが激やせして早く亡くなった原因の可能性として指摘されています。

おこなっていたのがゲルソン療法というものです。その中に「コーヒー浣腸」というものがあります。これをガンの代替医療としておこなっていたようです。

医師自身がガンになると、ゲルソン療法や、日本医科大学付属病院にガンワクチンを貰いに行くそうです。その数が年間一万人を超えるとかいう話があります。

日本医科大学付属病院のガンワクチンは「丸山ワクチン」というもので、健康保険薬の認可が下りていません。

医者がなんで自分の患者に投与している抗がん剤じゃなく、丸山ワクチンに走るのか?

何らかの理由があることは明らかですが、本題をはずれるのでここでは議論しません。

さて、ゲルソン療法についてですが、この療法はガンの代替療法の一つとして有名です。

ドイツのマックス・ゲルソン博士が開発したものです。がん治療の天才としてあのシュバイツアーも絶賛していた療法です。

何事もそうですが、このゲルソン療法にも賛否両論あります。

その療法の中に上でも紹介した「コーヒー浣腸」というものがあります。コーヒー浣腸というのは、コーヒーで腸内を洗浄してきれいにするものです。

コーヒー浣腸は某国の王室関係者や世界中のセレブと呼ばれる人たちの中にも実践している人が多くいます。

コーヒー浣腸をすると大量の便が出ます。いわゆる宿便と呼ばれているものです。

宿便の存在にはいろいろ議論がありますが、とにかく腸内にたまっていた便が大量に出ます。

これによって腸内環境が正常になり免疫力の増強などの効果によってガンをはじめとする病気を治療するというものです。

大量の排便で腸内がきれいになることから、美容法としておこなっている人が多く、ダイエット効果やデトックスの効果もあります。

最近は腸の重要性が現代医学でも認められてきました。免疫力強化などの効果があり、病気の治療においても超重要であることを指摘する医師がたくさんいます。

川島なお美さんがガンの代替療法としてゲルソン療法のコーヒー浣腸ばかりやっていたかはわかりませんが、コーヒー浣腸をおこなっていたのは事実です。

川島さんは自身のブログ記事にも書いてあります。

いつのまにか激やせしてしまった川島なお美さん。激やせした姿でテレビでの取材にもきちんと答えていました。

あんなに痩せてすごくきつかったと思います。

テレビを見ていて思ったんですが、川島さんはすでに覚悟が出来ていたんじゃないかと。

こんなに早く旅立っていくなんて残念です。 御冥福をお祈りいたします。

【スポンサード リンク】

Translate »